野球

加藤匠(東海大甲府)の経歴や実力を紹介!家族構成や進路についても調査!

こんにちは!

高校野球が今年も熱くなりそうですね!

今年甲子園に出場を夢見て頑張っている選手に、東海大甲府高校の加藤匠投手がいます。

こちらの投手は現在東海大甲府のエースとしてチームを引っ張っています。

加藤匠投手について今日は調べてみました!







加藤匠投手(東海大甲府)の経歴やプロフィールを紹介!

それでは加藤匠投手の経歴やプロフィールを紹介していきますね!

名前:加藤 匠(かとう たくみ)

生年月日:2001年6月26日

出身地:東京都足立区

血液型:O型

投打:右投右打

身長:179cm

体重:72kg

趣味:坂本勇人内野手(巨人)全打席ハイライトを見ること

加藤匠投手は3歳の時から野球を始めます。

足立区立西新井第二小学校3年生から少年野球チーム「竹仲」で野球の腕を磨き、投手として活躍。

小学校6年生の時には全国でベスト8に入ります。

中学校では駿台学園中学校の軟式野球部で経験を積み、その後東海大学付属甲府高等学校(東海大甲府)に入学。

野球部では1年秋からベンチ入りを果たし、2年春からレギュラーになります。

1年の頃からベンチ入りを果たして、しっかりと野球の腕を磨いてきたんですね!

現在は主将としてチームを引っ張っていく大黒柱になりましたね!

加藤匠投手の実力は?

彼は何と言っても「山梨NO.1右腕」の呼び声の通り、キレのあるスライダーやカーブ、チェンジアップなどを織り交ぜて三振を奪う投手です。

最速は143kmの直球。

コントロールや球筋の良さは評価が高く、しっかりとインコースに投げられるので、塁に走者をためることなく、三振を奪って相手の攻撃を防ぐことができます。

3年春の山梨大会では、2試合連続で12三振を奪っているので、さすがと言わんばかりの結果ですね!

監督からの信頼も厚い東海大甲府のエースであり主将でもあります。

その責任感の強さから「自分がやろう」とすべてを背負いすぎることもあり、それが逆に@プレッシャーになってしまうこともあるようです。

村中秀人監督も「首相としてチームメイトを気にかけるのは素晴らしいが、自分を冷静に見つめなおして取り組めばもっと実力が伸びるはず」と、あえて練習試合のメンバーから外し、黙々と練習する時間を与えたそうです。

その成果もあり、再び試合に立った時に勝てるようになったと信頼を寄せています。

昨年秋は県大会優勝に貢献。

今年の春の大会では惜しくも準決勝でサヨナラ負けを喫しています。

ただ、実力は屈指のものを持っているので、しっかりとペースをあげていけば三振を二桁取ることができる投手でもありますね!




加藤匠投手の家族構成や兄弟は?

加藤匠投手には両親と一人お兄さんがいます。

いくつ年が離れているかなどは不明ですが、弟さんのことをいつも応援してくれているんでしょうね。

男兄弟なので幼いころから一緒にキャッチボールなどにも付き合ってくれているのかもしれませんね!

進路はどうするの?

加藤匠投手も今年が最後の夏。

甲子園出場にかける情熱は半端ありません。

ただ、進路もある程度は決めていると思われます。

今年の夏次第で、もしかしたらプロ入りを視野に入れて活動するかもしれません。

今年は実力のある注目投手がたくさんいるので、ドラフト指名は激戦になることが予想されます。

プロ野球を見据えて活動していくのか、それとも大学に進学して大学野球を始めるのか、それもこれからの試合結果によって変わってくるかもしれませんね!

今後も注目していきましょう!

まとめ

練習試合から外された時やオフの月曜以外でも平日4日間で計500球の投げ込みをしていたという加藤匠投手。

責任感の強さと練習量は誰にも負けない選手の一人でもありますね。

これまで甲子園出場経験がない加藤匠投手、今年はぜひ夢をつかんでほしいですね!

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。