ドラマ

山下智久出演ドラマ「THE HEAD」は地上波TV放送はある?原作やあらすじについても

こんにちは!

山Pこと山下智久さんが、世界デビューをすることがわかりましたね!

おめでとうございますー!!

うれしすぎて朝からテンションMAXです!

今回出演するドラマ「THE HEAD」は全編英語という日本人として演じることにすさまじくハードルが高い作品。

この作品に抜擢された山下智久さん、さすがですよね!

今回こちらの作品について色々と調べてみました!







ドラマ「THE HEAD」の地上波放送はあるの?

こちらのドラマは2020年春に放送予定となっております。

現在の時点で放送されるのはHuluのみ

なぜならばHuluのオリジナルドラマ日欧共同製作作品として作られるドラマだからです。

地上波放送はこの作品がかなり話題になり、Hulu側が「地上波でも放送してもいいよー」ということにならなければないと思われます。

こちらの作品を見たいのであれば、Huluに登録してみるのが一番ですね!

Huluは月額費933円(税抜き)で動画が見放題になる素晴らしい動画配信サービスです!

無料お試し期間が2週間ありますので、ぜひ一度お試し登録をしてみてくださいね!

使いやすくてかなり便利ですよ!

Huluのお試しはこちら

ドラマ「THE HEAD」に原作はあるの?

今回のドラマ「THE HEAD」。

今回舞台になるのは、南極の科学研究基地が舞台。

この舞台で起こるにしたサバイバルミステリー。

オリジナルドラマなので原作はありません。

なのでやはりこの作品が知りたい!という方は、予告動画などを見たり公式Twitterなどを見て情報をゲットしていくといいですね!

今回のストーリーは全6話。

DVD発売なども今の段階では未定になります。

米ドラマ界では最高峰であるエミー賞を受賞した「ホームランド」のラン・テレム氏が総指揮をとるこちらのドラマ。

日欧共同制作作品として、世界30国以上の国と地域で配信されるという大々的な作品になるんですね!




「THE HEAD」のあらすじは?

今回のドラマのあらすじは、サスペンスミステリーとなるジャンルです。

南極の科学研究基地で、「長い冬」と呼ばれる、長い闇と氷河に覆われる時期を迎えた研究員たちは「越冬隊」の10名を基地に残して科学基地を去ります。

しかし、その長い冬と呼ばれる半年の間に交信が途絶えてしまいます。

心配した研究員たちが数週間後に戻った基地では、ほとんどの研究員が死亡し、1名が行方不明で2名が生存しているという惨憺たる現状が広がっていました。

この半年の間に基地でいったい何が起こったのか。

それぞれの証言は食い違い、壮絶な心理戦が展開されます。

真実を求めて研究員たちは探り合いながら現実と向き合います。

 

しかし、半年にわたる冬のさなかに突如、基地と外界の交信が断絶。数週間後に研究員たちが基地に戻ると、そこには目も当てられない惨状が広がり、ほとんどの研究員が死亡、1名は行方不明、生存者2名になっていることに。

陸の孤島ともいえる南極の基地で、6か月の間に基地では何が起こったのか、空白の時を巡りそれぞれの証言は食い違い、壮絶な心理戦が繰り広げられていく。

山下智久さんは南極越冬隊の研究員役の一人として、なんとメインキャストで登場します!

本当にうれしいですよね!

他のキャストは全員欧米人なので、山Pの英語力がさらに磨かれますね!

Twitterの反応は?

Twitterはやはりうれしい悲鳴で盛り上がっていました!


ロケはオール海外ということで、ファンは山Pの体調にも気遣っていました。

何て素敵なファンなんでしょう・・・!

山Pがもっともっと活躍する第一歩になりそうですね!

まとめ

今日は山下智久さんが出演される「THE HEAD」について書いてみました!

これから予告動画なども放送されると思いますので、楽しみに待っていましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。