イベント

豊田おいでんまつり2019で花火の穴場はどこ?混雑状況や回避の方法も紹介!

こんにちは!

花火のシーズンが近づいてきましたね!

愛知県では「豊田おいでんまつり」という盛大なお祭りがあります。

このお祭りは、6月から7月末にかけて愛知県豊田市で行われる大規模なお祭りです!

昭和から続いている豊田まつりが、平成元年に豊田おいでんまつりと名称を変えて令和になった今年も開催されることが決定しています!

そんな毎年大人気の豊田おいでんまつり、花火の穴場スポットや混雑状況、当日の混雑回避の方法も紹介していきたいと思います。







豊田おいでんまつり2019の開催プログラムは?

今年も開催されることが決定している「豊田おいでんまつり」

豊田おいでんまつり2019の開催プログラムですが、

・6/8(土)~7/14(日):マイタウンおいでん
・7/27 (土):おいでん総踊り 17:00~20:30
・7/28 (日):花火大会 19:10~21:00

3つのプログラムがあります。

マイタウンおいでんは、豊田市内のそれぞれの地区で土日を中心に開催されています。

踊り連といって、友達や会社など様々なチームで踊り、よかったチームに対して賞が授与されるんです!

もちろんチームに参加しなくても、観客として踊り連を見ることもできるんです!

おいでん総踊りは、マイタウンおいでんに出場した踊り連が集結し、踊りを披露するイベントです。

名鉄豊田市駅の東側一帯で行われ、かなり大規模な踊りのイベントになっています。

この総踊り、めちゃくちゃ面白いんですよね・・・!

見ている方も踊る方もテンションあがりまくりの時間が過ごせます。

そしてラストは花火大会です。

東海地区でもかなり大規模で毎年たくさんの方が訪れるイベントになっています!

昨年は 万人が訪れて大賑わいでしたね。

今年はさらに人が集まりそうですね!




花火の穴場スポットはどこ?

花火大会は、矢作川河畔 白浜公園一帯で行われます。

もちろん白浜公園は毎年大混雑です

混雑を気にせずゆっくりと楽しむのであれば、協賛席が有料ですがあります。

協賛席の申し込みはこちら

でも協賛席はお金がかかる・・・

そこで穴場スポットを紹介したいと思います。

・久澄橋北

協賛席の次に間近で花火を楽しめるので、比較的人気の場所になります。

指定エリアに限り前日の6:00頃(予定)から場所取りができるので、早めに取っておいてもいいかもしれません。

・高橋南

こちらもとても花火に近い場所です。

こちらも指定エリアに限りますが、前日の6:00頃(予定)から場所取りができます

高橋の北川付近がねらい目ですね!

・矢作川緑地川端公園

こちらですと、高く打ちあがる花火がとても見やすいので評判の場所です。

ただ、低めに上がる花火は少し見えづらいと言われています。

他の場所に比べて人もそこまで多くなく、混雑はそこまでありませんので、人込みをできるだけ避けたい方はこちらがいいかもしれませんね。

臨場感を味わうことも出来ますよ!

・毘森公園

こちらは花火の打ち上げ場所とは真逆の方角なので、比較的人も少なくおススメです。

少し距離があるので、花火を少し遠目で全体を見る感じになります。

高く打ち上げられる花火ならこちらからでも鑑賞できます。

花火の大きさよりも全体的な美しさを見たいという方はこちらの場所で見るようにしましょう。

・桜城址公園

こちらは豊田駅から徒歩7分とアクセスが便利です。

さらにトイレがあるのも助かりますね。

目の前にある商店街で買い出しもできるので、ちょっと買い出しをしてから花火を見に向かうことも出来ますよ!

・加茂川公園

こちらの会場は打ち上げ場所の真東にあります。

会場から直線距離で1.7kmあります。

会場や駅からは結構離れますが、広い公園でゆっくりと遠目で花火を楽しむことができます。

混雑も少ないので、歩いても大丈夫な人はこちらもいいですね!

広い公園でゆっくり見ることができます。

混雑状況はどうなの?

「豊田おいでんまつり」は東海地方でも有名で大規模な花火大会ということもあり、相当な混雑で毎年ごった返します。

13000発の花火大会で、なんと全国から36万人が押し寄せるということですから混むということをあらかじめ予測できますね!

私も花火大会ではない日に行ったものの、電車がすごく混んでいて、冷房が入っているのにめちゃくちゃ蒸し暑かったのを覚えています。

ですが何事も早め早めに行動すれば、混雑を回避して花火を楽しむことができますので、当日の回り方をご紹介していきます!




当日の混雑回避の方法も紹介!

基本ですが、当日はかなりの混雑が予想されますので、早めに行動することを心がけましょう!

花火のスタートは19:10ですが、15:00前後には現地に到着するようにしましょう

18:00頃には人込みで身動きが取れなくなりますので、ここは早めの行動がポイントです。

穴場スポットによっては前日から場所取りをすることができますので、いい場所で花火を見たい方はあらかじめ場所取りをしておくことをお勧めします。

ですが遠方などでそれができない場合は、当日なるべく早めに来て少し離れた穴場スポットで観覧するといいかもしれません。

当日は19:10ごろから開幕スターマインではじまり、19:26頃からは手筒花火、19:45頃から日本煙火芸術協会作品コーナーがあり、最大の見所20:48のメロディ花火&ワイドスターマインと続きます。

そのスターマインが終わると20:58頃にナイアガラ大瀑布でフィナーレを迎えます。

そのあとに帰ろうと思いますが・・・36万人が帰宅しようと動き出すので、帰りは豊田市駅は大混雑となります。

車の場合も、花火が終わってから車に乗って帰るとなるとこれまた渋滞に巻き込まれます。

しばらくは全く動けないことを、電車移動も車移動も覚悟していかないといけませんね

混雑を避けるためには、名残惜しいですが、花火がすべて終わる前に帰りの途について歩きながら最後を見届けることをおすすめします!

フィナーレに入る前に同じように行動する人が多くいますので、途中の段階で歩き出すとちょうど駅に着くころに他の人たちが動き出す・・・という感じで先手を打つことができます。

花火大会が終わってから30分~1時間は帰宅する人たちでごった返しますので、早めに帰るか、もしくは会場に残って混雑が緩和する頃を見計らって帰る方がいいですね。

電車は臨時列車が出ていますので、帰りの切符をあらかじめ買っておきましょう!

そして終電の時間もしっかりと確認して、何時ごろの電車に乗るかだけ目星をつけて動きましょうね!

まとめ

以上、年大人気の豊田おいでんまつり、花火の穴場スポットや混雑状況、当日の混雑回避の方法も紹介しました!

これだけ大人気ということですから、素晴らしい花火大会ということは間違いなさそうですね。

少しでも混雑なく花火を見るために、ぜひ穴場スポットを参考に花火を鑑賞してください!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。