未分類

子どもだけで参加するキャンプの持ち物は何?注意点や子どもに伝えることも

こんにちは!

夏休みがもう少しで始まりますね!

夏休み、楽しいことがたくさんあると思いますが、その中でも子供の中で楽しみなのが、子どもだけのサマーキャンプではないでしょうか。

子どもだけで行くキャンプ。

子どもはワクワクが止まりませんが、親は色々と心配が付きませんよね。

何を準備したらいいのかしら?

どんな風に子どもに伝えればいいのかな?

注意点はあるのかな?

今日はそれについて書いていこうと思います。









 子どもだけで参加するキャンプの持ち物は何?

子どもだけで参加するキャンプ。

親が同行しないので、しっかりと準備して現地で子どもが困らないようにしたいですよね。

持ち物ですが、基本的にはキャンプのしおりなどに書いてある持ち物リストを見て用意するようにしましょう。

基本的な持ち物としては

・帽子

・着替え

・防寒具

・ビニール袋

・筆記用具

・雨具

・ハンカチ&ティッシュ

・寝巻

・懐中電灯

・軍手

・リュック

・洗面用具

・薬(虫刺され、虫よけ、絆創膏)

こういったものが基本必要になると思います。

それ以外にもキャンプで必要なもの(川遊びをするのならプールセットなど)が追加されるような形になると思います。

また、キャンプ初日はお昼ご飯が必要になることもありますので、慌てないようにしっかりと事前にしおりを見て準備するようにしましょう。

ちなみに靴下や着替えは必要分+2あると良いと思います。

また、懐中電灯は小さすぎると足元を照らせないので、少し大きめが便利ですね。

リュックはポケットが多すぎないシンプルなもので十分です。

ビニール袋は汚れたものを入れておきますので、こちらも少し多めに入れておきましょう。




注意する事はある?

キャンプの持ち物で注意する事はいくつかあります。

①すべての物に記名する

案外簡単そうで大変なのがこの「記名」

下着から軍手まで、すべてのものに子どもの名前を書きましょう。

案外名前だけだと同じ名前の子がいたりしますので、フルネームで書くようにしましょう。

キャンプ中は案外持ち物が他の子どものと混ざったり失くしたりで、帰ってきたら知らない子の持ち物が入っていたり、持たせたはずの持ち物が入っていたりと「?」なことが多くあります。

学童のキャンプなど、キャンプで過ごした友達とその後も会うのであれば返すことも出来ますが、その場限りのキャンプですと返すことも探すことができませんので、それを防ぐためにも名前は必ず書くようにしましょう。

②持ち物はわかりやすく収納しておく

これも私が経験したことですが、親はわかりやすく荷物をまとめたつもりでも、子どもにとっては全く分からずパニックに陥ってしまうことなんですね。

ポケットがたくさんあるリュックですと、このポケットに入っているはずがない、どのポケットに入っているかわからない・・・ということが案外あるんですね。

私が「わかりやすいな」と感心したのが、1日分ごとの着替えをジップロックに入れて、目立つところに「〇日目きがえ」などと書いて入れておく方法です。

「1日目きがえ」「2日目きがえ」「予備」などと言って書くと、一緒に探す大人もわかりやすいですね。

また、お風呂セットやプールセットは、ビニールのナップサックなどに一つにまとめて入れると、それをスッと出せば完了なのでわかりやすいですね。

あくまでも外から見て何が入っているかわかりやすく入れてあげることが大切ですね。

③子どもと一緒に準備する

これもありがちなのですが、「まだ小学校1年生だし・・・」と親が準備をして、結果子どもがキャンプ場で全く何がどこにあるのかなどを理解していなくて焦るというパターンです。

親は良かれと思って準備しているのですが、当日その荷物を探したり使うのは子供です。

そのため、お子さんと一緒、もしくはお子さん主導で準備をしましょう。

「着替えはここだね」「こうやってしまえばいいんだね」と言いながら準備すると、キャンプ本番の練習になって当日慌てずに済むことも多くあります。

子どもだけで不安もあると思いますので、荷物を一緒に準備し、どこに何があるかがしっかりわかるだけでも子供にとっては不安が一つ減りますので、ぜひ一緒に準備をするようにしましょうね。

④持ち物は早めに準備する

これは案外準備し始めてから「しまった!」と思うことがありますが、キャンプは基本「長袖」「長ズボン」もしくは「半袖」「長袖の防寒具」で行動することが多いです。

なぜならばキャンプ場にいる虫から子供の肌を守るためです。

ただ、夏のキャンプなので夏に準備しますが、綿素材の長袖は案外お店に置いていないことが多く、もしあったとしても秋物で素材が厚手のことがあります。

キャンプによっては半袖でもOKというところもありますが、キャンプ場である山は寒暖の差が激しいので、必ず長袖の防寒具を持たせてあげましょう。

綿素材のシャツやパーカーなどが脱ぎきしやすくていいと思います。

また、カッパもポンチョでOKのキャンプもあれば「上下分かれたカッパ」を準備しないといけないこともあります。

上下分かれているカッパですと、雨の日の行動でズボンが濡れることがないので、がっつり動くプログラムがあるキャンプではこの指定であることが多いです。

上下分かれたカッパはあまりお店に置いていないので、ホームセンター・もしくはアウトドア専門店などにあらかじめ電話であるかどうか聞いてからお店に行きましょう。

ネットショッピングでも取り扱いがありますので今は便利ですね!

子供用 レインスーツ 防水 レインコート 上下 カッパ こども用 こども 運動会 軽い 軽量 アウトドア キッズ ジュニア 小学生 林間学校 宿泊学習 学校行事 自転車 台風 雨具 通学 キャンプ 遠足 7560 子供用レインスーツ

子どもに伝えておくことはある?

そして準備が終わった後に子供に何を伝えておくのか。

これも安心してサマーキャンプに行くためには大切なことです。

もし初めての参加ともなれば、不安な気持ちを抱えながらキャンプに行く子もいますよね。

親としては少しでも不安を取り除いてから送り出したいですよね。

①困ったことがあれば周りの大人に相談すること

②同じように初めて参加するお友達がたくさんいること

③初めての経験は失敗しても大丈夫ということ

④帰りを楽しみに待っているということ

⑤何かあればすぐにかけつけるということ

初めてのキャンプ、困った時にいつも頼りにしている親がいなくてどうしよう…と思っていることが多いと思いますが、そんな時は周りにいる大人に相談したり、上級生に聞いてみてね、と伝えておきましょう。

わかっていてもなかなか周りに「困っている」ことを伝えられない子どもも多くいますので、もしあらかじめお子さんの性格がそうであれば、キャンプに参加するボランティアやスタッフの方に伝えておくのも一つの方法です。

そして、周りのお友達も、同じように初めて参加する子もたくさんいて、失敗したって大丈夫、ということも合わせて伝えておきましょうね。

そして、帰りを楽しみに待っているということ、何かあればすぐに駆け付けるからね、ということも伝えておくと、子どもは安心してキャンプに参加できるようになります。

事前にどんなことをするのかを、キャンプのしおりを見ながら一緒に考えてみるといいですね。

「この日はカレーを作るけど、何をやってみたい?」

「キャンプファイヤーなんだって。これ面白いよ~」

といったように、親子で想像しながら話すとワクワクするといいですね!




まとめ

今日はサマーキャンプの持ち物や注意点などについて書いてみました。

怪我のないように楽しく過ごせることが一番のキャンプ。

お子さんの成長が垣間見えますので、楽しみに送り出しましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。