未分類

3歳児の癇癪が辛いけど原因は親のせい?対応方法といつまで続くのかも調査!

こんにちは!

お子さんが3歳になると可愛さにプラスして、イヤイヤ期真っ盛りのお子さんも多いことですね。

イヤイヤ期ではなくても、自分の思い通りにいかないことがあったりすると、癇癪を起こす子も多いですよね。

癇癪を起こすことにはさまざまな原因があるとされていますが、その原因を「親のせい」と言う声を耳にしたことはありませんか?

それを聞くと、我が子が癇癪を起こしているときに

「これは私のせいなのかな・・・」

「育て方が間違っていたのかな・・・」

なんて心を痛めてしまう方もいるでしょう。

本当に癇癪の原因は親のせいなのでしょうか?

また癇癪の対応方法といつまで続くのかについても、調べてみました!




 

3歳児の癇癪が辛いけど親のせいなの?

実際私も3歳児を育ててみて思うのですが、癇癪は決して親のせいだけではないと思っています。

子供の癇癪は、いろんな理由で起こります。

その子の個性もありますので、癇癪をよく起こす子とあまり起こさない子、本当に人それぞれです。

それを一概にすべての癇癪が親の責任と言われてしまったら、親も大変ですよね。

私もそれを言われてしまったら、本当に悩みます。

癇癪には理由と原因があり、その子の性格や個性も起因しています。

ですが、全く親のせいではないとも言い切れないんです。

子供は結構親のことを見ていませんか?

常にイライラしている親と一緒にいると、子供もイライラしやすくなったり怒り方をマネしてみたりします。

逆におおらかに子供と接していると、子供もおおらかに育つともいわれています。

ただ、もし子供が怒りっぽく癇癪を起こしているようであれば、親の普段の接し方や態度を見直すと、解決の糸口がつかめてくるかもしれません。

それでも癇癪を起こすことももちろんあります。

逆に、全く癇癪を起こさない子もいません。

まずは自分たちの日頃の接し方で改善するところはあるかどうかを振り返り、その癇癪の原因を突き止めていきましょう。

3歳の癇癪の原因は結局何?

癇癪の原因は主に、

・思い通りにいかない
・言いたいことが伝わらない
・ただ空腹や眠いだけ
・空腹や眠い時に、嫌なことが重なった

こういったときに癇癪を起こしやすいと言われていますし、経験上私もそう思います。

子供は嫌なことがあったり思い通りに行かないと、大人のようにすべて言葉で伝えることができないんですよね。

それをどうやって伝えたらいいか分からなくなって、癇癪を起こすことが多いです。

さらに特に理由がなくても、ただ眠かったりお腹がすいたときに癇癪を起こすことってありませんか?

私も自分の子やお友達が癇癪を起こしていたら、その時間は眠い時間なのかなと思っています。

それは原因と言うよりただタイミングが悪かっただけだ、と思って寝かせてあげたり何かを食べさせたりして、そもそもの原因をなくしています。

このように、親のせいだけとは言い切れない癇癪がほとんどなんです。

親の日頃の接し方も関連していることはあるかもしれませんが、年齢を重ねるごとにこの癇癪は収まっていくのです。

癇癪への対応はどうしたらいい?

自分の子供が泣いている声って、ほかの子が泣いている声よりもイライラしませんか?

なんとかしなきゃ!と思って焦ってしまいますが、ここは焦らないことが一番です。

子供が癇癪を起こして何か言いたいことがあったときに、親も一緒にイライラして
「静かにしなさい!」
「うるさい!」
と言うと、さらにヒートアップします。

これで泣き止むことってほとんどないですよね。

そんなときは、心を落ち着けてまず話を聞いてあげること、要望をくみ取ってあげることが大切です。

話を聞いて理解してもらえるだけで、落ち着く子は多いです。

分かってもらえたことがうれしいんですよね。

そしてそもそもの原因を対処できると落ち着きますが、どうしても叶えてあげられないこともあります。

おもちゃの取り合いや危険なことをしたがったときなど、絶対に叶えてあげられないこともありますよね。

そんなときは、淡々と言い聞かせるのが一番です。

どうしてダメなのか、まだ理解できないかもしれませんが私は根気強く伝えるようにしました。

だんだん理解力がついてきて、そういったことでの癇癪は起こしにくくなりますよ!

もしまだごまかしが効くのであれば、別のことに気をそらすこともいいかもしれません。

そらした後に理由を聞くと案外大したことがない理由だったことがわかりますので、注意をそらすのも一つの方法ですね!

いつまで続くの?

気になるのは、いつまで続くかです・・・。

これがずっと続いたら、きついな~と思いますよね。

だいたい2,3歳ごろが癇癪のピークで、4,5歳には落ち着いてくると言われています。

しかしすべての子がこれに当てはまるとも限りません。

根気強く向き合って、だんだん理解をしてもらうのを待つのが一番です。

逆にこの癇癪を起こすことで、気持ちの整理をまなんでいくという大切な効果も含まれています。

癇癪を起こしても見守ってあげるくらいの気持ちを持ちたいですね!

まとめ

以上、癇癪の原因は親のせいなのか、癇癪の対応方法といつまで続くのかについても、調べてみました!

癇癪の原因はさまざまで、親のせいとは言い切ることはできません。

ですが接し方など影響していることはないか、見直すことは大切だといえます。

さらに癇癪を起こした時の対応も、どうやったら自分の子は落ち着くのか試行錯誤することも大切かもしれません。

周りでは抱っこしてあげたり、ほかのことに気を向けたり、ひたすら言い聞かせて納得させたり・・・その子によっていろんな対応方法があるなと感じています。

癇癪を起こされると親もつらいですが、成長の一環として見守っていきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。