仕事関係

試食販売のバイトはキツいし大変?働いた体験談や感想からメリットデメリットも紹介

こんにちは!

もうすぐ夏。

色々なところに遊びに行く資金があると楽しいですよね。

その中でアルバイトで何かいいのはないかと探す人は多いのではないでしょうか。

私も学生時代、学校にサークル活動で忙しく、なかなか継続できるバイトに出会えませんでした。

その時に出会った試食販売のアルバイト。

こちらのバイトでたくさんお仕事をして私も稼がせていただきました。

でも、実際試食販売ってどうなんだろう?

キツイっていうけど本当かな?

今日はそれについて書いていこうと思います。







試食販売のバイトはキツくて大変?

試食販売のアルバイト。

よく聞く話として「きつくて大変だよ」ということがあります。

これはどういうことが説明していきますね。

どんなアルバイトでもあるように、試食販売にも「向き・不向き」があります。

試食販売に向いている人がすると「楽しい」になり

向いてない人がすると「キツイ」という印象を受けるのが試食販売のアルバイトです。

また、このアルバイトは派遣先のお店の雰囲気・担当者の社員さんの雰囲気で大きく左右されます。

相手担当者さんが好意的ですとやっぱりやりやすいです。

試食販売はわずらわしい人間関係から解放されて楽ですが、それでも仕事上どうしても付き合わないといけない人=派遣先の担当者とのかかわりが辛い時があります。

ただ、単発のお仕事なので、その苦痛も1日だけ。

それを乗り越えたら、お給料が入ってくると思えれば頑張れます。

また、体力的には他のアルバイトより少しばかりキツイです。

・声を出す

・常に笑顔

・立ちっぱなし(私は歩いていた)

を8時間ほど(途中で休憩もありますが)お客様に向かって続けなければいけません。

そのため万全の体調で向かう必要があります。

また、販売する商品によっては、冷蔵のオープンケースの前で作業しなければいけないこともあるので「寒い」ことがあります。

ある程度事前に内容をしることができれば用意もできますので、ここはクリアできますね。

また、ノルマがあったりすると、さらには商品がなかなか売れないこともあります。

そういった時は精神的にキツイですね。

つまり、まとめると、試食販売は他のアルバイトに比べて、このようなきつさがあります。

・体力的にしんどいこともある

・派遣先のお店の担当者次第でキツいと感じることも

・販売している商品が売れないとしんどい

ただ、しんどいのもお仕事をしている間だけですし、他の部分に関してはコツをつかめればクリアできますので、手にするお給料のことを考えると割にいいアルバイトだと思います。




働いた感想はどうだった?

私は学生時代アルバイトで試食販売をしていました。

扱った商品は様々。

・お菓子

・健康食品

・飲み物

・医療器具

こういった商品を試食販売で売っていました。

私は話好きだったのと、単発で自由に入れることが決め手となり、しばらく続けていました。

ただ、やはり「きついな~」と感じる時もありました。

キツイと感じたことや理由

それはいくつかありますが、しんどいなと思った大きなことは

・遠方の派遣先に派遣された時の「昼食」タイム

・売れなかった時の担当者からの視線や嫌味

これはきっと体験したらわかってくると思いますが、

イオンなど大手のショッピングモールであれば、フードコートなどで自由に休憩を取って一息つけるのですが、小さな田舎にあるスーパーですと休憩室が小さく、昼食もすごくとりずらいんですね。

私が派遣されたスーパーのパートさんは、全く話しかけてこなかったので、小さな休憩室でみんなでこたつを囲んで食べる昼食のなんとしんどかったことか・・・

基本的に外に出て食べることは禁止されていますのでそこしか食べる場所がないのですが、こたつで食事は本当にしんどかったですね。

ただ、これは割り切ってしまったり、逆に自分から話しかけていたらもっと気分的に楽にはなったのだろうなあと今なら思います。

もう一つしんどかったのが、「自分の販売している商品が売れなかった場合」です。

その場合、派遣先の担当者や派遣元の社員さんから嫌味っぽいことを言われることがあります。

もちろんそうならないようにこちらも努力をする必要がありますが、商品によっては売れないこともあるんですよね・・・

これはお仕事に入る前、自分が販売する商品をしっかり見て「自分も帰りに買って帰りたい!」と思えるものをできるだけ選びとりましょう。

ちなみに私が販売した中で全く売れなかったのは「健康食品系のドリンク」でした。

値段も¥1.000ほどあり、「試しに買ってみようかな」と気楽に変えないものと、何といっても「おいしくない」!!

高齢者の方が飲むようなイメージ戦略で売っている商品だったので、若い人にお勧めしても断られたり無視されることも。

さらにはその飲料には「お酒」が入っていたので、ターゲットとなる男性はほとんどが「車で来ていてドライバーである」方が多く、おすすめしても試飲ができない。

試飲ができない中購入してもらうことはかなり難しく、1日で5本ほどしか売れなかったので、担当者の方にも色々と言われました。

逆に、スナック系やドリンク飲料、お菓子などは手軽に試食しやすいことと、試食販売ですとお値打ちな値段設定になっていることも多く、試食用を用意しても追いつかないくらい人気でした。

やはり販売する商品次第でお客様の食いつきがかなり変わってきますので、派遣契約の時点でどういった商品を主に扱っているのかを派遣元に聞くようにしましょうね!

それでも私は1年半ほど続けてバイトをしました。

続けられた理由や楽しかったことはあるのか

やはり「楽しかった」のと「シフト自由の気楽さ」が続ける決め手になっていました。

経験から言わせてもらうと、「若いうちにしておくと色々と経験になっていい」ということです。

試食販売は「相手のニーズを読み、自分がその商品をいかにお客に伝えて購入に繋げるか」と言った流れを実践から学ぶことができます。

社会人になった時、かなりこの経験は生きましたね。

私はこのアルバイトを経験することで

・人前でも物怖じしなくなった

・お店ごとで販売形態を変えていた(臨機応変さに対応できる)

・物事の販売の流れや売れる仕組みを学んだ

と、かなりの経験値をお給料と共に稼がせてもらいました。

学生時代、一度でもやっておくといいと、私は経験から思いました。




試食販売のアルバイトのメリットデメリットも紹介!

それではここで試食販売のアルバイトのメリットデメリットも紹介しますね!

試食販売のメリット

・時給が高い

・わずらわしい人間関係がなくて楽

・やりがいがある

・新商品をいち早く知ることができる

・実力が身に着く

やはり一番の魅力は「バイト代が高い」です。

大体時給換算して900円~1200円ほどもらえることができます。

そのため1日働くと1万円ほど稼ぐことも難しくありません。

また、年末年始やクリスマスなどイベント時には、キャンセルできませんがその分お給料が高くせってされています。

さらにコツを押さえて頑張れば売り上げも上がり評価されますのでやりがいもあります。

また、煩わしい人間関係もありません。

さらに、1日すべてを自分で行うので「物事の流れを作る」「周りの雰囲気を見て臨機応変に対応できる」「売れる仕組みを生み出せる」といった、社会人になってから非常に重宝される能力を身に着けることも出来ます。

一度経験してみるとわかると思いますが、全て自分の裁量になりますので、鍛えられるアルバイトですね。

試食販売のデメリット

・キャンセルできないことがある(契約違反に該当する可能性あり)

・一人の裁量に任されることが多い

・臨機応変に対応する力が求められる

・客層・スタッフによってはしんどいことがある

もちろんデメリットもありますが、やはり一人でのお仕事になりますので、「ちゃんとうまくやれるのかな」といった不安は私もいつでもありました。

また、お店の雰囲気・客層・担当者の協力体制などでも働きやすかったり難しかったりと現場に良くも悪くも左右されましたので、そういった意味では慣れていない時はしんどいこともありますね。

そのため、最初は複数で行うイベントバイトや、イオンなどたくさんの試食販売のアルバイトがいるお店で行うと、他のアルバイトの人のやり方などが参考になってやりやすいこともあります。

また、基本的に試食販売のアルバイトは替わりがいないのでキャンセルは不可です。

急な体調不良や身内の不幸など、どうしてもな時は仕方ありませんが、「用事があるから」「行きたくないから」という理由では契約違反になりますので、もし始めるのであれば確実に大丈夫な日でバイトの日を入れるようにしましょうね。

まとめ

今日は試食販売のアルバイトについて説明しました!

ハマればかなり楽しく、今は「試食販売の神様」とまで呼ばれる人がいるほどベテランさんも多くいます。

その世界でトップに立てば収入も上がるので、ぜひ一度試してみてもいいと思いますよ!

私も今でも試食販売で得た経験が仕事に生きています!

何事もチャレンジしてみると、得られるものもあると思いますよ!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。