野球

澤野聖悠(誉)の経歴や実力を調査!名前の読み方やドラフト指名についても

こんにちは!

高校野球の愛知県大会が予想を超える展開になって、ワクワクしてきました!

愛知県の強豪校、中京大中京、愛工大名電、星城高校を倒した「誉高校」が決勝進出を果たしましたね!

止まらないダンスも止まりませんね!

その誉高校の中で注目を浴びている選手がいます。

澤野聖悠選手です!

澤野選手、どんな経歴の持ち主なのか気になったので調べてみました!







 澤野聖悠(誉)の経歴やプロフィールを調査!

それでは澤野選手について経歴やプロフィールを紹介します!

 

名前:澤野聖悠(さわの きよはる)

生年月日:2001年?月?日

出身地:愛知県

身長:186cm

体重:82kg

投打:右投左打

ポジション:内野手

出身校:大曽根中学校→誉高校(在学中)

名古屋北リトルリーグに所属し野球の実力を磨いた澤野選手は、瀬戸リトルシニアでは地道に練習して野球の実力を身に着けていました。

決して目立つ選手ではなかったため、外野手の控え選手としての澤野選手は、高校でその才能を開花させることになりました。

誉高校へは唯一高校進学に際して誘ってもらったそう。

誉高校に入学して身長体重共に成長したこともあり、しっかりバットを振ってランナーを返すことができるようになったといいます。

その実力は誉高校の林山主将も絶大な信頼を置いています。

あと一勝すれば初めての甲子園。

これまでの努力をしっかりと見せてほしいですね!




澤野聖悠の実力はどうなの?

澤野選手は力強いスイングで痛烈な長打を放つことができる選手として注目されています。

自然体の構えから柔らかく肘を使い、鋭く振り出すスイングで飛距離を伸ばしています。

ここぞ!と言う時に確実に決めてくれる選手として、チームメイトからは絶大な信頼を受けています。

身体ががっちりとしているので、バットに当てれば鋭く長打を放つことができる澤野選手。

これからの試合でもその勝負強さが見られるのでしょうね!

これからも引き続き調査していきますね!

名前はどう読むの?

澤野聖悠選手は「さわの きよはる」と読むそうです。

とても素晴らしい名前ですね!

お父さんとお母さんどちらがつけられたのでしょうね。

チームメイトからどう呼ばれているかも気になりますね!




澤野聖悠選手のドラフト指名の可能性も調査!

ドラフト指名の可能性も気になりますよね。

実は昨年から打者としての澤野選手は注目されています。

中日のスカウト陣からは「いいポイントで投手の球を確実に捕まえられる選手。下級生の頃から目立つバッティングをしていた。他の東海地区の打者たちと比べてもひけをとらない」とその実力を認めています。

守備に関しても身体の柔らかさから良い守備をしていると高評価なので、今回の甲子園で活躍をすれば指名も期待できそうですね!

(追記)

残念ながら初戦突破となりませんでしたが・・・

それでもここまで来れたことはすごいと思いますし、誇れるものだと思います!

本当に素晴らしい夏となりましたね!

まとめ

今回、初めての甲子園出場をかけて桜丘高校と決勝戦に挑みます!

相手の桜丘高校も全力を出して後悔のないように戦ってほしいですね!

どちらも頑張ってください!

そして初の甲子園出場おめでとうございます!

主将とチームメイトと共に頑張ってほしいですね!

林山侑樹(誉)の経歴や家族構成を調査!実力や進路についても予想!こんにちは! もうすぐ始まる全国高校野球選手権大会で、選手宣誓をつとめる選手が決まりましたね! それは誉高校の林山侑樹選手で...

監督の豚汁を飲んで頑張ってほしいですね!

矢幡真也監督(誉高校)の経歴や電気店の場所はどこ?監督になった理由もスゴかった!こんにちは! 愛知県で「ジャイキリ誉」と呼び声が高く、期待を集めている誉高校。 この高校を甲子園出場に導いたのが、誉高校監督...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。