未分類

高速バスに置いていかれた時の対処法まとめ!忘れ物や返金があるかについても

こんにちは!

学生の時やお金がない時、また夜のうちに移動したいとき、便利なのが「高速バス」

乗っているだけで目的地に到着するのは本当にありがたいですよね。

ただ、そのバスに「置いていかれた時」どうしたらいいのかパニックになりますよね。

こういった場合どうしたらいいのか書いていきますね。







 高速バスに置いていかれた時の対処法まとめ!

高速バスに置いていかれた!

途中の電車が遅れていた、忘れ物をして家に取りに戻っていた、そもそも時間を間違えていた、と言った理由、

またサービスエリアでは「お土産を買うのに、トイレに行くのに時間がかかった」「乗るバスが分からず迷っていたら時間が過ぎてしまった」「出発時刻を間違えた」といった理由から高速バスに置いていかれることがあります。

私も同じバスの人がSAで忽然と姿を消したため、運転手さんが探したり連絡したものの連絡がつかず、置いていったのを見たことがあります。

こういった場合の対処法をまとめました。

①バス会社に連絡する

バスに置いていかれた時は、まずはそのバス会社の営業所、または予約センターに連絡し、どうしたらいいか相談しましょう。

夜間バスでつながらなくても、申込書や申込画面に書いてある電話番号も調べて連絡してみましょう。

どうしたらいいのか指示をくれるはずです。

諦めず電話をかけてみましょう。

当日のバス会社連絡先がありますので、根気よく調べてみましょう。

②同じ系列の同じ目的地の別のバスにダメ元で相談してみる

バス会社にも予約センターにもつながらない・・・

途方にくれますよね。

こういった場合、ダメ元ですが同じ系列会社の目的地が同じバスの運転手さんに事の経過を話し、どうしたらいいのか相談してみましょう。

何かいいアイデアや対処法を提案してくれるかもしれません。

③高速バスに途中から乗れるか考える

高速バスに置いていかれた時、次に考えるのは、そのバスの次の停留所まで自力でいけないか、ということです。

電車やタクシーなど、他の交通機関を使って先回りできるようであれば、先回りして乗車場所で待っているのも一つの方法です。

この場合も必ずバス会社に連絡して、バスの運転手さんにその旨を伝えてもらうようにお願いをしておきましょう。

ただ、時間が間に合わない、お金がとてもかかるなど、他の交通機関を使った方が安くなる、ということであればその方法に切り替えるのも一つの方法です。

④家族に相談する

なんだかんだ言ったって、一番頼りになるのは家族。

特にSAなどで置いていかれた時にはどうしようもありませんよね。

こういった時は家族に相談し、迎えに来てもらう、送ってもらうようにお願いするなど、力になってもらうようお願いをしてみましょう。

こういう事態を避けるのが一番ですが、家族には高速バスに乗る場合は、あからじめ何時の高速バスに乗ってどこに行くのかも伝えておきましょう。




 

バスの中にある忘れ物は返してもらえるの?

高速バスに置いていかれた時、気になるのが「忘れ物」ですよね。

発車時刻に間に合わず乗れなかった場合、バスの中に置いていった荷物はどうなるのかも心配ですね。

この場合でもまず、しっかりと対応してもらうため

①バス会社に電話する

これに尽きると思います。

バス会社に連絡し、状況を伝えましょう。

この時

・乗車日

・何時のバスに乗っていたか(バスの番号など)

・乗車区間

・座席

・忘れ物の個数と内容(何を忘れたのか)

といったことをできるだけ詳しく説明するようにしましょう。

バスの運転手も最後に忘れ物がないのかのチェックをしますが、あらかじめ連絡することによって荷物を預かってくれる可能性があります。

そしてもしバス会社が預かってくれている場合は、必ず

・印鑑

・身分証明書

をもって取りに行くようにしましょう。

②同乗の友人に連絡して預かってもらう

これは一人ではなく、友人やグループでバスに乗っていた場合できる方法です。

自分だけバスに置いていかれても、友人が同じバスに乗っているのであれば、連絡を取って自分の忘れ物を持ってもらうようにお願いしましょう。

基本的にバス会社が預かった忘れ物は本人確認ができた場合は返却してもらえますが、保管期間がバス会社によってきめられていますので、もし預かってもらっている場合は「いつまで保管してもらえるのか」ということも合わせて聴くようにしましょう。

そして、恥ずかしいかもしれませんが、持ち物には必ず「名前」を書いておきましょう。

こういった時名前があると連絡してもらえたりするので助かりますよ!




返金などはしてもらえるのかも調査!

今回、高速バスに乗り遅れた場合、返金してもらえるのかも気になりますよね。

残念ですが、バスに置いていかれた=乗り遅れたという判断になりますので、基本的には返金はないと考えた方が妥当です。

ただ、バスの停留所で待っていたのに来なかった、運転手の確認ミスで置いていかれたなど、場合によっては返金対応してもらえることもありますので、諦めないで状況を正しくバス会社に連絡して相談してみてください。

ただ、高速バスは路線バスであり、乗客が一人でも遅れると遅延の原因となってしまい、他の乗客にも迷惑がかかりますので、基本的には発車時間ピッタリに出発してしまいます。

私も高速バスに乗った時、ここまで正確な時間に出発するんだと感心したことがあります。

高速バスは必ず集合場所・出発時刻・バスの番号などを確認した上で乗るようにしましょう。

バスに乗り遅れそうな時の対処法

高速バスの集合場所に向かっているけど、電車が遅れていて出発時間に間に合わない!

バスの停留所がわからなくてどうしたらいいかわからない!

そんな時どうしたらいいかを解説します

①まずはバス会社に連絡して指示を仰ぐ

まずは遅刻するとわかった時点でバス会社に連絡してどうしたらいいか相談しましょう。

その時どうしたらいいのかの案をいくつか提案してくれるはずです。

空き状況を確認して別の便に変更が可能な路線もありますので、諦めずに速やかに連絡するようにしましょう。

②間に合わない場合は次の停留所まで行けるか調べて行動する

当初の予定の停留所の発車時刻に間に合わなくても、次、もしくはその次の停留所の発車時刻には間に合うことがありますので、高速バスの路線と出発時刻を確認し、タクシーや電車でそちらに向かった方が楽ということがあります。

ただその場合でもバス会社に連絡し、乗車駅の変更の申し出を言わないと、バスの運転手さんがびっくりすることもありますので、必ず連絡するようにしましょう。

③発車時刻前にキャンセルできないか問い合わせてみる

高速バスは発車後のキャンセルはできません。

発車時刻前であればキャンセルすることも可能です。

この場合、バス会社にもよりますが、電話キャンセル以外にwebでのキャンセルができる場合もあります。

ただ、キャンセル料が料金の何%かかってしまうのでそれは仕方ありませんね。

発車後や無連絡の場合は100%キャンセル料がかかってしまいますので、早めに手続きするようにしましょう。




高速バスに乗り遅れないために

高速バスは乗り遅れてしまうとその後の計画はもちろん、乗車料金も返ってこないのでかなりの痛手です。

そうならないためには

①当日30分前に到着するよう心がける

当日は案外電車が遅れたりして予定通りにつかないことがあります。

そうなった時に焦ったりしないよう、早めに着くように心がけましょう。

1時間前に到着して近くのカフェで時間までゆったりするのも一つの方法です。

②移動の交通機関の運行状況を確認しておく

当日、電車に乗ろうと思ったら強風で遅れていたり止まっていた、なんてことがあると、一気にその後の予定が狂います。

必ず当日出発時間前には、高速バスの集合場所に行くまでの交通機関の運行状況を確認しておきましょう。

現在は公式HPなどで確認もできるようになっています。

運行状況のサイトはこちら

③バスの路線や停留場所・出発場所を確認しておく

案外多いのが、「停留場所を間違えていた」ということ。

ずっと待っていたのにそこではなかった、以前はそこが停留場だったのに変更になって別の場所からバスが出てしまった。

そういうことがないように必ず事前に確認するようにしましょう。

事前に確認しておけば余裕が生まれます。

余裕は心の余裕も生んでくれます。

④SAでは目印を見つけ、トイレなどに行っても戻ってこられるようにしておく

私も経験がありますが、SAだと同じようなバスがたくさん並んでいて、どれが自分が乗っていたのかわからない・・・!ということもあります。

そうならないように、バスの名前、止まっている場所の目印、トイレまでの距離などを測っておき、トイレにいったものの帰れない・・・ということがないようにしましょう。

また、迷ってしまうことを想定して、出発時刻の5分前にはバスに戻るようにしましょう。

まとめ

今日は高速バスに置いていかれた時の対処法を書いてみました。

高速バスは予期せぬことも起きます。

しっかりと準備した上で高速バスを利用しましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。