子育て

屋台のぷよぷよボールを誤飲・食べた時の対処法!安全性や遊ぶ時の注意点

こんにちは!

お祭りで最近多いのが「スーパーボールすくい」ならぬ「ぷよぷよボールすくい」なるものですよね。

これ、私の子どもたちも大好きで、お祭りのたびに大量にもらってくるんですが、いかんせんおいしそうなので、食べてしまわないか心配にもなるものです。

ただ、お子さんの年齢など場合によっては誤飲することもあります。

誤飲した場合はどうしたらいいのかについて書いていきますね。







 ぷよぷよボールを誤って食べてしまった時の対処法まとめ

少し目を離したすきに子どもがぷよぷよボールを食べてしまった!

どうしよう!

そんなときの対処法をまとめました!

①すぐに吐き出させる

食べたといってもまだ口の中に残っているかもしれません。

口の中に入っている状態であればすぐに吐き出させましょう。

吐き出すのが無理であれば、親や周りの大人が指で掻きだすなどして出すようにしてください。

②口の中を確認する

吐き出させた後に、親が口の中を確認しましょう。

口の中に残っている場合は吐き出させるようにしましょう。

成分上口の中が荒れたりすることはありませんが、もう飲み込んだ後なのか、それともまだ口の中にのこっているのか、状況を確認するようにしましょう。

③牛乳やイオン飲料を飲ませる

ぷよぷよボールの成分はポリアクリル酸ナトリウム。

公益財団法人日本中毒情報センターでは、これを食べた・飲んだ場合は「牛乳やイオン飲料を飲ませるよう」指示をしています。

アクエリアスやポカリスエットなどもイオン飲料なのでそちらを飲ませましょう。

④いくつ誤飲したか確認する

食べた後ではなかなかわかりにくいですが、いくつ誤飲したのかを確かめましょう。

本人が言えるようであればいくつ食べてしまったのかを確認しましょう。

後々の診断の判断の材料になります。

⑤病院に行って診察してもらう

そして必ず、様子がいつもと変わらなくても病院に診察に行きましょう。

ぷよぷよボールは吸水すると膨らみ、気管閉塞の症状を起こし、場合によっては手術しないといけない状態になるので、必ず病院に行き、「ぷよぷよボールを誤飲した」ことを伝え、診察をしてもらいましょう。

レントゲンでは写らないこともありますので、発見が遅くなり大変なことになる前に必ず医師の診察を受けるようにしてくださいね。

・いつ

・どれくらい

・どれくらいの大きさのぷよぷよボールを飲み込んだか

・飲み込んだ後の症状はどうか

お医者さんに上記について正確に伝えるようにしましょう。

忘れそうな場合はメモ・もしくはスマホに記録しておくとよいですね。

もし判断に迷う場合は、小児救急電話相談#8000へ電話し相談をしてみましょう。

小児救急電話相談はこちら




ぷよぷよボールの安全性はどうなの?

屋台で最近見かけることが多いぷよぷよボール。

ぷよぷよボールの主原料はオムツでも使われる吸水性ポリマーである、ポリアクリル酸ナトリウムです。

これは人体には無害な素材で、国民生活センターの調査でも有害性は認められていないようです。

ただ、人体に入ると膨張してしまい、気管閉塞などの重大な症状を引き起こしてしまうため、体に入った場合は有害なものになる可能性が高いです。

口の中にいれなければ無害ですが、口の中にいれ体に入ってしまった場合は有害である可能性が高いと考えておきましょう。

ここまで膨らむのはびっくりですね!

こんな症状が出たら至急病院へ!

ぷよぷよボールは誤飲しても比較的に小さなものであれば、大便といっしょに排泄されることもあります。

ただし、排泄されなかった場合、腸・耳・鼻などで膨張した場合は大変なことになります。

このぷよぷよボールの原料は酸がある胃では膨張せず、アルカリ性である腸で膨張することが多いです。

そのためこれまでにも腸閉塞を起こし手術が行われた事例や、耳に入れて膨張したために緊急手術をしていた事例があります。

そのため、基本的には誤飲したとわかった時点ですぐに病院に連れていきましょう。

また

・嘔吐

・顔色が悪い

・発熱

・腹痛

・便秘

・食欲がない・水分を取らない

・ぐったりしている

といった症状があればすぐに病院へ受診するようにしましょう。




遊ぶ時の注意点も紹介!

それでも夏の思い出についついほしくなるぷよぷよボール。

ただ、誤飲した時のリスクを考えると、遊び方にも注意が必要です。

①子ども一人では触らせない

誤飲で多いのが、「親が見ていないスキに食べてしまった」ということ。

「おいしそうだと思ったから・・・」

「一度食べてみたかったから・・」

といったふとした誘惑も、大人がそばにいれば防ぐことができます。

触らせるとき、遊ばせるときは必ず親や大人がそばについて一緒に遊んであげましょう。

それだけでもかなり防ぐことができますよ。

②食べ物ではないことを伝える

ぷよぷよボールは一見タピオカにも見えるくらいカラフルでおいしそうに見えています。

そのため、食べ物かな?と思う子供もいます。

「これはおもちゃで食べたらダメなんだよ。口に入れないようにしようね」とあらかじめしっかりと子どもに伝えておきましょう。

少し大きな子どもであればその意味はわかります。

「オムツに使われているんだよ~」というと「うわっ!」と言って食べようとする気持ちがなくなるかもしれません。

③保管は子どもの手の届かないところに

これは必ず守るようにしましょう。

子どもは気になると手に取って触ります。

必ず子どもの手が届かないところに置きましょう。

④崩れてしまった場合はすぐに捨てさせる

ぷよぷよボールは崩れやすく、手で強く握らなくてもヒビが入れば崩れます。

崩れたボールは細かくなり処分が大変です。

また、破片などは小さく耳や鼻に入りやすいので、割れてしまったものはすぐ捨てるようにしましょう。

ゴミ箱などがあると簡単に捨てられて便利ですよ!

⑤赤ちゃんには触らせない

赤ちゃんはぷよぷよボールが食べてはいけないことがわかりません。

気になるものは手に取り、口に入れてしまうことが多いです。

そのため、赤ちゃんがいる家庭では、絶対に赤ちゃんの傍に置かないようにしましょう。

上のお子さんが夏祭りでもらってきて…と言った場合は、密閉容器などに入れてみるだけにして楽しむようにするといいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ぷよぷよボール

🏁S🥀💭さん(@usagi4157)がシェアした投稿 –

おわりに

ぷよぷよボールを誤飲した時は必ず冷静になり、迅速に行動して対処していきましょう。

また、食べないように大人が配慮することも忘れずにしましょうね。

きちんとしていれば本当に楽しいおもちゃです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ぷよぷよボール #ASMR #音フェチ

ひげチャンネル YouTube ASMRさん(@higechannel3333)がシェアした投稿 –

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。