生活の知恵

子どもの反抗期に疲れた時の対処法!上手な付き合い方や切り返しのコツも紹介!

こんにちは!

子育てにおいて反抗期は切っても切り離せませんよね。

名前は違えど、イヤイヤ期なども反抗期の一つだと言われていますし、実は子供は赤ちゃんのときから反抗期があったりなかったりを繰り返しています。

本格的な反抗期に入ると、結構親も疲れてしまうと思います。

実際に反抗期のお子さんを持った親は本当に大変だと思います。

思うとおりにならないお子さんの反抗期、付き合い続けていると疲れてしまいますよね。

そこで、反抗期の子どもに疲れた時の対処法、上手な付き合い方や切り返しのコツまで、ご紹介していこうと思います!









子どもの反抗期の意味や兆しについて

反抗期はその子によって時期は異なりますが、だいたい思春期の頃、小学校高学年~高校生あたりに迎える子が多いですね。

おおよそちょっとした態度の変化から「もしかして反抗期・・?」と感じることがあるのではないでしょうか。

・口を聞かなくなった

・何か言うと言い返すようになった

・常に態度が悪い

・一緒に出掛けなくなった

・隠し事などをするようになった

このようなことがお子さんとの間に起こった場合は、反抗期が始まったのでは?と考えてもいいでしょう。

子どもによっては「俺今から反抗期ね」と宣言する子もいます。

ただ、小学校から中学校辺りから始まる「反抗期」は、3歳ごろにあった「反抗期」と違い、

・自分という存在の自立や独立

・精神的自立

といった意味があり、成長の過程で非常に重要なものなのです。

親に反抗することで、「自分は親とは違う」ということを自覚し、親という支配から自分を解き放つという過程をたどっていますので、親が何を言っても、何をやっても基本は反抗するという事を覚えておいてください。

ただ、やはり無視をされたり反抗されたりすると気持ち的にはしんどいですよね・・・

そんな子どもの反抗期に疲れた・・・そんなときの対処法をご紹介します。

子どもの反抗期に疲れた時の対処法を紹介!

それではここで子どもの反抗期に疲れた時の対処法を紹介していきますね!

1:反抗期について知る

自分の息子が反抗期に入った・・・そのことでショックな気持ちになってしまうと思いますが、反抗期はいったいどんなことが起こっているのか、それを知るだけで気持ちが楽になると思います。

小学生から中学生の間に始まる反抗期は、性ホルモンが成長し、周りの変化などにとても敏感になる時期です。

また、人間関係も複雑になり、それによって生じるストレスも増えます。

さらに勉強もグッと難しくなったり進路を決めていく段階に入りますので、色々と悩みが尽きないのがこの時期です。

しかし子ども自身はまだ成長過程のため、まだその感情の起伏を理解できず、またどう対処していいのかがわからず、とりあえず一番身近な親に当たることで発散しています。

反抗期とは、自分の一番身近な存在である「親」に対して見られるもので、友達などにはそういったことはやりません。

その理屈を知るだけで、冷静になることができると思います。

お子さんがどんな時に反抗するのかを一度よく観察してみてください。

反抗期もお子さんによって様々で、話すのすらダメになるタイプと、口うるさく支持されることがダメな場合と様々です。

どんな時に反抗するかを知るだけでも、いちいち疲れることなく過ごせていきますよ。

2:気分転換をする

基本的なことかもしれませんが、反抗期に悩むだけではなく気分転換も大切です。

外に出て太陽を浴びる、散歩する、おいしいものを食べる・・・そういった基本的なことで私たちはリラックスできます。

イライラする日が続くと思いますが思いっきり気分転換する時間を作ってみましょう。

もしお出かけしたのであれば、お土産を買っていくなどして、お子さんも喜ぶことをしてあげてもいいですね。

普段できないことをすることも、気持ちが明るくなるのでお勧めです。

親のストレスは子どもにも不思議と伝わります。

親が機嫌がいいと子どもも不思議に思いながらも必要以上に不機嫌にはなりません。

自分が好きなことをして楽しんでしまいましょう。

3:誰かに話す

何か悩みがあるとき、誰かに話すことでスッキリしませんか?

話ながら冷静になることができ、頭も整理することができます。

お友達でもいいですし、どこか悩みを聞いてくれる専門的な機関でもいいです。

もちろん旦那さんでもいいですし、とにかく誰かに話してみましょう。

TwitterなどのSNSに愚痴を書いてもいいと思います!

意外な答えを得られたり、話すことで冷静になってまた息子さんに改めて向き合えるかもしれませんよ。

反抗期の事はやはり反抗期を経験している人に話すのが一番ですね!

ただ、一つだけ気を付けたいことは、お子さんと直接的にかかわる人にはあまり話さない方がいいですし、もし話すときはお子さんに話をしないようにお願いしましょう。

話した相手が子どもにその話をして「何であの人に俺の話をするんだ!」とさらに反抗することもあります。

この時期は子どもも自分の態度や人の目が一番気になってしまう時期です。

話をする相手は気を付けるようにしましょうね!

4:誰かに頼る

例えば進路など大事な話をしたいのに子どもが応じてくれない・・・そんなこともあるでしょう。

それだけでなくこの状況をなんとかしたい、そんなときは誰かに頼ってみましょう。

子どもが話を聞いてくれそうな相手、例えば学校の先生や部活の先生、祖父母などでもいいです。

子供自身が親ではなく冷静に話すことができる誰かにお願いして、代わりに話してもらう機会を作ってもいいと思います。

親だけで反抗期をなんとかしなければならない、と思いすぎないのも疲れないポイントかもしれません!

ただ、ここでも先ほどと同じように「反抗期で・・・・」という相談の仕方はしないで、具体的な相談方法にしましょう。

「子どもが一人で進路を決めていて、親に話さないので心配」

「思ったことを口に出さないので気になって・・・」

といったように、子どもの態度で何が困っているのか、どうしたらいいのかをわかりやすく相談しましょう。

こうしたらいいよ、とアドバイスをくれることもありますので、相談する時はぜひ具体的な内容にしましょう。




反抗期の子どもとの上手な付き合い方も紹介!

反抗期の子どもを放っておきたいけれど、そういうわけにはいかないのが親ですよね。

でも、口もきいてくれないし、なぜか常に怒っている・・・

やることもやらないので話しかけないわけにはいかない・・

そういった時など上手な付き合い方もご紹介しますね!

1:感情的にならない

子どもに反抗的な態度を取られると、ついこちらもイライラして感情的になると思います。

私も子育てをしていて思うのですが、こちらが感情的になっても解決しないんですよね。

特に男の子の場合、反抗期に暴言や暴力といった行動をとることもあります。

それをこちらも感情的に反論していたら、もう収集がつかなくなってしまいますよね。

いつも冷静でいるのは難しいかもしれませんが、なるべく感情的にならないように接するようにしましょう。

もしお子さんの感情が高揚してきた…と思ったのであれば、一度話を打ち切ってご飯を食べた後や落ち着いて話せる時間を見計らって話しかけるのも一つの方法です。

こちらはあくまで冷静に話ができるよう、伝えることをあらかじめ頭の中で整理することもおすすめですよ!

あと、決して嫌味や不満を感情的に言わないこと。

反抗期は親の感情に特に敏感になっています。

少しでも不満や嫌味を言うと、それがもとでさらに口を聞かなくなったりすることもあります。

事実のみ、また要望のみ、理由を言ったうえでお子さんに伝えるようにしたいですね。

2:お願いごとをしてみる

子どもっていつの年代でも、お願い事をされると結構ちゃんとやってくれたりするんです

例えば男の子であれば力が必要な事、背が届かない電球の交換など、私にはできないからやって~とお願いすると、意外と反抗期でもすんなりやってくれたりします。

ただ、反抗期なので態度がぶっきらぼうだったり、お願いしてすぐにはやってくれず、時間がたった後にいつの間にかやってくれている・・ということもあります。

そんな時はこちらも素直に「ありがとう」を伝えましょう。

ぶっきらぼうな態度でしょうが心の中では喜んでいるはずです。

あまり頼みすぎは禁物ですが、こうしたことでコミュニケーションをとるのもいいでしょう。

そしてお願い事をするばかりではなく、向こうのお願い事も素直にしてあげるのもいいですね!

この時、決して嫌味は言わないこと。

「じゃあもうお願いしねーよ!」という事になりかねません。

会話は短い方がいいこともあります。

「いい足りなかったかな・・?」と思うほどでちょうどいいですね。

3:LINEを使ってみる

思春期や反抗期って、直接何を話しかけても答えてくれないこと、よくありますよね。

も親と面と向かって話すのが嫌だったり恥ずかしかったりすることがよくありました。

ただ、便利な今の時代、LINEなどの連絡ツールを使うことができますよ!

子供も面と向かっては話したくないけれど、LINEなら応対してくれることも案外あります。

「家にいる時は全然離さないのに、LINEだとスタンプまで送ってくるのよね」という事も身近にありました。

反抗期は使えるツールは使うのがおすすめです!

こうしたツールを使ってコミュニケーションを取っていきましょう!




上手な切り返し方のコツや暴言への対処法も紹介!

反抗期の時、男の子の場合はイライラしている場合暴言を吐くことがあります。

そういった場合、ついイラっとしてこちらも何か言ってしまいそうになります。

ただ、そうなってしまうと暴言の応酬から、暴力に発展することもあるので気を付けたいのが男の子。

反抗期の子どもに上手に切り返す方法もご紹介します。

1:受け流す

暴言を言われても受け流す。

これが一番楽に乗り切る方法です。

相手の言い分にいちいち反応していたら身がもたないですよね。

それに反応がないことは言っていてもつまらなくなるはずです。

言われて傷つく言葉を言われるかもしれませんが、あんまり反応せずに流すのが一番です。

わかったよ」「うん、そう思うんだね」と言ったように、軽く聞いているという感じではなく、暴言だけど言いたいことはわかっているよ‥と言ったように、少し考えながら相手に返すようにしましょう。

2:別の話題にする

暴言を吐かれていつも無視をするのは・・・というときは、別の話題を話してみたりしましょう。

無視をしていると感じると余計に暴言を言ってくることもあるでしょう。

別の何気ないことを話したりして、その場の雰囲気を変えるようにしてみてもいいかもしれません。

ただ、相手がヒートアップしているときは、話を区切った上で別の話題にするようにしましょう。

「わかったよ。考えておくね」

「わかった。それはまた改めて話をしようか」

といったように、まずはその話を受け入れたという意思表示をした上で話を切り替えるようにしましょう。

3:本当に言ってはいけないことは伝える

暴言の中でも、これだけは言ってはいけない、という言葉があると思います。

その線引きだけはしっかりしておきましょう。

ただ言われっぱなしではやはり親としてはよくありません。

それだけはきちんと伝えましょう。

いくら反抗期だからといって、何を言ってもいいということはありません。

毎回言い聞かせるのではなく一度でもいいので、真剣に言ってはいけないということを目を見て言うと、その場では伝われなくても、何かのきっかけで思い出すこともありますよ。

「あの時言っていたことはこうだったのか」と気付かせてあげるためにも、諦めずに伝えていきましょう。

反抗期の親の心構えも紹介!

反抗期の親は、色々な悩みと隣り合わせです。

そんなときどんな心構えをすると気持ちが楽になるかも解説していきますね!

1:「ありがとう」「がんばってるね」の声掛け

反抗期の頃は子どもはすごく不安定な時期です。

そんなときに、親がきちんと見てくれてるんだと思うことはすごく力になります。

些細なことでもありがとうと言ったり、勉強をがんばっていたらそれを褒めてあげるなど、きちんと見てるからねということを伝えてあげましょう。

照れくさいのでぶっきらぼうに答えられるかもしれませんが、伝えることはしっかり伝えていきましょう。

2:見守る

反抗期の時期は大人になろうとしている時期。親に構われるのを嫌がります。

見守ってあげるくらいの距離感で接するようにしましょう。

必要以上に構われると余計に反抗期は悪化すると思います。

また、子どもがやっていることに対して「いい」「悪い」の評価を簡単にしないようにもしましょう。

反抗期はそうやって大人から判断されることを極端に嫌います。

親子ですが適度な距離感は必要ですので、一人の人間という扱い方をしてあげてくださいね!

3:親にも変化が必要

反抗期もその子でそれぞれ特徴があります。

そしてそれを乗り越えて大人へと成長していきます。

その変化の時期に、親も一緒に変化していくことが大切です。

今までこうしてきたからこうするの!

この子のことは自分が一番よく知ってるから!

と今までとの変化を受け入れないのではなく、子どもの変化を一度受け入れ、それに合わせて親自身が変わろうとすることも大切です。

子供だけを変えるのではなく、自分がこの子のためにどうしていくべきか、試行錯誤してくことも大切ではないでしょうか。

大変ですが、お子さんが順調に成長している証、子育てを頑張ってきた証だとして誇りに思いましょうね!




まとめ

反抗期、すごく難しい時期だと思います。

同じ人と人との対峙なので、悩むことも疲れてしまうことも多々あると思います。

ただ、反抗期はいつか必ず終わる日が来ます。

反抗期が終わると、一人の人間として自分の人生を歩き出す一歩につながります。

ぜひ自分自身の反抗期のことも思い出して、子どもの気持ちになって向き合ってあげましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。