未分類

小川一平(阪神)の経歴や実力がスゴイ!!兄弟や家族との絆の強さも

こんにちは!

熱い熱いドラフト会議が終わりましたね!

若手の指名が多かったなあと思う中、うれしい選手が指名されました!

小川一平選手です!

おめでとうございます!

どんな選手なのか気になりましたので調べてみました!







 

 小川一平(阪神)のプロフィールを紹介!

それではまず小川一平さんのプロフィールを紹介していきますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

10/17[木] 2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD 東海大九州キャンパスの小川一平投手は、阪神に6位指名された。 小川は指名を受け、熊本県熊本市の東海大熊本キャンパスで会見。 「(指名されないかと)自分の中でネガティブになっていたので、名前が呼ばれてホッとしました」と安堵の表情を浮かべた。 また、5位までは全員が甲子園出場経験がある高校生。 甲子園経験のない右腕は「プロに入れば甲子園に出た、出ないは関係ない。その中で自分がどう出来るのか楽しみ」と闘志を燃やした。 苦悩を乗り越えてプロへの道をつかんだ。 東海大九州キャンパス入学直後の2016年4月に熊本地震で被災し、グラウンドが使えなくなった。 また、3年秋には腰痛を発症、4年春には不祥事でリーグ戦に出場出来ず。 幾度となく困難は訪れたが、夢を諦めずに鍛錬の日々を過ごしてきた。 最速149kmの直球に加えてカーブ、スライダー、チェンジアップ、カットボールと多彩な変化球も持つ右腕。 憧れの投手は藤川で、現在の投球フォームの参考にもした。 「どうしたら、あの真っすぐを投げられるのか聞いてみたい」と目を輝かせた。 #阪神タイガース #阪神 #矢野燿大 #矢野監督 #プロ野球 #小川一平 #ドラフト会議 #ドラフト6位

Osamu MOTOMURAさん(@osm_moto)がシェアした投稿 –

名前:小川一平(おがわ いっぺい)

生年月日:1997年6月3日

出身地:神奈川県逗子市

出身校:逗子市立逗子小学校→逗子市立図師中学校→横須賀工業高等学校→東海大九州

身長:182cm

体重:80kg

投打:右投右打

小川選手は小学校2年の時に野球を始めます。「逗子オリーブス」でチームメイトと汗を流し、肩が強いこともあって小学4年生から投手となります。

中学校でも軟式野球部で投手をつとめ、横須賀工高でも1年から投手としてチームを引っ張ってきました。

高校最後の3年夏は神奈川大会2回戦敗退。

もともと就職するつもりだったものの、その才能を見抜いた監督が東海大九州のコーチに相談し、コーチから小川選手にオファーがあり、東海大九州に進学することになりました。

コーチの「田舎の大学で目立とう」の言葉に、進学を決めた小川選手。

しかし入学直後に起きた熊本地震が起き、グラウンドでの練習ができなくなってしまいました。

さらにチーム内で不祥事がありリーグ戦は出場辞退に。

しかしここでも小川選手は諦めませんでした。

「ここで運がないと思えばおしまい」と体づくりなど自分ができることをしてチャンスを待っていました。

社会人チームとのオープン戦を行う中、スカウト陣に着実に高評価をもらい、ドラフトの日を待った小川選手。

見事指名を勝ち取りましたね!




小川一平(阪神)の経歴は苦労人だった!

小川一平選手の経歴も紹介していきますね。

小中学校、そして高校でもあまり注目されなかった小川選手ですが、知る人ぞ知る「逸材」として、コーチや監督からはその才能を早くから見いだされていた小川選手。

当時の高校の三木健太郎監督が、就職し野球を諦めようとする小川選手に、東海大九州での野球という道を切り開いたのも、彼にその才能があったからではないでしょうか。

しかし高校の時に痛めた腰が大学3年時に再発。

調整に調整を重ねて出場を待った4年生の時には部活内の暴力などの影響でリーグ戦には出場できなくなってしまいました。

しかしそんな中でも諦めずトレーニングを地道に行い、2017年には侍ジャパン大学代表の強化合宿に召集されるようになりました。

クローザーとしての幾度かのピンチをくぐりぬけ、東海大九州11年ぶりの全日本出場の立役者ともなりました。

11球団からの調査票が来るほどの「不屈の右腕」を持つようになった小川選手。

熊本地震の際は大学が1か月間休校になり、神奈川にある実家に戻り、募金活動にも参加していたといいます。

多くの人が関心を寄せてくれたこともあり、「生きて野球ができているだけで幸せ」と今の環境に感謝しつつ練習に対してもさらに全力で打ち込むようになりました。

そして今回のドラフト指名。

見事阪神から指名を受けました!

これからはプロ入りをして経験を積み、活躍していくことになりますね!

小川一平(阪神)の実力は将来有望?

小川選手の持ち味は柔らかい腕の振りから繰り出される速球です。

大学2年生の時に出場した大学選手権で140km台の球速を記録し、全国から注目を集めました。

柔らかく腕を振ることができるので、ストレート、チェンジアップ、スライダーなどどの球種も生かすことができます。

体格もしっかりと作られているので、しっかりと投げ込み経験を積めばさらに上を目指せる投手でもあります。

変化球もブレーキの利くチェンジアップで、さらには鋭く打者の手元で変化するカットボールはプロでもすぐに通用するレベルでもあります。

これまで大舞台の試合経験が少ないこともあり、あまり目立たない存在でしたが、キラリと光る素材は一級品です。

高校2年の冬に筋トレと食事を増やすことで体重を増やしたことで球速が一気に伸び、当時の横須賀工業の三木健太郎監督は、141kmまでに伸びた球速を持つ小川選手の進路を作り、その道を開いてくれました。

試合に出場できない時は体幹を鍛えることでさらに球速を増し、大学2年の春には148kmを計測するようにもなりました。

これからどんな風にその才能が開花していくのか、これからがたのしみですね!




小川一平(阪神)と兄弟との絆も

小川選手にはお兄さんと妹さんがいます。

その中でもお兄さんとの絆は固く、野球人生を進めるうえではかけがえのない存在でした。

お兄さんの名前は「太郎」さん。

常に小川さんの背中をおしてくれた「縁の下の力持ち」として支えてくれていました。

経済的に苦しい家庭を見て、就職を考えたこともあった小川選手ですが、太郎さんが「やりたいことをやればいい」と野球を続けることを後押ししてくれたそうです。

グラウンドが使えず、満足に練習できない焦りを常に支えてくれたのは家族という存在があったから。

「プロ野球選手になって家族に恩返しがしたい」と心に決めている小川選手。

家族一丸となって目指した夢がかないましたね!

ケガの具合はどうかも

小川選手は高校に腰を痛め、それが大学3年時にも再発しています。

大学3年時には試合に出場することができないほどだったので、プロ入りしてから再発しないかが心配ですね。

ただ体幹がしっかりと作られているという事、本人も何度も腰を痛めていることからしっかりとした治療とリハビリを重ねながら練習を重ねていると思われます。

完治したとは考えにくいのですが、しっかりと向き合いながら野球をプレーしていってほしいですね。

おわりに

今日は小川一平選手について調べてみました。

ケガや不祥事、そして地震によって、何度も何度も野球ができないことが続いた小川選手。

「あきらめなければ道は開ける」と真摯に野球に打ち込む姿が評価されたんでしょうね。

本当におめでとうございます!

これからも応援していきましょう!

注目選手が他にもたくさんいてこれから面白くなりそうですね!

山崎真彰(ハワイ大)の経歴や実力はメジャー級?家族構成やハワイ大への編入理由もこんにちは! いよいよ待ちに待ったドラフト会議が始まりますね! それぞれの球団が指名選手を公表する中、楽天がハワイ大学の山崎...
堀田賢慎(巨人)の実力や強さの秘密は性格にあった!経歴や家族構成についてもこんにちは! ドラフト指名で見事巨人の1位を勝ち取った堀田賢慎選手。 チームメイトが大喜びしていましたね。 #堀田賢慎...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。