子育て

子供が習い事をしたがらない時の対処法?習わないメリットとデメリットも

こんにちは!

毎日子どもと一緒に過ごしていますが、1日が本当にあっという間ですね。

学校や宿題、そのほかにも諸々あって大変なのが今の子ども。

そんな子供が、習い事をしたがらないということはありませんか?

親は習い事をさせたいのに、子どもがしたがらない時はどうしたらいいんだろう・・・

そんなときの対処法などを今日はお伝えします!









子どもが習い事をしたがらない時の対処法!

子どもが習い事をしたがらない時はどうしたらいいか悩みますよね。

親としては将来のために習ってほしいし、昔自分も習っていたからぜひ習わせたい・・・

そんな親の思いを知ってか知らずか、子どもはかたくなに拒否。

こんな時はぜひこうしてみましょう。

①まずは無理に勧めない

まず、大原則なんですが、習い事をしたがらない時は「無理に勧めない」ようにしましょう。

無理に勧めても、子どもはやる気になりません。

逆に、その習い事を習うのが嫌になってしまうこともあります。

最初から嫌になってしまった習い事は続かないことが多いです。

自分が子どもの頃、強制された習い事や興味のないものを強制されて、嫌だったということはありませんか?

興味のないことに時間を使うのは、親も子供も時間がもったいないですし、お金ももったいないです。

まずは無理にさせないようにしてみましょう。

②習いたくない理由を聞く

小学生くらいの子どもになると、「その習い事をしたくない理由」がハッキリと自分で言えるようになります。

そのため、一度「なぜその習い事をしたくないのか」理由を聞いてみましょう。

・興味がない

・その習い事は嫌

・面倒くさい

・他の事をしたい

といった「子どもなりの理由」があることが多いです。

その理由を聞いて、親は「それならやめよう」と思うこともありますし、「面倒くさい」という理由であれば、「興味がわけばやるかもしれない」と可能性を見出すこともできます。

お子さんが理由をしっかりと考え、伝えられるようであれば一度聞いてみましょう。

親が想像や推測で理由を考えるよりもはるかに子どもの心に沿った対応ができます。

③子どもの成長に本当に必要か考える

現在習い事は、スポーツ系から文科系、教養系など多岐に渡り、種類も様々なものがあります。

その中には、子どもの成長にフォーカスするものもあればそうでない習い事もあります。

その習い事が子どもの成長の上で本当に必要かどうかを考えてみましょう。

案外、「別になくても困らない」ことだったりします。

メリットやデメリットも出した上で、やらせないといけない習い事なのかどうかを見極めましょう。

④子供に合った習い事は何かを考えてみる

習い事も、子どもに合う・合わないがあります。

例えば、体を動かすのが好きな子に、じっと座って問題を解く習い事は難しいです。

そして、静かに座って一人で作業をするのが好きな子に、いきなり集団で何かするといった習い事は慣れるのに時間がかかります。

つまり、習い事の種類によっては、子どものストレスになってしまうことがあり、始めても苦痛になって続かなかった・・・ということになりかねません。

親の期待に応えようと子どもも頑張りますが、苦痛なことはやはり繋がりません。

そしてその期待にこたえられなかったと、自分を責めてしまう子どももいます。

この部分は親がしっかりと見極める必要があります。

⑤習う・習わないの決定権は子どもに任せる

子どもの中には、習い事を嫌がる理由に「僕じゃなくてママ(パパ)が決めたことなんだから・・・」と言うことがあります。

誰でもそうですが、嫌になってしまった時には、誰かにその責任を負わせて「自分のせいじゃない」と言い出すこともあります。

それに、自分が決めたことであれば続けられることも、親が決めたことはやりたいくない、続けられない・・・という事もあるのです。

周りの誰かが決めたことは、なかなか続かないことがありますので、最終的な決定は子どもに任せるようにしましょう。

ただ、この時決して誘導したり「習わないと〇〇するからね」といった「一つの答えしか選べない」環境を作ることは避けるようにしましょう。




習い事をしないメリットを紹介!

子どもの意思に任せるのは不安になったりするのが親の性ですよね。

ただ、習い事をするメリットやデメリットもあるように、習い事をしないメリットやデメリットも存在します。

それではここからは、習い事をしないメリットやデメリットを紹介します。

①子どもの好きなことに時間が使える

習い事をさせる場合、どうしても習い事の時間に生活を合わせる必要があります。

忙しい学校生活や親が仕事をしている場合は時間管理が難しく、どうしても自由な時間が少なくなってしまいます。

特に野球やサッカーなど、毎週末に練習があったりする場合は、ほとんどお出かけする時間が無くなってしまいます。

習い事をしないことで、こういう時間の縛りがなくなり、子どもの好きな事に対して時間を使えるようになります。

②ストレスがたまらない

習い事をしていると、多かれ少なかれ、「通う事」や「先生との関係」などがしんどくなってくることがあります。

そこでの友人関係などの悩みを抱えることが、そもそも習い事を習わない場合はありません。

また、習い事に入って、すでに交友関係のグループができていて入りずらい・・・ということもありません。

人間関係というものが、習い事をする上ではどうしても生じるため、子供同士の人間関係や親同士の人間関係で悩むことがあります。

特にサッカーなどスポーツ系の習い事はレギュラーやそうでない場合の軋轢も実際にあります。

習い事をしていないと、こういった人間関係の悩みを抱えることはありません。

また、先生との相性が悪い、といったこともありません。

習い事を習う上で生まれるストレスがないのは大きなメリットですね。

③お金を他に使う・もしくは貯めることができる

習い事は月謝・そして場合によってはユニフォームなどの準備や材料費などが掛かります。

そのため資金に余裕がある場合でないと、習い事を受けることが厳しいこともあります。

兄弟が多かったり、高額な授業料が必要だった場合はそのために親がパートは仕事に出たりすることも少なくありません。

習い事をしないことで、そこにかかる予定のお金を節約することができ、他の費用に使ったり、将来本当にやりたいことへの貯金もできるようになります。

子どもの教育にはお金がかかります。

そしてどのタイミングで必要になるかもある程度決まっています。

そこでお金があったから開ける未来もあるんです。

どこで子どもにお金を使うのかも考えるいいきっかけになりますね。




習い事をしないデメリットも紹介!

習い事を習わないという事には上のようなメリットもありますが、習い事をしないデメリットというのも存在します。

それをこれから述べていきますね!

①交友関係を広げられない

習い事をすると学校ではできない人間関係や子ども同士、親同士の交流が生まれます。

その中で、異学年の交流や、習い事で家族との付き合いが生まれることもあります。

こういった経験が、習い事をしていないと得られないこともあります。

もちろん積極的に地域のイベントや学校関係で交流を深めていくという事も出来ますが、今の時代、子どもも習い事をしている関係で、平日の日中は特に忙しく、家に帰ってから遊べない、という事も少なくありません。

習い事を一緒にしているなら会えるのが、していないから会えない・・・なんてこともあります。

②得意なことを専門的に伸ばせない

習い事は専門的な分野、例えば野球なら野球、サッカーならサッカーと、その分野の専門家や講師が直接指導してくれます。

また、それは一回限りで終わることはなく、毎週1回など継続的に続ける事が必須となってきます。

専門家からお金を払って授業を受けたりレッスンを習うことで、普段の生活や親からは学べない専門的な知識や能力を得ることができますが、習い事をしていない場合はそれらを得たり伸ばしたりすることができません。

③根気よく続けるという経験ができる機会を他に作る必要がある

習い事は、継続することで子ども自身に「続けられる根気」や「集中力」などの「経験」を身に着けることができていきます。

また、課題を達成した時に見に着く「自信」なども、習い事をしていれば可能です。

「僕はこの分野が得意」という自信を身に着けさせるためには、習い事をさせるのが一番簡単で早い方法なんです。

そういった意味で、習い事をすれば子どもが生きていく上で必要な心のスキルが得られないというデメリットがあります。

そのため、家庭でそういった「自信」や「継続」を身に着ける機会を作る必要があるんですね。

仕事で忙しい親はそれがなかなか時間を作れないこともあります。

そういった労力を使うことも、習い事をしないデメリットでもあります。

そういったメリット・デメリットもあることを理解した上で、子供と習い事をどうするかを決めていくといいですね!

どうしても習わせたいときはどうすればいい?

子どもは行きたがらないけれど、親としては理由があってどうしても勧めたいし習わせたい。

そういった時はどうしたらいいのでしょうか。

①親の気持ちを伝えてみる

まず、習わせたいからと言って、無理に子どもに習い事をさせるのはやめましょう。

まずは子どもに、親の「なぜ習ってほしいのか」を伝えてみましょう。

親がそこまで考えているなら、「やってみてもいいかな」という気持ちになるかもしれません。

親の気持ちが伝わると、興味を持つ子供もいるかもしれません。

一度「こういう思いがあって、習い事をしてほしいと思っている」という事も伝えてみましょう。

②体験会に行こうと伝えてみる

子どもの中には「なんだかよくわからないから不安」という気持ちや「ただ面倒くさい」という理由で習いたがらない子どももいます。

いわゆる「知らないから」ということが理由の一つにもなるんですね。

ただ、やってみたら案外面白かった、楽しいからやってみよう、という気持ちになる子もいます。

やる、やらないは本人に決めてもらう事にして、一度体験会に行ってみようと誘ってみてはいかがでしょうか。

体験会は時間も短く、お金もかからないので、子どもにとっても親にとっても負担が少ないです。

一度お試しでやってみるのも一つの方法です。

③習う上での約束を作る

もしどうしても子供に習い事をさせたいのであれば、「親から子供への約束」をするのも一つの方法です。

例えばですが

・無理やり行けとは言わない

・3か月たって続けるかどうかは子どもの意思に任せる

といったように、あくまでも子どもの気持ちを優先することなどをしっかりと子どもに約束しましょう。

約束をすることによって、子どもも「無理だと思ったらやめてもいい、なら少しの間でもしてみようか」という気持ちになり、気づいた時には面白さに夢中になることもあります。

子どもとの信頼関係を築きつつ、習い事が楽しくなるように親も襟を正していきましょうね。

おわりに

今日は習い事をしたがらない子供への対処法などをお話ししました。

習い事は絶対にやらなければやらなければいけないわけではありません。

お子さんがやる気を引き出せ、そして才能を伸ばしたり自分に自信をつけるため、習い事をすることも大切です。

ただ、まずは親がしっかりとお子さんの特性や好きな物、あとは生活環境なども見直しながら決めていけるといいですね。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

子どもが習い事を嫌がる時は無理やり行かせるべき?トラウマにならない対処法や声掛けもこんにちは! 今、習い事をしている子どもがとても多いですよね。 「楽しい!」と行っている間はいいんですが、「習い事に行きたく...










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。