子育て

小学生の冬休みの宿題が多いのはなぜ?早く終わらせる方法や残った時の対処法まとめ

こんにちは!

もうすぐ冬休みですね。

冬休みは子どもにとって、クリスマスやお正月、おばあちゃん家に帰省したり、スキーなどに行ったりと、案外遊びの予定などで忙しいことが多いですよね。

さらに短い冬休みでも学校から宿題は出ます。

冬休みってこんなに短いのに、どうしてこんなに宿題が多いのか本当に頭を悩ませますよね。

しかも大掃除や帰省があったりと、なかなか宿題ができる時間がなかったりします。

さらに体調が悪いとあっという間に一週間。

気づけば冬休みも終わるのに、まだ宿題をやっていない!なんてこともざらにありますよね。

そんな時宿題が早く終わらせられたらと思いますよね。

今日は冬休みの宿題が多い時の対処法、さらに早く終わらせられる方法について書いていこうと思います。







 冬休みの宿題はなぜ多い?

冬休みはおおよそ平均して2週間。

宿題の量は夏休みよりもかなり少ないぐらいですよね。

・冬の生活

・書き初め

・運動記録表

・プリント

・自由課題など

冬の生活もそこまで量は多くないし、運動も毎日コツコツやっていれば終わるもの。

プリントに関してはそこまで苦痛にならないし、自由課題も「自由」だからやったりやらなかったりでいいじゃん。と思いますよね。

学校によって差はありますが、それでも多いと感じるのはなぜでしょうか。

冬休みは夏休みより忙しいため

冬休みは夏休みよりも予定が集中しやすい傾向にあります。

そのため、なかなか宿題ができる時間が持てないことが宿題が多いと感じる理由の一つになっています。

冬休みの予定としては、

・クリスマス

・大掃除

・年賀状を書く

・帰省

・お正月イベント参加

大体これくらいの予定を冬休みが始まってから2週間足らずの間にこなさないといけません。

また、正月行事では家族や親せきの都合で動く事が多いので、わざわざ宿題をやる時間を持てないこともあります。

そのため夏休みほど計画的に過ごせないということが大きな理由になりますね。

クリスマスプレゼントやお年玉でおもちゃを買うと遊びたくなる

さらにクリスマスイベントなどでサンタさんにもらったプレゼントもありますよね。

子供はやっぱり新しいおもちゃが手に入れば遊びたがるものです。

また、お年玉で好きなものを買うということでお店に行って選んだり、それを買ってからは遊びたがりますので、どうしても勉強に対するやる気が起きないのも、宿題が多く感じる理由の一つですね。

予定が多いので計画が立てにくい

冬休みは夏休みよりも短いため、夏休みのように計画的に一日を過ごすというより、その時その時の状況に合わせて動くことが多くあります。

また、ラジオ体操もないので朝早く起きる必要もありません。

部活も基本的に冬休みはないことが多いです。

そのため1日通してゆっくりと過ごしがちな傾向にあるため、計画を立てにくく、そのために宿題をやり残してしまい、あとから「まだこんなにある・・・」と感じてしまうんですね。

書初めなど時間がかかるものがある

お正月は書き初めなど正月ならではの宿題が出ることもあります。

しかしこの書き初め、10分15分で終わらないのが大変なところ。

時間を30分ほどは取る必要が出てきます。

そのため、面倒くさくなってしまい、どうしてもコツコツと宿題ができない事態に陥ってしまうのです。




小学生の冬休みの宿題を早く終わらせる方法まとめ!

では、冬休みの宿題を早く終わらせるにはどうしたらいいのかを書いていきます。

基本は先に先に取り組む

冬休みは夏休みと違い、短い間にクリスマス、おばあちゃん家に帰省したりと、移動を生じる大きなイベントが続きます。

そのため宿題ができる時間がないことが予想されます。

そうなる前に早め早めに宿題を取り組んで終わらせておきましょう。

書き初めなど時間がかかるものや、「冬休みの思い出」など、後にしか書けないものに関しては年明けにしても大丈夫です。

ただし、計算問題や冬の生活など、まずはできることをやってしまいましょう。

少しでも多く終わらせておくことで後々宿題に追われることも少なくなり、子供や親の負担も軽くなります。

必ず早め早めに計画を立てて終わらせるようにしましょう。

スケジュールを書いて視覚化する

冬休みも夏休みも同じですが、特に冬休みはあらかじめ予定を立てておくことをお勧めします。

・宿題をやる日

・宿題をする時間

この二つをあらかじめ決めておくと取り組みやすいですね。

もしお子さんが学童に入っている場合は、宿題をする時間が決められているので宿題がやりやすいです。

しかし自宅で冬休みを過ごす場合は、あらかじめ一緒に計画を立てて冬休みの宿題を終わらせるようにしましょう。

この時子供には言葉で言うのではなく、実際紙やカレンダーに「日にち」や「やること」「出かける予定」などを書いておくことをお勧めします。

宿題が出来る日や時間」を可視化することが重要です。

案外時間がないことに子どもも気づくきっかけになります。

子供は大人が思っているよりもお休みを長く感じだらだらしてしまうことも多いのです。

また、お正月は大人もゆっくりしたい思いがあり、なかなか宿題に向かうよう強く言うことがありません。

そのため、できるだけ年内、特に大晦日の前には6割~7割方終わらせておくようにしましょう。

場合によっては風邪を引いてしまって取り組めないこともあります。

早めに終わらせられるようにして子供と一緒にゆったりとお正月が過ごせるようにできるといいですね。

さらに、勉強ばかりではやはり子供もやる気が無くなりますので、お楽しみのゲームやテレビお出かけなどを間に挟み込むようにしつつ、勉強する時間を確保するようにしましょう。

予備日を作る

スケジュールを立てる時、小学生はなかなか自分でしっかりと計画を管理することは難しく、どうしても後ろにずれこんでしまいがちです。

もし予定通りに終わらない場合を考え、必ず予備日を作っておきましょう。

予備日を作っておくと何かしらトラブルが起こったり体調を崩した時など、予定通りに進まない時にそこでリカバリをすることができます。

お正月は親戚などの予定も絡むことで、本来思っているよりも長く実家に帰省することもあります。

また、体調を崩したりしてずれ込むことも考えられます。

それを見越して1日は予備日を作っておきましょう!

ご褒美の日も設けておく

冬休みの宿題は長い休みではないので、キュッと集中して終わらせなければいけません。

子どもものんびり過ごしながら、楽しいお年玉やクリスマスプレゼントで遊んだりしたいこともありますよね。

そういう時のために、子どもには少しでもご褒美の日を作るようにしましょう。

「宿題、今日までの分が終わらせられたらお年玉を持ってお買い物に行こう!」というように、ゴールの先に何か自分にメリットがある方法を伝えましょう。

例えばいつもは1時間ゲームタイムだけど、その日は2時間ゲームをしていいよ、というふうに子供が楽しくなったりワクワクすることをご褒美にあげるようにしましょう。

そうすることで子供もゴールの先には何が待っているのかが分かり楽しみながら宿題を終わらせることに繋がります、

朝の時間を有効に使おう

夏休みはラジオ体操があり、早起きしなければならないことが多いですが、冬休みはそういったラジオ体操がありません。

そのため、朝の時間にやることがありませんよね。

そこでのんびり寝てしまうのではなく、宿題ができるように朝決まった時間に起こすようにしてみましょう。

夏のように朝から暑いこともありませんし、集中力も朝の方があります。

外遊びは10時以降でもできますので、朝8時から9時までは勉強タイム、というように朝の時間を活用してみましょう。




冬休みの宿題が終わりそうにない時の対処法

だがしかし、宿題が多い、予定外のことが起きた、子どもがやる気にならなかった。

そういったことで冬休み中には終わらなさそう!という時、どうしたらいいか対処法をお伝えします。

やっていないところをリストアップする

まずは宿題で残っているところをリストアップしましょう。

まずは「視覚化」させることで、どれだけ残っているかを子どもにしっかりと理解してもらうようにしましょう。

これはノートでなくても、付箋でも十分代用することができます。

いくつ残っているのかを親がしっかりとチェックするようにしましょう。

その上で計画を立てると無駄が少なくて済みますよ。

改めて計画を立てる

残りの宿題の数などを視覚化させたら、次は冬休みの残りの日程と絡め、何をいつまでにやるかを決めてしまいましょう。

この時大事なのは、必ず「予備日」を作っておくことです。

そうでないと結局同じようにダラダラしてしまった場合、終わらなくなってしまうことがあります。

「もしこの日までに宿題が終わらない場合、最後の日に集中して取り組もう。もし追われたら最終日は自由に過ごしていいよ」という約束もしっかりしておきましょう。

子どものやる気をしっかりとつなげられるような働きかけをするといいですよ。

できることから取り組んでいく

子供によっては「最初に難しい問題を解いたほうが進む」タイプと、「まずできる問題からやってペースを上げていく」タイプとエンジンのかけ方が様々です。

子供のタイプを見極めた上で計画をして、できることから計画通りに進めていくようにしましょう。

そして必ずできたらほめるようにしましょうね!

付箋であれば、宿題が終わるごとに付箋を外すと、やった数や残った数が目に見えてわかるのでお勧めです。

私も子供はこの方法でやる気を出させました。

子供一人ではやらせない

勉強というものは好きなものならともかく、苦手なものだったり面倒くさいものだとどうしてもペンが止まってしまうことがあります。

そういう時親がいない場合、ついついだらけてしまって結局できなかったということになりかねません。

そうならないように必ず親が時にフォローをしつつ勉強のペースをビシッと決めるようにしておくとお子さんのペースも保ちながらすることができます。

もしできるなら一緒にとなりについて、わからないことはすぐ答えられるようにしておくのもいいですね。

タイマーなどを使い、一緒に頑張ろう!と親は他の事に取り組むと、一緒に勉強してる!と子どももうれしくなってやる気や集中力が上がることでしょう。

おわりに

今日は冬休みの宿題が終わらない時の対処法について書いてみました。

楽しい事や面白いことが目白押しでなかなか進まないのか冬休みの宿題ですよね。

計画を立てて順番に宿題を終わらせるように親がしっかりフォローしていきましょう!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。