注目の記事

税務署の青色申告等決算説明会に個人事業主は参加するべき?実際の感想や内容を紹介!

こんにちは!

もうすぐ12月が終わり、新しく年度が変わります。

そんな時悩むのが、「年末調整」「確定申告」ということ。

かくいう私も今年個人事業主として起業し、コツコツと仕事をして利益を得てきました。

そして来年は「青色申告」をしなくてはいけません。

そんな中、税務署から一枚の案内が届きました。

それは、税務署が開催する「青色申告決算説明会」というもの。

これ、税務署から案内が来たけど行った方がいいのかな?

距離が結構あって往復が大変だけど、行っても時間の無駄じゃないかな?

そう思う方もいますよね。

実際私もそうでした。

でも実際に行ってきたので、今日は実際に行ってみた感想や内容、私のような個人事業主の人は行くべきかどうかなどについて書いていこうと思います。







 

青色申告決算説明会とは何?

そもそも、個人事業主の方の中には、「青色申告等決算説明会とは何?」と思う方もいますね。

では、実際この説明会はどんなものなのかをご説明しますね。

毎年税務署が開催している説明会

こちらの説明会は、毎年11月頃になると、各地の税務署が開催しています。

こちらの説明会の特徴は

・基本的に平日開催

・強制ではない

・時間は1時間~3時間ほど

・青色申告対象者の人に案内所が配られる

・国税庁HPに各地域の予定が掲載される

・アンケートがある

と言った感じでしょうか。

開催が平日なので、平日お仕事なり予定が入ってしまった人は参加できません。

残念ですが、もしそれで「記帳の仕方が分からない」「記帳の仕方を知りたい」という希望がある人には、税務署に相談すると、税務署が委託している業者による記帳指導や基調指導期間を紹介してくれるとのこと。

行きたいけれどどうしても予定が合わずいけない場合でも、諦めずに税務署に相談してみましょう。

封書が2週間まえにくる

こちらの決算説明会、私の場合は11月後半に最寄りの場所で開催されました。

ただ、案内の封書が来たのが、11月前半が終わろうとした頃。

もしほかに副業でパートをしていたりして、シフトをすでに提出している場合、ギリギリの案内になるので「予定が合わない!」と欠席せざるを得ませんね。

そのため、もし行きたい場合は税務署に直接連絡する、もしくは国税庁のHPなどで説明会の日程を調べておくと、あとから行きたくても行けないということにならないので楽ですね。

決算説明会の内容まとめ

それではこれから、私が出席した決算説明会の内容や感想をまとめていきたいと思います。

受付で資料をもらう

私が参加した決算説明会は、ショッピングセンターの会議室のようなところで開催されていました。

参加した説明会は午後。

静かな会場で受付を済ませました。

そこでは名前と案内にあった番号を受付の職員さんが書き写しています。

職員さんに案内され、資料が置いてある席に案内。

結構前の方だったのでドキドキ。

参加者は20人~30人

会場には参加者の人が20人~30人ほど。

飲み物などは持ち込んでも大丈夫のようです。

男性、女性は6:4くらいでしょうか。

気持ち男性の方が多かったです。

年齢も20代後半~70代までと様々な年齢層が参加していました。

広い会場だったので、50人~60人ほど参加しても大丈夫な広さでした。

説明会開始

まず、挨拶の後、税理士の方から資料を基に説明がありました。

税理士さんの話では

・決算書作成の留意事項

・売上金額について

・必要経費について

・減価償却費について

・青色事業専従者に関する内容

・青色申告特別控除について

・貸借対照表など書類について

といった内容を、パワーポイントで作って配布してもらった資料を基に話をしていました。

淡々と説明した後一度休憩

税理士さんは資料を見ながら淡々と説明してくれます。

こちらは話を聞くのみです。

1時間10分ほどで第1部は終わりました。

その後、一通り説明したので10分間の休憩が入ります。

休憩の後は消費税と軽減税率についての解説

休憩が終わると、消費税や軽減税率についての解説が40分ほどありました。

実はこの時間は、会社の社長さんや従業員がいる会社の社長さんなど専門の方を対象にされているということで、こちらは対象者が限定されていました。

つまり「該当しない人は参加する必要はない」ということなのです。

実際税務署の職員さんは「参加されなくても大丈夫です」とハッキリ話していました。

私も少し参加して、その後早退させてもらいました。

なぜなら難しかったからです。

相談後個別相談コーナーが設けられている

1部の休憩中と2部の終了後、受付では個別相談会が設けられていました。

そこでは参加者が個別に税理士さん達に相談をしていました。

説明会では質問タイムが設けられていませんので、そこで質問できなかったことや具体的にわからないことも個別に質問できるということで、相談は満席でした。

ここまでで2時間ほどです。

最後にアンケートを提出して終わります。

アンケートは記帳状況の確認という簡単な内容ですが、名前などを書く欄がありましたので、無記名ではいけないそうです。

今回私が参加した内容を書いてみましたが、各都道府県の税務署の方針などで異なる場合がありますので、自分の県の説明会が気になる場合は、一度税務署の担当の職員さんに問い合わせをされてもいいでしょう。




決算説明会に参加した感想まとめ

今回初めて参加した決算説明会。

感想をご紹介していきますね!

簿記の基本的知識がないとわかりにくい

一連の説明を聞いてみて感じたことは、簿記についての基本的な知識があった人の方がより分かりやすいかなーという感じでした。

私は簿記の資格を持っていますので、税理士さんの話はある程度わかりましたが、簿記の話や勘定科目、売上や支出の仕組みに関して理解していない人が聞いても「?」となってしまうことがあると思います。

そのため、参加する場合は少しでも簿記の基本的な内容を理解すると参加する価値があるかと思います。

個別で相談したい人にはありがたい

今回、説明会の後には個別で税理士さんや税務署の職員さんに相談したり質問できるコーナーがあり、何人かの人が利用していました。

確定申告について、年末調整について色々と聞きたいことがある方には、この機会に相談できますので、それを目当てに参加するのもいいですね。

時間がかかるので、忙しい人は無理に参加しなくてもいいのでは

今回の決算説明会、1時間~3時間ほど時間がかかります。

もし往復の移動に1時間かかるとそれで4時間ほどかかりますよね。

参加費は無料ですが、所要時間などを考えると、忙しい人は参加せず、本を読んだりして自分で勉強するほうが全般的に知識を得られるのでいいかもしれません。

今回は確定申告の中の、特に気を付けるものや重要な所をピックアップして放してくれていますので、全体像を知るためには本の方がいいかもしれません。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分 [ 土屋 裕昭 ]

人数確定申告の基礎や知識はあるよねという前提でお話しされていたので、
簿記の知識が無い方や確定申告が初めてという方は少し難しいかもしれません。

最新の情報を得るにはいい機会

ただ、今回の決算説明会では税理士さんや税務署さんが最新の情報を教えてくれています。

そのため、翌年からの確定申告や記帳に関しての最新情報を教えてくれるので、そういった情報を得たい人にはおすすめの会ですね。

個人事業主は参加するべき?

個人事業主の人、アフィリエイターや講師業で起業している人は参加するべきかどうか、今回参加した感想です。

早退自由なので、必要な箇所だけ聞いてもよい

今回説明会は2部構成になっていましたが、必要なのは1部のみ。

そして内容も少し専門的なので、ある程度ざっと簿記や確定申告について知っている人は身になると思います。

ただ、ちょっとわかりづらいと感じる人もいれば、簿記などをよく知っている人にとっては、もっと突っ込んだ内容でやってほしい、と物足りないこともあるかもしれません。

私も早退した人間ですが、もし必要な内容がなければ、静かに退室することも可能なので、必要な箇所だけ聞くためだけに行くのもありだと思います。

参考になるので一度参加してもよいのでは

ただ、個人事業主になってからの確定申告などで「これはした方がいいんだ」「これは売り上げに入るんだ」といった、一人だとうっかり気づかないことや勘違いしやすいことなどもわかりやすく説明はしてくれます。

参考にはなるので、もし時間に余裕がある場合、また最新の情報を聞きたい場合は、一度参加してもよいのかな、とは思います。

無理無理参加することはない

ただ、無理無理予定を合わせてまで参加するべきか?と言われたらそこまでではないですね。

もし行けなくてもある程度は本などで自分で学ぶことは可能ですので、自分の予定や求めるものと照らし合わせていくかどうかを決めるといいでしょう。




おわりに

今日は決算説明会について実際に体験した感想から書いてみました!

今回参加して往復かけて3時間ほどでしたが、最初の部分は行って良かったと思いました。

参考になればうれしいです!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。