子育て

お雑煮を子どもが食べるのは何歳からが安心?代わりの食材や食べる時の注意点も

こんにちは!

もう少しでお正月ですよね。

お正月にはお正月ならではの食事が出てくるので、大人も子供も楽しみですよね!

その中でも特にお正月らしいのは「お雑煮」

お雑煮は地方によっても入れる具が違うので、色々な味を楽しめる郷土料理ですよね。

 

ただ、お雑煮を食べている時、じーっと見ているつぶらな瞳。

そう、幼い子どもは親が食べるものに興味津々。

あげたいけれど、お餅って喉に詰まらせないかな?

兄弟がいるところや親戚の集まりではお雑煮が出ることが多くなりますよね。

こんな時どうしたらいいのかについても解説していきますね!









お雑煮を食べるのは何歳からが安心?

お雑煮を食べるのはお正月ならではですよね。

でも、いったい何歳から食べれば安全なのでしょうか。

1歳~2歳は早い

小さな子供は咀嚼機能が未熟で、つい丸のみしてしまうことがあります。

そのため、1歳~2歳ではまだお雑煮を食べるのは早いと言えるでしょう。

1歳はその月齢や離乳食の進み具合など、場合によっては完了食の場合もあります。

やはり離乳食を完了し、幼児食にしっかり移行できている状態であげた方が安心ですね。

理想は3歳前後

となると理想の年齢としては3歳前後が安心ですね。

なぜ3歳かというと

咀嚼が上手にできてきている

歯が生えそろい、固いものなどもしっかり噛むことができる

周りの意見をしっかりと聞き理解することができる

といった理由からですね。

咀嚼がやはり上手にできないと噛むことはできませんし、そのためには歯も生えそろっていないといけませんよね。

また3歳になると言葉も発達し、大人の話す内容も理解でき行動することも出来ますので、何か問題を防ぐために親の注意をしっかりと聞くことができます。

兄弟がいるところでは1歳でもあげる場合もあり

しかし兄弟がいるところでは、上のお子さんが食べているのを見て「ほしいほしい!」とねだられることもあります。

そうなると3歳を待たずにお雑煮をあげている家庭もあります。

また、咀嚼機能などの発達が早く、お餅をしっかりと食べられるようになったのを見計らって食べさせていることもよくあります。

つまり「個人差・成長段階・環境によって変わる」

保育園によっては1歳でも焼き餅をおやつに出す園もあります。

つまりお雑煮を食べ始める理想の年齢をあげるなら「3歳前後」なのですが、兄弟がいること、発達の速さ、また子供が置かれている環境によって様々に変わることが多いです。

大事なのは「お子さんが事故に合わないよう一人では食べさせない」ということですね。

これはお子さんが小さい頃は特に目を離さないでおきましょう。




代わりの食材は何をあげればいいの?

お雑煮を食べさせたいけれどまだ小さいからお餅は抜いてあげようとするとき、替わりの食材があれば入れてあげたいですよね。

どんな食材を代わりにしているかご紹介しますね!

はんぺん

はんぺんは柔らかいものをしっかりと茹で、小さく切ってあげるようにしましょう。

咀嚼がしっかりできるようになってきたらある程度の大きさのものをあげてしっかりと噛んでもらうようにしましょう。

うどん

うどんは離乳食の頃からあげている家庭が多いので安心の食材ですね。

こちらも小さな子供には一口サイズに切ってあげるようにしましょう。

だしとも絡み合っておいしいおうどんになります。

白玉団子

こちらは白玉粉から作ったツルツルもちもちのお団子になります。

柔らかさも調整できますし、お餅より噛みやすいのでお勧めです!

Cpicon 離乳食:1歳からのお雑煮☆ by ユリmama

ご飯

離乳食後期のお子さんなど、まだまだお餅には程遠い・・・という子も、ご飯を丸めてお雑煮の中に入れたら食べることができますね!

じゃがいも餅やおから餅なども

白玉粉やお米ではなくじゃがいもを使ってお餅風にするというアイデアもありました!

Cpicon 子どももパクパク☆お雑煮 by ayuci

私はこのじゃがいも餅にみたらしだれをつけて食べるのが好きで、子どもにもよく食べさせていました。

少し手間はかかりますが、他の時にも立派な一品になりますのでお勧めです!

また、おから餅は栄養満点でも低カロリーという、食べすぎ傾向のあるお正月にはありがたい食品です!

Cpicon 糖質制限☆サイリウム・おから餅 by Koidorobo

お餅を先に焼いてから煮てとろとろにした部分をあげることも

他にはお餅を先に焼いておき、そこからとろとろに煮ると焼いたところが溶けて柔らかくなります。

このとろとろの部分を小さく切ってあげるという方法もありました。

私は子どもにこの方法であげていましたが、箸でつかめないほどとろとろだったのでスプーンで喜んで食べていました!

色々と代用する食材はありますので、お餅にこだわらずおいしく安全に食べることを心がけましょう。




お雑煮を食べる時の注意点も紹介!

それではここからは、お雑煮をお子さんが食べる時、大人が気を付けておく注意点をご紹介します。

とろとろに煮て小さく切る

もしまだお子さんが小さくて食べ方に心配な点があるのであれば、とろとろに煮ることや小さく切ることを心がけましょう。

小さい子供はお餅のように弾力がある食べ物を咀嚼することが難しく、早い段階で丸のみしてしまうことも考えられます。

そのため、必ずとろとろに煮こんでからあげるようにしましょう。

様子を見ながら親からあげる

お子さんによってはお腹が空いていて早く食べてしまったり、一気に口の中に入れてしまうことがあります。

それを防ぐために、親がお椀をもち、様子を見ながらあげるようにしましょう。

必ず大人が一人側に着く

子供がお餅を食べる時に一番怖いのは、大人が知らない間に大きなお餅を食べる事。

そうならないように必ず大人が一人お子さんのそばについて見守るようにしましょう。

何かあったらすぐに対応できるなどして、万全の体制で臨むことにしましょう。

一緒に噛んで見せる

そして少し早く、また丸飲みの傾向が見られる子や、空腹の時すごく早く食べてしまう子に関しては、「もぐもぐもぐ」と隣で大人が一緒に噛むジェスチャーをして、しっかり噛むように促しましょう。

少なくとも10回はかませるようにしましょう。

一人で食べていると、ついつい3回や4回噛んだだけで飲み込みがちです。

大人がペース配分をリードしていきましょう。

あえて少し熱いのをあげる

お雑煮などといった食べやすいものは、適温であげてしまうと慌てて食べてしまったり口の中に入れすぎてしまうことがあります。

逆に少し熱いかな?と思うぐらいがちょうどいいです。

なぜならばフーフーと冷ますことで少しゆっくりめにペースを落とすことができるからです。

ただし、やけどになったら怖いので、必ず大人が側に着くようにしましょう。

一口食べたら汁を飲ませるなど水分を必ず取らせる

お餅は詰まってしまうと、なかなか喉の奥に入ることができません。

お正月の事故でも多いのがお餅の誤飲事故。

そうならないように、必ず適度に水分を取らせるようにしましょう。

一口食べたら一口飲むなど、常に喉を潤すようにしましょう。

お雑煮の出汁の味を味わうのでもいいですね。




終わりに

今日はお雑煮は何歳から食べるのかなどについて書いてみました。

こちらに関しては家庭の環境や個人の成長度合いが関係してきますが、しっかりと飲み込めるのかといったところを見て判断するようにしましょう。

そしてついうっかりお子さんが食べないようにお子さんの手の届かないところにおいておくのも忘れないようにしましょうね!

楽しいお正月をお過ごしくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!











ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。