子育て

学級閉鎖の小学生の子どもとの楽しい過ごし方法まとめ!有意義に過ごすコツも紹介

こんにちは!

冬になりインフルエンザのが広がってきましたね。

かくいう私も子供が通う学校の度々学級閉鎖になりました。

次々となる学級閉鎖。

そしてそれは突然やってきますね。

いきなり学級閉鎖になると何をして過ごそうか迷いますよね。

小学校学級閉鎖になったのでもしたいと思います。







学級閉鎖になったときの過ごし方七選!

突然学級閉鎖になってしまい、子どもと何をしたらいいかわからないというご家庭もありますよね。

学級閉鎖中なので外に遊びには行けませんし・・・

学級閉鎖中に子どもと買い物や習い事はOK?トラブルにならない注意点も紹介!こんにちは! 寒い冬がやってきますね。 寒い冬が来て子供持ちの家族で怖いのは、インフルエンザなどによる学級閉鎖! イン...

過ごし方を7つこちらにご紹介しますので参考にしてください。

整理整頓をする

小学生になると習い事などで忙しく、なかなか自分の部屋を片付けたりすることができませんよね。

せっかく1日空いたのでお部屋の掃除や整理整頓してみましょう。

模様替えをして好きなカーテンや好きなグッズを置くなどして、お部屋プランを決めるのもいいですね。

部屋の掃除をして綺麗になったら、今まで探していたものも見つかりますし、新しい収納道具置くこともできます。

「ここを整理したら新しい引き出しをここに置いて・・・」とワクワクしながら部屋掃除のできるので、とてもいいことではないでしょうか。

一緒にお料理を作る

せっかく学級閉鎖になり一日ゆっくり過ごせるので、家族で一緒に料理を作ったり作ってもらうのはいかがでしょうか。

案外時間がないとゆっくり料理できることがないので、この機会に是非料理の腕を高めてもらいましょう。

学級閉鎖だと買い出しに行けないので、ある材料で何をやるか一緒に知恵を絞って考えるのも手ですね!

今はネットにたくさんのレシピが紹介されていますので、色々と調べながら作るものありですえ!

すごろくなど手作りゲームをする

学級閉鎖は子どもにとって、突然できたゆっくりできる一日です。

そういった時、せっかくなので「すごろく」などの「ちょっと時間がないとゆっくり遊べない」遊びを一緒にするのも一つの方法です。

こういったのはじっくり遊ぶことで楽しみが増します。

せっかくなので、家族全員で出来るボードゲームやトランプなどのゲームをしてみましょう!

ちなみに人生ゲームなんて、めっちゃ時間かかりますので、こういった機会にがっつりプレーするのもおすすめです!

人生ゲーム ダイナミックドリーム タカラトミー/ボードゲーム

ご褒美もつけると盛り上がりますよ!

工作をする

これも時間がないとできないことですよね。

ネットや本で調べて、季節ものの工作やアクセサリー工作、おもちゃなどを作ってみましょう。

私の子どもも学級閉鎖になった時、ひたすら紙で工作をしていました。

がっつり集中できるので、学級閉鎖中はぜひ一緒に工作してみましょう。

宿題など勉強を頑張る

こちらは学校によって様々かと思いましたが、うちの子どもの小学校は、学級閉鎖中も困らないように?宿題が大量に出ました。

例をあげますと

・漢字ドリル5p

・算数ドリル5P

・プリント4枚

・音読

・計算練習

けっこう、多いと思いませんか?

「できる人は」と連絡ノートには書いてありましたが、がっつりこんなに宿題が出ると思わず、目ん玉飛び出るかと思いました。

これを我が家は学級閉鎖中の2日間で終わらせました。

宿題が出ている学校は宿題をいつ、どこでやるかを計画を立てて、片付けてしまうと後が楽ですね。

また、もし学校から宿題が出ていない場合は、ドリルなどで復習するなど、時間を定めて勉強をするのもいいですね。

もし、習い事の課題が溜まってしまっている場合は、この機会に片付けてしまいましょう。

「何で今?」と嫌がる子どももいると思いますが、時間を決めて、午前中・午後30分ずつなどと短く区切って机に向かうように働きかけましょう。

ゲームを一緒にプレーする

せっかくのお休みなので、普段短い時間しかできないゲームをプレーするのも一つの方法です。

親は普段は忙しく動いているので、子どもがゲームをしていてもそれを見たり一緒にプレーすることって少ないですよね。

良い機会なので、普段子どもがどんなゲームをしているのかを、一緒に対戦したり協力プレイして楽しんでしまいましょう!

ただ、ゲームは楽しいので、ついつい長時間やってしまいがちなんですが、間に必ず休憩を入れたり、宿題やお手伝いをしてもらいながら、上手にコントロールしていきましょう!

撮りためていた映画やアニメなどを一緒に観る

これは私が子どもが学級閉鎖の時やっていたことです。

日頃忙しくてゆっくりと映画やアニメなどを見られない子どもと一緒に、ゆっくりと映画などを見てみましょう。

今は動画配信サービスなども充実しているので、レンタルショップなどに外出しにいかなくても自宅で様々な映画などを見ることができます!

無料体験期間もありますので、この機会に登録してみるのも一つの方法ですね!

動画配信サービス「Paravi」無料体験はこちら

時間があるからこそ、じっくりゆっくりと色々なことをしましょう!




有意義に過ごすコツも紹介!

突然来る学級閉鎖。

子どもはついついダラダラ~と過ごして「せっかく1日休みなのに!」とイライラする親も多いのではないでしょうか。

そんな時有意義に過ごすコツもお伝えしますね!

子どもがしたいことをする

まず、学級閉鎖を過ごすのは子どもです。

普段できないことができる時間が確保できることが、学級閉鎖での自宅待機ではあります。

そのため、まずは子どもに「何がやりたいのか」を聞いてみましょう。

子どもにとっては「ダラダラする時間」がとても貴重な時間だったりもします。

親にとっては「ダラダラして!」と思いイライラしても、子どもにとっては「普段できない特別な事」なのかもしれません。

親と子どもの価値観は違います。

また、大事に思うことも子供と大人は異なります。

あくまでも子どもの意思を尊重しましょう。

時間を区切って過ごすと切り替えやすい

ダラダラしたい!といったものの、他にもやらないといけない宿題などが合った場合、親としてはずっとそのまま放っておくわけにもいかないですよね。

そうなるのを防ぐために、時間をある程度区切ることも大切ですね。

・午前中はゆっくりして、午後からは宿題をやる

といった感じですと、ついついダラダラしてしまいますので、

・12時まではゆっくりして、13時から1時間宿題をしよう

といったように、「具体的な数値を伝える」と、「まだ午後じゃないよ~」といったように、お互いの価値観のズレの勘違いを防ぐことも出来ます。

ゆるやかな中にも時間の区切りをつけることで、「結局1日ダラダラしておわってしまった~!」と後悔することもありません。

ホワイトボードや紙に書いて視覚化しておくと、これまた子どもにも伝わりやすいのでお勧めです!

学級閉鎖の目的は「感染拡大を防ぐこと」

子どもによっては元気だから「友達と遊びたい!」「買い物に行きたい!」「ゲームをしに行きたい!」と外に行きたいと希望されることもあります。

しかしあくまでも学級閉鎖中は、外出は控えるようにしましょう。
なぜなら、学級閉鎖の目的はあくまでも「感染拡大を防ぐこと」であり、通常の「お休み」とは目的が異なります。

今はまだ元気でも、明日どうなるかはわかりません。

外出してもしその後発症した場合、その場にいた人にもうつしてしまっていることがあります。

そうならないように、あくまでも自宅で過ごすように子どもに指導していきましょう。

部屋の中でできることは少なくありません。

アイデア次第では外に出るよりも楽しかったり、家族のきずなが深まることもあります。

色々と知恵を絞って、楽しくゆっくりと過ごすようにしましょう。

おわりに

今日は小学生が学級閉鎖になった時の過ごし方について解説しました。

突然の学級閉鎖で対応に困るかもしれませんが、2日間などそこまで日にちも長くならないので、突然できた家族団らんの時間と思い、体を休める意味でもゆっくり過ごすようにしましょうね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。