注目の人

大黒摩季(歌手)離婚の本当の理由は元夫の不倫?再婚予定や相手はいるのかも

こんにちは!

朝起きたらびっくりするニュースがありました。

歌手の大黒摩季さんが離婚していたというのです!

相変わらずカッコいいですがどうして離婚されたのでしょう?

指輪はしたままなのですが、再婚される予定はあるのでしょうか?

今日はそれについて書いていこうと思います。







 大黒摩季の離婚の本当の理由は?

今回離婚していた大黒摩季さん。

離婚理由も気になりますよね。

インタビューでは離婚理由は「子どもに恵まれなかった」ことがきっかけ

大黒摩季さんは2010年11月から子宮疾患の治療と不妊治療に専念するために活動を一時停止していました。

不妊治療に前向きに取り組んだものの、結果的には子宝に恵まれず不妊治療を断念。

2015年に子宮を全摘出し、2017年9月まではアメリカの代理母制度も試みたものの、最後の卵子でも妊娠に至ることはできませんでした。

そして子宝に恵まれなかったことで、夫婦の形を見直すきっかけができたと大黒摩季さんは話しています。

彼の幸せを別の形で応援するために離婚へ

大黒摩季さんは子宝に恵まれなかったものの、元旦那さんが友人の赤ちゃんを抱っこする姿も見て、愛おしいと感じたとも話しています。

ただ、ことあるごとに彼に対して「赤ちゃんができなくてごめんね」と思いながら生きていくことに耐えられない、それは夫婦のあり方ではないと思い始めたそう。

そう感じた大黒摩季さんの方から2017年の年末に離婚を決め、元夫に告げたそうです。

離婚を告げたのが大黒摩季さん本人とのことで、辛いですよね・・・

元夫は再婚し赤ちゃんは1歳に

その後全国ツアーでプライベートなことが全くできず、離婚届を出すのを忘れていたところ、元夫から「新しく好きな人ができて、彼女が妊娠している」と告げられたといいます。

その時何と大黒摩季さんは「今離婚届を出したら騒ぎになり、マスコミが彼女のところに押し寄せたりして精神的に参ってしまい妊娠にも影響がある」と思い、彼女が出産してから離婚届を提出。

書類の不備もあり今年2月の提出も、4月に受理され離婚が成立したといいます。

公表に踏み切るまでに色々な葛藤があったのでは

ただ、4月に離婚が成立してから今回公表に至るまでに、半年以上期間が空いていますね。

大黒摩季さんはすがすがしい笑顔でインタビューに答えていたそうですが、やはり一番の願いである「子宝に恵まれなかった」事で離婚する、ということで、かなり精神的にはダメージを受けていたのではないでしょうか。

さらに離婚後すぐ元夫は再婚しています。

個人的には「離婚届を出そうか悩んでいる間に、元夫が新しい人生を先に歩みだしてしまった」のではないかと疑ってしまいますが・・・

そういったことから気持ちをしっかり整理し、インタビューを受けても笑えるように少し期間を開けたのではないかと思われます。

今は感謝していると話していますので、そういったこともすべて吹っ切って公表することができるようになったのでしょう。

本当の理由は元夫の不倫が原因?

今回のインタビューで大黒摩季さんは「彼にずっとごめんねという気持ちでいるのが辛い」と話していました。

その会話から見ると、不妊原因は元夫ではなく大黒摩季さんにあったのではないかということが予想されます。

自分のせいで子どもに恵まれなかったという自責の念を抱きながら夫婦生活を続けるのは対等でもないし、その自責の念を元夫が感じることで、目指していた夫婦の関係に綻びが生まれてしまったのかもしれません。

長い不妊治療を終えて、大黒摩季さんも自分の人生をもっと生きようと思ったからこそ、彼にも自分の人生を生きるようにしてほしかったのでしょうね。

だからこそ復帰し、歌を届けていく歌手の仕事を続けているのかもしれませんね。

ただ個人的には、離婚届けを出そうと最後の最後で悩んでいる間に元夫が新しい道をスターとし始めてしまい、離婚届を出さなくてはいけない状態になってしまったのではないかと疑ってしまいます。

だってやっぱりそこらへんケジメを付けて新しく再出発するべきだと思うんですよね、個人的には。

大黒摩季さんはそこもすべて分かった上で、相手の奥さんになる人の出産の影響にならないために、自ら辛い気持ちを押し殺して離婚発表を遅らせたのかもしれません。

もし本当に離婚届を出しそびれてしまったのであれば、そこのところを確認した上で、元夫は再婚や子作りをすればよかったと思うのは私のワガママなのでしょうか。

子どもを授からなかったから離婚し、彼の幸せを応援すると言った大黒摩季さん。

その心にどれだけの想いを飲み込んでいたことでしょう。

彼女はもう吹っ切れた笑顔で話していたのが印象的ですが、世間的には不倫と言われても相手方は仕方ありませんよね。

今後の新しいお相手は、前の夫よりももっともっといい男であるようにと願うしかありません。

(追記)

ここに関しては大黒摩季さんは不倫に関しては否定しています。

「私から離婚を切り出した」といい、再婚相手の赤ちゃんに対しては「私が望んでいた待望の赤ちゃん」と喜んでいました。

ただ、一個人としてはそれが真実であったとしても、すごく切ない気持ちになってしまうんですよね。

大黒摩季さんが新しい幸せを早くつかむことを願ってやみませんね。




再婚相手はなぜロックなのかも

今回離婚したにも関わらず、大黒摩季さんは左手の薬指に指輪をしています。

再婚相手はロック

彼女はインタビューで「ロックと再婚しました!」と笑いながらジョークを飛ばしています。

その笑顔を見ると吹っ切れた、というか、どこか肩の荷が下りたような印象を受けますね。

ロック一筋で生きるという意味なのでは

今回離婚した大黒摩季さんは、おそらく再婚はいつか?という事に関しても質問されることでしょう。

しかし「ロックと再婚した!」ということで、再婚せずロック一筋で生きていく。

つまり「音楽活動だけに専念して生きていきます!」と宣言したと同じことでしょう。

新しい恋人はまだいないので再婚予定もなし

大黒摩季さんは離婚報告をしたのですが、再婚予定については何も話しませんでした。

つまり今は「再婚する予定はないし、相手もいない」ということでしょう。

ただ、新しい恋人は欲しいそうで、20歳~70歳までの私に合う男性を紹介してほしい」と笑顔で話していたといいます。

しかしロックと再婚!との言葉は、これからは音楽活動に専念していくという決意の表れかもしれませんね。

これからの活躍に期待していきましょう!

元夫の経歴はどんな人かも調査!

大黒摩季さんと今回離婚された元夫の方。

一体どんな方か気になりますよね。

2003年に結婚した1歳年下の一般人

大黒摩季さんの元夫は、2003年に結婚された一般男性。

友人の紹介で知り合ったものの、大黒摩季さんのことを全く知らない方だったそうです。

音楽関係の仕事ではなく、私たち一般人が就くようなお仕事をしていると思われます。

安定的な公務員や銀行員かも

大黒摩季さんは元夫については

音楽業界とは程遠い世界に住み、飾り気のないスーツを着た王子様

ということなので、堅実な公務員、もしくは銀行員など、パリッとスーツを着て仕事をされていたのかもしれません。

結構しっかりとお給料ももらっていたのではないでしょうか。

顔写真や名前は公開されていないがハンサムで性格が優しいのでは

実は元夫さんは顔写真や名前に関して一般人のためか公開していません。

ただ、大黒摩季さんが離婚届けを提出し忘れている間に新しい恋人を見つけ、その後再婚されていることから、結構ハンサムで優しい性格で、女性から好かれるのだろうということがわかりますね。

大黒摩季さんも不妊治療を頑張っていたので、それに寄り添ってくれた優しい性格なのもうなづけます。

大黒摩季さんとできれば寄り添っていてほしかったですが、こればっかりは夫婦のことなので仕方ありませんね。




ファンの反応も

今回の報道でも様々なファンの反応がありました。

何とも言えない気持ち

これは女性に多い意見でした。

大黒摩季さんのことを考えると、色々と考えてしまい複雑な気持ちになりますよね。

元夫への反論も

離婚が成立する前に新しい相手との関係を始めてしまった元夫についてもいろいろな意見がありました。

応援する人も

そんな大黒摩季さんの決断にエールを送るファンもいました。

自分の幸せも掴みに行った大黒摩季さん。

前を向いてこれからも進んでいってほしいですね!

おわりに

今回笑顔で離婚報告をされていた大黒摩季さん。

きっとこの笑顔になるまでに、どれだけの涙を流したのでしょう。

彼女の歌は本当に歌詞が深くて、励まされます。

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。