子育て

育児疲れでご飯作りたくない時の対処法まとめ!簡単メニューや作る気がしない理由も

こんにちは!

子どもがいる家庭は、毎日の食事も色々と気を遣いますよね。

毎日育児に家事があるし、さらに共働きだと仕事もあったりして大変ですよね・・・。

一日精いっぱい動いて子育てして「今日はごはん作りたくないな~」と感じることはありませんか?

私も毎日育児と仕事、そして家事もしなければならないので、ご飯を作りたくないときはもうしょっちゅうです・・・。

そんなときは、どのようにして乗り切っていけばいいのでしょうか?

対処法や簡単にできるメニューもご紹介していこうと思います!







育児疲れでご飯作りたくないときの対処法まとめ!

ではまず育児疲れでご飯作りたくないときの対処法をご紹介します!

冷凍食品に頼ろう

私もよくご飯作りたくない!疲れたから面倒くさい!となるのですが、そんなとき一番使っているのが冷凍食品です。

最近の冷凍食品って本当においしいんですよね!

パスタやピザ、麺類からお弁当になって冷凍されているものまであるんです。

私はいつも冷凍庫にストックしておいて、作りたくないときはチンしているだけです。

特にウチのおすすめは唐揚げです。

味の素 やわらか若鶏から揚げ<じゅわん鶏もも>300g 1袋

こういうのが一品あるだけで、メイン料理ができますので、他はサラダなどちょっと手を抜くことも出来ます。

子供もおいしくて大好きなのものなので、メイン料理を冷凍食品という方法はおススメです!

2019年11月に「子どもの食卓」という会社が日本初の「子供向け冷凍食品」を開発し人気を呼んでいます。

化学調味料や保存料、表示免除の添加物も含め食品添加物は一切使用していませんので、添加物などが心配な方は、こちらを利用してもよいでしょう。

子どもの食卓株式会社のHPはこちら

レトルト食品に頼る!

レトルト食品も温めるだけなので便利ですよね。

カレーが定番ですが、牛丼や親子丼などの丼物もごはんさえあれば簡単にできます。

DONBURI亭 牛丼(160g)【DONBURI亭】

ちなみに私はご飯も常に冷凍ストックしているので、ご飯を炊くのさえ面倒というときにも使えて便利です!

ある程度ストックをしておくと、災害の時の非常食にもなりますので、家族で三日分ほどはストックしておいて、疲れてご飯が作れない時は利用するのもありでしょう。

ミールキットを使う!

ミールキットとは、半調理状態で食材が届きますので、あとは工程に従って調理すればすぐにできるキットになっています。

最近は宅配でミールキットを購入できますよね。

私も結構使っています。

オイシックスなどがメジャーだと思いますが、これがまた本当においしいんです。

野菜や調味料までセットになっているので、このキットさえ買えばパパっと調理できます。

作るからにはちゃんと家で火を通したい!

安全な食材で簡単に作りたい!

そう思う方にはピッタリですね!

時間もかからず、なのにすごくおいしいので便利ですよ!

出前も便利!

キッチンに行くのも面倒・・・そんなときは出前も便利です。

最近はアプリで出前を頼んですぐに買ってきてもらうことができる、ウーバーイーツなんかも流行っていますよね。

近くのお店のものを買ってきてもらえるので、あれが食べたい!と思ったときにも使えます。

出前アプリなどもありますので、色々と便利なサービスを使っておいしいものを食べましょう!

出前アプリはこちら

たまにはカップラーメンもあり

しょっちゅうは健康上不安になりますが、たまにはカップラーメンもおいしいですよね。

お湯を入れるだけなので、小学生などでは自分たちでも作れちゃうかもしれません。

私もたまに食べたくなるので、本当に疲れ切っている時はカップラーメンにもお世話になっています!

子どもに好きなカップラーメンを選んでもらい、疲れ切った時に食べるのも、一つの楽しみになっていいですね!




簡単にできるメニューも紹介!

育児で疲れているけれど、子どもが小さかったり、ちょっとは料理をしないと・・・というときもありますよね。

でもできるだけ手は抜きたい。

そんなときに簡単にできるメニューもご紹介します。

冷凍うどん

冷凍うどんって本当に便利ですよね。電子レンジでチンするだけでうどんができちゃうんです。

【送料無料】冷凍讃岐うどん4種の味の詰合せ[6人前]【RY-6】 冷凍讃岐うどん1番人気!きつねうどん、かきあげうどん、釜上げうどん、ざるうどん等などお楽しみいただけますお中元・お歳暮・ご贈答、ご自宅でも!

そのまま冷やしうどんにしてもいいですし、だしを温めて冷蔵庫にある野菜や卵を入れてうどんを入れれば、あっという間に1品できちゃいます。

チンしたうどんに生卵を絡めてめんつゆをかければ、釜玉うどんもすぐにできちゃうので本当に楽ちんです!

そぼろ丼

ひき肉が冷蔵庫にあったら、簡単にそぼろ丼はいかがでしょうか?

そぼろ丼の作り方は簡単です。

ひき肉を醤油、砂糖、みりん、酒で炒めます。

私が良くやっていたのが、家に帰ってきたらボウルにひき肉を入れ、醤油、砂糖、みりん、お酒を入れてしまい漬け込んでしまうというレシピです。

そうしてフライパンで調味料の水分が飛び、肉に火が通るまで炒めるだけで完成です。

卵もいり卵、もしくは生卵のまま黄身をとろーりします。

これを温かいご飯の上にかけるだけです。

ひき肉と卵さえあればできるメニューなので、とても簡単ですよ!

野菜炒め

これもご飯を作りたくないとき、簡単にできます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

野菜たっぷり❤ #ジンギスカン風 #野菜炒め #下味冷凍 #美容飯 #一足お先に #仕事納めました #16連休 #wintervacation

nakigaolion(@nakigaolions)がシェアした投稿 –

しかも野菜も取れちゃいます!

冷蔵庫の残り野菜やお肉を切って、炒めるだけです。

味付けは焼肉のたれがおすすめ!

私のおすすめはこちらです。

エバラ 焼肉のたれ 黄金の味 中辛(590g)【エバラ焼肉のたれ】

不思議とこれをかけるだけでおいしくなっちゃうんです。

疲れているけれど野菜は取らないと・・・というときは野菜炒めがおススメです。

定番のカレー

カレーはご飯を楽したいときにもってこいのメニューですよね。

野菜を切って炒めてルーを入れて煮込むだけなので、本当に楽ちんです。

ちなみに私は面倒くさい時は炒めずに最初から煮込みます。

シチューも同様に作れますね。

前日にカレーを作って余っている場合は、翌日はカレーうどんにしたりごはんにかけてチーズをのせて焼いて、ドリアにしたりと翌日もカレーを楽しめますよね。

定番ですがカレーは重宝するメニューです!

 

育児疲れでご飯を作る気がしない理由も解説

ご飯っておいしいから色々と作りたくなる時もあれば、「もう面倒くさい・・」と思うこともあります。

ではなぜ育児疲れでご飯を作りたくないと思ってしまうのでしょうか?

その理由を解説していこうと思います。

実は料理が好きではない

育児をしながら料理もちゃんとやっている方は、比較的料理がもともと好きな方が多いような気がしています。

子育てで絶対的に必要なことなので作っていますが、私も実はあまり料理が好きではありません・・・

でもどうしても作らないといけないので、日々頑張って作っているんです。

育児などに追われている中、苦手な料理もしなきゃ!となったら、どうしても作りたくなくなることもありますよね。

そもそも料理が好きか嫌いかは大きく左右してくると思います。

日々苦手なことを頑張っているからこそ、ふと作りたくないこともあるのです。

疲れて体力がもたない

育児ってすごく体力を使いますよね。

お昼ご飯までは作れても、夜ご飯を作るのは疲れて面倒になることもあるでしょう。

子育て中って、朝ご飯作る→食べる→すぐ昼ごはんの準備→昼ごはん→すぐ夕ご飯準備→夕飯

といったように、一日中台所に立っている、という事は少なくありませんか?

その中で一食くらい作りたくない!と思っても仕方ないのではないでしょうか。

そんなときは朝にできるところまで用意しておくことをおすすめします!

私も夜が遅くなりそうなとき、疲れて作らなくなりそうなときは朝に下準備までをしておくことが多いです。

そうするとあとが楽ですし、気持ちも楽になるのでいいですよ!

メニューを考えるのが面倒

ご飯を作りたくない時よくある話ですが、そもそもメニューが思い浮かばないことってありませんか?

私もメニューを考えるのが面倒になります。

そんなときはあらかじめメニューを一週間分決めておくか、メニューを決めてくれるアプリを使ってみるといいでしょう。

献立アプリはこちら

決められているとそれに沿って買い物をして作るだけなので、メニューを考えるというストレスが減りますよ!

おわりに

育児をしながら料理を作るの、毎日なので本当に大変ですよね・・・。

作る日は作る、楽をする日は楽をするとメリハリをつけることによって、料理に向き合っていけるはずです!

無理をせず、がんばりましょうね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。