駅伝

岸本大紀(青山学院)の実力はすでにエースの経歴だった!出身校や兄弟の存在も

こんにちは!!

いよいよ箱根駅伝が始まりますね。

今年はどのチームがタスキを切るんでしょうか。

毎年花の2区では熱い戦いが繰り広げられていますが、その中でもルーキーと言われているのが、青山学院大学の岸本大紀選手!

 

ヤバいかわいい・・・!

でも、女性ファンから「かわいい~!」と言われそうな雰囲気の岸本選手ですが、実はとんでもない実力の持ち主だったんです!

今日は岸本選手について書いてみることにしました!







岸本大紀選手のプロフィールや経歴を紹介!

まずは岸本選手のプロフィールや経歴を紹介していきますね!

岸本大紀選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

青山学院大学青山キャンパス箱根駅伝壮行会 1年生 #岸本大紀 選手 . 1年生ながらめっちゃ強い速いので頑張って欲しいです💪🏻✨

みー(@agu_12270714)がシェアした投稿 –

名前:岸本大紀(きしもと ひろのり)

生年月日:2000年10月7日

出身地:新潟県燕市

身長:172cm

体重:51kg

尊敬するアスリートは吉田沙保里さんだといいます。

強い選手を目指しているんでしょうね。

岸本大紀選手の経歴

岸本選手は小学生の時、お兄さんの影響で陸上を始めます。

この時まだ2年生。分水ジュニア陸上クラブに所属していました。

中学でも陸上部に入り、実力を伸ばしていき、全国中学校体育大会では3000mに出場。

なんとゴール前で転倒してしまい、結果12位と悔しい思いをしたそうです。

その後高校へ入学するとその実力を発揮。

2年生、3年生と連続で新潟県高校総体陸上の1500mで優勝しています。

なんと5000mでは3年連続優勝を果たしているんですね。

この時同期だった選手は、どうしても勝てないこの岸本選手の強さに嫉妬したことでしょうね。

また、高校3年生の1500mと5000mでは、新潟県の高校生男子の記録で新記録をだしています。

2018年11月開催の日本体育大学長距離競技会では5000mを走り、自身の記録を更新する14分10秒台をマークしています。

青山学院大学に入学すると、2019年10月の「第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走」で2区にエントリーへと大抜擢を受けます。

ここで区間賞となる16分16秒の快走を見せ、チームも総合5位となりました。

また11月3日開催の「第51回全日本大学駅伝対校選手権大会」でも2区を担当し、区間5位の記録でチーム総合2位に貢献します。

そして今回、満を持して花の2区の起用です!

「絶対失敗しませんから作戦」をとる原監督が、勝負と見据える2区の起用に、岸本選手を起用したことから、いかにその実力を認め期待しているかがわかりますよね。

どんな走りを見せてくれるか期待していましょう!

(追記)

ついに!やってくれましたね!

花の2区で見事1位でタスキを繋ぎました!

最後のデッドヒートでの首位にはもう興奮しまくりました!

見ているファンは興奮していても、冷静沈着に試合運びをしていたとは・・・

これで1年生とは本当に他のチームにとっては脅威ですね!

 

岸本大紀選手の実力はすでにエース級!

岸本選手は監督から実力について太鼓判を押されています。

歴代で1番の選手

青山学院大学の原監督は、過去の選手と比較し、こう話しています。

「過去に一色、神野、久保田といったエースがいたが、岸本は歴代で1番。

2028年ロサンゼルス五輪のマラソン代表に絡んでくる逸材です」

ここまであの原監督に評価されているということは、かなりの実力者なのでしょうね。

実は原監督は高校2年生の秋ごろから、熱烈に岸本選手をスカウトし続けていたそうです。

そんな監督の熱意が伝わり、見事岸本選手は青学に入学。

10月の出雲駅伝では区間賞を獲得。

11月の全日本大学駅伝では区間記録の32分8秒を上回る31分51秒と調子の良さを見せつけてくれました。

さらに1万メートル記録会では自己ベストの28分32秒33の成績を残します。

青学に入学し、着実に記録を伸ばしている岸本選手を見出した原監督。

これがどうこのチームを強く優勝へ導いていくのかが今から楽しみですね!

一緒に走った選手からも恐れられる実力

岸本選手はその走りとここ一番での実力を発揮できる選手として、次代のエースとなれる存在だと、一緒に走った陸上選手からも恐れられています。

本にも紹介されるくらいなので、相当期待されているのでしょうね!

トップスピードに追い付き、それを振り切ることができるペース配分、そして強豪がいても自分の走りをキープできるメンタルの強さ、全てが才能あふれる選手と言えます。

しかし決して驕ることなく、常に基本に立ち戻り、監督の教えを胸に練習を地道に積み重ねていくからこそ、ここまで強くなっていったのでしょう。

実は直前骨折の疑いがあった

実は12月21日の最後の追い込みで左小指の横に痛みがあると訴えた岸本選手。

原監督も「疲労骨折ならすべてが終わりだ」と覚悟したのだそうですが、検査の結果骨折ではなかったそう。

はりきゅうで痛みを散らし3日間静養したことで回復。

大事には至らなかったようで安心ですね。

駅伝ではその痛みが再発しないことを願います!

 

岸本大紀選手の出身校や兄弟の存在も紹介!

岸本選手の出身校はどこかも気になりますよね。

中学は燕市立分水中学校

小学校も分水小学校に通っていた岸本選手は、そのまま地元の分水中学校に入学します。

ここでは「理想を求め、自己を耕そう」を教育目標に、たくましい生徒を育てる教育をしています。

「一人ひとりが自分の良さを伸ばし、互いを認め合い、ともに高まる学校」を目指し、ひとりひとりの指導に当たっている学校です。

新潟県立三条高等学校に入学

高校は明治35年に開設された名門校の三条高等学校に通っています。

ここでは「自主自律精神の涵養」と「情操豊かな人間性と創造力の育成」を教育目標に掲げており、進学に力を入れていると評判の高校です。

バスケ部はインターハイで4回の優勝を誇る強豪です。

3年に一度大規模な文化祭「三高祭」が開催される高校としても有名です。

兄弟は兄がいて陸上選手

岸本選手は4歳年上のお兄さんの影響で陸上を始めました。

お兄さんの名前は克佳さん。

大阪大学陸上部に所属し、主将としてチームをまとめあげていました。

2018年10月に開催された「第71回新潟駅伝競走大会」では「燕市」チームとして兄弟出場を果たしています。

現在は卒業され県外に就職されているようですが、今も弟の奮闘を一番理解し応援している存在であることは間違いなさそうですね!




 

おわりに

今日は岸本大紀選手について調べてみました!

笑顔が本当に人懐っこくてかわいい岸本選手。

誰からも愛される選手として応援されそうですね!!

今日は頑張ってくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

湯原慶吾(青山学院)がイケメンだけど彼女や兄弟はいるの?経歴や進路についてもこんにちは! 箱根駅伝がアツイ戦いを繰り広げていますね! 総合優勝を目指す青山学院大学で、とびっきりのイケメン選手を見つけま...
河田太一平(法政)の出身校や経歴プロフィール!さかなクンの由来や進路もこんにちは! 箱根駅伝が近づいてきましたが、法政大学に「さかなクン」と呼ばれる選手がいて気になってしまいました! その名も河...

https://maroup.net/archives/14817

星岳(帝京大)の経歴や高校はどこ?実力や八村塁選手との関係が意外だった!こんにちは! 箱根駅伝が近づいてきましたね。 多くの伝説や感動を生み出してきた箱根駅伝ですが、私はその中でも帝京大学の星岳選...






 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。