子どもの中耳炎予防には電動のメルシーポットがおススメ!手動との比較や感想も

この記事は6分で読めます





こんにちは!みやもんです。

このお休みはいかがお過ごしでしょうか?

私は子どもが急性中耳炎にかかり、お休みという事もあって、病院探しや治療などで大変なお休みとなりました。

特に、子どもが耳鼻科で「痛い!耳が痛い!ママ助けて!」と叫んでいるのに、何もできない自分が本当に申し訳なかったです。

耳鼻科の先生からも「鼻水が耳に入ったのが原因ですね」と言われました。

中耳炎は本当に辛い病気です。

中耳炎になってしまうと、発熱でもないので冷やすことも、痛みを何とかしてあげることもできません。

中耳炎は耳の内部での炎症なので、親はどうすることもできないのです。

ただ、予防に関しては親もできる事はあります。

それは、子どもの鼻水を、できる限り吸ってあげるという事です!

でも、手動では限界があるのを今回身をもって知ったので、電動の鼻吸い器メルシーポットがお勧めです!

2018年3月にNewモデルとなったメルシーポット!

この電動鼻吸い器、購入するまでに私も悩んで3年かかりました。

手動でもいいじゃん!高いから使うならメリットがないとね・・・

そんな思いで今迄購入していませんでしたが、購入した今となっては、何で早く買わなかったんだろう・・!と後悔するほどの良さです!

今回、電動鼻吸い器メルシーポットを使ったメリットや手動との違い、購入場所などを私の視点からまとめていきたいと思います。





1:メルシーポットを使うメリットは?

メルシーポットを使ったメリットをいくつか挙げていきます。

確実に鼻水が吸い取れて中耳炎や風邪の予防になる

鼻水は、子どもの風邪の症状としてよくありますよね。

たかが鼻水、薬飲んでおけば大丈夫でしょ?と思ったら大間違い!

薬を飲んでもすぐに鼻水が止まるわけではありません。

止まるまでに出てきている鼻水が、鼻で止まらず耳にいくと中耳炎になってしまうことがあるんです。

中耳炎になると、子どもも親も本当に大変です。

水が溜まっているだけなら、薬でも治療できますが、膿んでしまうと激しい痛みを伴い、場合によっては鼓膜を切開しないといけなくなってしまいます。

鼓膜の切開は麻酔をするとは言え、子どもにとっては恐怖の時間です。

恐怖で暴れるので、看護士さんが上から押さえつけての治療となります。

そのため、恐怖としての記憶として子どもに残ってしまいますし、その後の通院も「怖い怖い」と子どもが泣き叫んで、毎回大変になります。

私も子どもが恐怖で暴れたため、看護士さんと4人がかりで押さえつけての鼓膜切開で、終わるまでに1時間かかりました。

「ママー!助けてー!痛いー!もうやだー!」と泣き叫ぶ子どもを、仕方ないとは言え押さえつけて切開させる経験は、親としてはもうさせたくありません。

その後も炎症が起きていないか診察に何度も通わないといけないので、お仕事をしていたり、何人もお子さんがいる家庭は、とても大変です。

中耳炎にはもうなりたくない!させたくない!

そんな時、親としてできる事は、鼻水をちゃんと吸い取ってあげられることなのです。その時、このメルシーポットは大活躍するのです。

子どもが鼓膜切開をしたその日に、私はこの電動鼻吸い器を購入しました。

ネバネバしたしつこい鼻水もスッキリと鼻水を取ってあげられるので、中耳炎予防にも、風邪の治療にも大きな役割を果たしてくれています。

②医療器具として認められている

鼻水が出ると、耳鼻科に行って機械でズズズ・・・と鼻水を取ってもらう事ってありますよね。

何度もそれだけのために病院に通うのも大変だし、その機械と同じようなものが家にあったら便利だよなあ・・と思っても、電動鼻吸い器って、それなりのお値段がします。

ちゃんとした商品でないと、1万以上は出せないですよね。

でも、メルシーポットは医療器具として認められている商品です。

医師がおすすめする鼻吸い器」として、多くのお医者様がこの商品をお勧めしています。

500か所以上の医療機関が、メルシーポットを紹介しています。

「電動鼻吸い器で何かいい商品はありませんか?」そう耳鼻科で聞くと、この商品を教えてもらえることが多いです。

耳鼻科の専門医も、中耳炎の予防には、自宅でのケアが大切と言っています。

その先生たちが薦めているメルシーポットは、お医者さんから絶大な支持を集めているんですね!

また、こちらは2017年の第10回ペアレンティングアワード(モノ部門)と、第9回マザーズセレクション大賞も受賞しています。

ママからもお医者さんからも絶大な支持を集めているのは、使ってみてわかります!

口コミでもあまり「買わなきゃよかった」というものがないのは、本当に便利なものだからなんですね!

③使い方もお手入れも簡単

この商品、使い方は器具をセットして、スイッチを押すだけ。

最初と最後に水を少し吸わせ、スムーズに吸えるようにする必要はありますが、後はお子さんの鼻にあてれば、鼻水を吸うことができます。

本体には持つ所もありますので、家の中で持ち運ぶのも楽々です。

使い方も簡単なので、慣れれば年長さんでも自分で使うことができます。

また、お手入れ方法も、他の鼻吸い器と比べて簡単です。

取り外して中性洗剤で洗えばOK。汚れが気になる場合でも、薄めた漂白剤に着けて置けばOKです。

(シースターHPから引用)

説明書を読めば一回でやり方が理解できます。

「あれも取ってこれはこの順番で取り外して・・・」なんて悩みながら、結局面倒くさくなって使わなくなってしまう事もありません。

簡単にお手入れができるので、毎日使い続けることもできますね!




3:手動の鼻吸い器とどう違うの?

実は私、鼻水が良く出る息子に、ずっと手動の鼻吸い器を使っていました。

こんな感じのものですが、本当によく使ってましたね。

だって、それでいいと思ったのです。

手動は価格も手ごろですし、さっと使える便利さはありました。

でも、電動を使ってみたら、いくつかのデメリットが手動タイプにもあった事に気づきました。

<手動タイプのデメリット>

①吸う方が酸素不足になりかねない

こちらの手動は、ホースを子どもの鼻にあて、もう一つのホースで吸って鼻水を吸い出すという原理です。

そのため、一番重要なのが、吸う方の肺活量(笑)

笑いごとじゃないんですが、これ真面目にきついんです!

「吸って~」「吐いて~」な楽なものじゃないし、吐くよりも吸う方が大変だってことをこれで学びました。

吸っても5秒くらいが限界で、何度も何度も吸わないといけないので、大変疲れますし、酸素不足に陥ります。

何度も何度も吸えるから便利だと思っていたら、案外疲れて面倒くさくなってしまうのが手動のデメリットです。

電動は、自分が吸わなくても良いので、酸素不足になる事もなく、安心して鼻水を吸うことができます。

疲れないで済むのは、忙しいママにとっても本当にありがたいですね!

②鼻水がコチラに来る

これは、私が使っている手動の鼻吸い器が悪かったのか、思い切り吸った時の鼻水の量が多いと、ホースをつたってこちら側にくるんです。

で、鼻水が自分の口に入るんです。

ネバネバの鼻水を口に含んでしまった時の、なんとも言えない不快な気持ち。

これは、経験者しかわかりませんが、とても気持ち悪いです。

最悪風邪の菌がうつってしまうこともあるので、手動はそういったリスクもあるんです。

電動はそれがありません。専用のタンクに鼻水がたまっていくので、気持ち悪さとはおさらばです!

これ、本当にストレスフリーになりました!

③ねばねばの鼻水が吸えない

ネバネバの鼻水は、風邪の元凶でもあり、中耳炎の予防でぜひとも取っておきたい鼻水です。

その、ネバネバの鼻水が、手動ではなかなか吸うことができません。

ネバネバの鼻水の力に、吸う力が勝てない限り、元凶を取り除くことができません。

ママの肺活量では難しいかなと、何度もやってみて手動の限界を感じてました。

電動は吸う力が強いため、ネバネバな鼻水も吸うことができます!

強さも調整できるので、頑固な鼻水もちゃんと吸うことができるんです!

④衛生的に不安

手動は使ったあと、水と洗剤でキレイに洗います。

ただ、ホースが細いためスポンジなども入らず、またネバネバした鼻水などがホースについてしまうと、なかなか洗い流すことができません。

そのため、衛生的に不安な面が残ります。

メルシーポットはホースも少し太めなので、水で簡単に洗い流すことができます。

また、汚れが気になる場合は薄めた漂白剤につけるよう推奨されていますので、それにつけておくだけで、簡単に消毒することができるので衛生的ですね!




4:使ってみての感想

使ってみて感想は。

すごい!!鼻水がめちゃくちゃ取れる!

しっかり奥にある鼻水まで取ってくれるので、コチラとしても「取れてるなあ~」という実感がありました。

ネバネバの鼻水は、手動でどうしても取れず苦戦していたのですが、それもちゃんと吸ってくれていました。

鼻に入れる角度が少し手探りする必要がありますが、ピンポイントな場所を見つけると、何もしなくても鼻水をズズズ・・と吸ってくれます。

ちょっとした達成感を感じてみていることができます。疲れません!

子どももすごくスッキリした顔で、気になる時「やって」というようになりました。

簡単な操作でできるので、子どもが自分で用意して鼻水を吸っています。

とても便利で、1日に繰り返し使っています。

ただ、一つだけ、難点が・・・

稼働の音が結構大きい!

「ブイイーーーー」という音は、大人は「大きい音だなあ・・・」と思うくらいですが、小さな子どもさんは最初怖がってしまうかもしれません。

ちなみに娘は怖がりましたw

カーペットやタオルを敷いてその上で使うと、音が吸収されて比較的静かになるのでそこまで気になる事はありませんが、最初はびっくりするかもしれませんね。

5:購入場所は?

購入場所は2つです。

・店舗で購入

・インターネット(楽天、amazon、育児グッズ販売サイト)で購入

店頭は、直接手に取れるので、大きさとかをしっかりと確認することができますね。

店舗では、アカチャンホンポや赤ちゃんデパート水谷、西松屋に置いてある事が多いです。

私はアカチャンホンポで購入しました。

すぐに手に入れないといけない状況だったので店舗になりましたが、急いでいなければ通販で買った方がお値打ちに手に入れられます!

インターネット通販ですと、楽天サイトやamazon、yahooショッピングなどで販売している事が多いです。

楽天もポイントがたまるので、よく使われる方はこちらからの方がいいですね!

楽天でメルシーポットを見てみたい人はこちら!

↓ ↓ ↓

【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)NEWモデル!【送料無料】【当日出荷】

amazonは配送料無料で、お値段も安くなってます。

他にも買うものがある‥という方は、こちらで見てみてください!

amazonのサイトはこちらです↓↓

NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

なお、価格は定価30.000円ですが、店頭ですと13.000円くらいで購入できるところもあります。

ネット通販ではさらに安い所もあります。楽天はポイントもつきますので、5倍や10倍の時に購入することをお勧めします!

また、メルシーポットは部品も交換用が発売されていますが、店頭ではなかなか置いてない事もありますので、それらも合わせてネットで購入する方が便利でお得です!

6:まとめ

いかがでしたか?

これから中耳炎にならないためにも、このメルシーポットは大活躍しそうです!

皆さんもぜひ、お子さんのためにもメルシーポットを使ってお子さんや自分を楽にしてあげてくださいね!

商品紹介URL:https://www.seastar.co.jp/products/babysmile/mercipot.html

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。