生活の知恵

バレンタインデー翌日にチョコやプレゼントの渡し方!セリフや伝え方についても

こんにちは!

バレンタイン当日には、意中の相手にチョコレートを渡すことはできましたか?

バレンタイン当日に勢いで相手に渡せたらいいんですが、タイミングが合わなかったり、会うことができなかったりで当日に渡せなかったという人もいるのではないでしょうか。

実は私も好きな人にチョコレートを渡せず、「どうしよう・・」と悩んだ経験があります。

こういった時、翌日に渡すのはありなのでしょうか?

今日はそれについて書いていこうと思います。

 バレンタイン当日に渡せなかった時翌日に渡すのはアリ?

バレンタイン当日に意中のお相手に渡すことができなかった。

でもどうしても渡したい!

そう思う方もいるでしょう。

では翌日に渡すのはありなのでしょうか?

翌日に渡すのはアリ

もし本命チョコレートをバレンタイン当日に渡せなくても、翌日に渡すのは「アリ」です。

それはなぜか?

その前に、そもそも渡せなかった理由は何でしょうか?

その理由としては

・勇気が出なくて渡せなかった

・本命の相手に会える学校(会社)が当日はお休みだった

・体調が悪かった

・会いに行ったけれど家にいなかった

など、様々な理由があると思います。

その理由のどれも「自分ではどうしようもないこと」ではないでしょうか?

家に不在だったのも、会社や学校がお休みで渡せなかったのも、自分ではどうしようもないことですよね。

そして、相手に「渡せなかった理由」を話した時、自分がもし渡される相手だったら、どう思いますか?

「それでも渡しに来てくれたんだ」とうれしい気持ちになりませんか?

特に怒る気にも、幻滅する気にもなりませんよね。

自分にも相手にも事情があるものです。

その事情に対して怒るということは、逆に言うと相手もその程度の器ということです。

どんな理由があったとしても、渡せなくて後悔するよりは、遅れてもいいので渡してしまいましょう。

 

遅れた方がインパクトが強いこともある

大体の人がバレンタイン当日に意中の相手に渡しますよね。

そうなるとバレンタイン当日に渡しても、他の人と同じ立場として記憶に残ります。

女子に人気のある相手だと、よっぽど告白にインパクトを持たせるか、チョコレートを高価・豪華にするようにしないと印象に残りませんよね。

一方翌日に渡すと、インパクトがあり記憶に残りやすくなります。

また、その日渡すライバルもいないので、邪魔されることもなく渡すことも出来ますよね。

さらに、翌日になっても渡そうというこちらの気持ちが相手にとっては好印象にうつることもあります。

「翌日になっても渡しに来てくれるんだ」と相手も感動することになります。

当日に渡すことができなくても、相手への渡し方によっては好印象に移ることもありますので、諦めないで渡すようにしてみましょう。

バレンタインデー翌日にチョコやプレゼントの渡し方!

バレンタイン当日に渡せなくて翌日に渡すことになった時、どんな風に渡せばいいのでしょうか?

必ず遅れたことについて一言伝えよう

意中のお相手にバレンタインのチョコレートを渡す時、必ず遅れてしまったことについて一言添えるようにしましょう。

その言葉一つで相手への印象は180度変わることが多いです。

そのまま渡されると、相手は「何で遅れたの?」と疑問を持ちモヤモヤすることになります。

遅れた理由と、それでも渡したかったという気持ちは伝えるようにしましょう。

バレンタインのチョコであることも合わせて伝えよう

遅れた理由とそれでも渡したいという事も伝える時、バレンタインのチョコレート=特別なチョコだ、という事も合わせて伝えるようにしましょう。

翌日に渡せなかった場合は特に伝えましょう。

鈍感な男性ですと、遅れたチョコ=バレンタインチョコという図式がつながらないという事もあるんですね。

「特別な思いがこもったチョコレート」という事を相手に伝えるのを忘れないようにしましょう。

相手の迷惑にならないように渡す場所は考えて

バレンタインの翌日にチョコレートを渡す時、必ず相手の迷惑にならないような場所や時間を見てから渡しましょう。

バレンタインの翌日に渡すと、確かにインパクトが残りますし、渡すライバルがいない分、どうしても目立ってしまいからかわれる対象となります。

周りからからかわれたりして相手が嫌な気持ちにならないように、あえてこっそり渡す、時間を指定して呼び出して渡すなど、相手の迷惑にならないようにするといいですね。

セリフや伝え方についても

バレンタインの翌日に渡す時、どんなことを相手に言えばいいのでしょうか?

それを今からご紹介したいと思います。

「遅れてごめんなさい」

バレンタインデーの翌日にチョコを渡す時、必ず伝えてほしい言葉があります。

それは

「遅れてごめんなさい」という言葉です。

本来ならば、バレンタイン当日に渡すのがバレンタインチョコレートです。

一般的にはそういう考え方の人が多いので、なぜ今?という気持ちになるのは自然の事です。

そのため、翌日になってしまったことについては一言「ごめんね」と謝りましょう。

そうするとそこからの会話や渡すのもスムーズに済むことが多いです。

「実は○○で遅くなったけど、どうしても渡したくて」

最初に相手に渡すのが遅くなったことを伝えたあと、

「なぜ遅れたのか」ということ

「遅れてもどうしても渡したかった」という言葉を伝えるようにしましょう。

例えば

・「実は昨日日曜日で渡せなくて・・・。でもやっぱり直接渡したかったから・・・」

・「昨日みんなが渡しているのを見たら恥ずかしくなって渡せなくて。でもやっぱりどうしても渡したかったから・・・」

といった感じで、ハッキリと

「どうしてもあなたに渡したかった」という事を相手に伝えるようにしましょう。

さらにモジモジして長くなると相手も嫌になってしまうので、あまり長々と話すのではなく、ハッキリ短く伝えるのがいいでしょう。

ちなみに、

・塾があって渡すのが遅れた

・友達と遊んでいて渡せなかった

という、自分でその予定を変更できるものが理由の場合は、言わない方がいいでしょう。

「友達と遊ぶ方が自分より大事?」と印象が悪くなってしまうことがありますので伝え方には気を付けましょう。

必ず相手には「ありがとう」も伝えよう

そして、最初と最後には、必ず相手に「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

・時間を作って会ってくれたこと

・チョコレートを受け取ってくれたこと

・気持ちを受け取ってくれたこと

このことについて感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとう」と言われて悪い印象を持つ人はいません。

わざわざ自分のために時間を作ってくれたのです。

結果はどうであれ、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

私の体験は

実は私は同じクラスの好きな人に、バレンタインのチョコを翌日渡したことがあります。

その時は学校がお休みで渡すことができず、翌日の放課後に渡しました。

相手は部活があったので、授業の終わりと部活の合間、移動時間の5分ちょいで呼び止めて渡すことができました。

相手はちょっとびっくりしていましたがうれしそうな笑顔でもらってくれました。

きっと渡さなかったら後悔していたと思いますので、翌日になったとしても諦めずに渡すようにした方がいいと私は思いました。

おわりに

今日はバレンタインのチョコを当日に渡せなかった場合、翌日に渡すのはありかどうかについて書いてみました。

伝える後悔よりも、伝えなかった後悔の方が記憶として残り、もしダメだったとしても、渡せた方がスッパリと次の恋に行けることが多いです。

恥ずかしい気持ちもあると思いますが、勇気を出して告白してみましょう!!

応援しています!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。