キッズ番組

天才てれびくんhelloのエンディングを作ったn-bunaは誰?番組出演はあるかも予想!

こんにちは!

毎週月曜日から木曜日の楽しみ「天才てれびくんhello,」

4月始まってから見ていましたが、なかなかこれが面白いんですよね!

てれび戦士2020(天才てれびくんhello)新メンバーは誰?みやぞん以外のMCについてもこんにちは! 毎日楽しみに子供たちと見ている「天才てれびくんYOU」 なんと!2019年3月で終了してしまうことが分かりまし...

その中でも、特に秀逸なのは、最後に流れるエンディングテーマ!

「ハローハロー」という曲は、とてもリズミカルで素敵な曲ですよね!

この曲を作ったのはn-bunaという方!

一体どんな方なんでしょうか?

そして番組の出演はあるのでしょうか?









 天才てれびくんhelloのエンディングを作ったn-bunaは誰?

それでは「天才てれびくんhello,」のエンディングを作ったn-bunaさんについてご紹介します!

n-bunaのプロフィール

名前:n-buna(ナブナ)

本名:不明

生年月日:不明

出身地:岐阜県

血液型:不明

所属事務所:U&R records。

「n-buna」とかいて「ナブナ」と読むんですね。

なんとn-bunaさんは、出身地以外の情報を明かしておりません。

本名も血液型も非公開なんですね。

顔写真も非公開なので、道端ですれ違ってもわかりませんよね。

これは本人が「先入観を持ったまま音楽を聴いてほしくない」という気持ちがあったからなんだとか。

n-bunaさんは、昔から本が好きだったようで、中高生の頃に近代文学にのめりこんだことがあったそうです。

その中でも共鳴したのは「オスカー・ワイルド」という偉人。

僕の今はオスカー・ワイルドの模倣」と本人が言うほど、継投しているそうです。

n-bunaの経歴

n-bunaさんは岐阜県に生まれ、中学2年生の時にエレキギターを購入して音楽活動を始めます。

その後母親からノートパソコンをもらったことがきっかけで、デスクトップミュージックを始めるようになりました。

その後2012年に、ニコニコ動画で「アリストラスト」を投稿。

その曲がボーカロイドプロデューサーとしての活動の第一歩だったそうです。

「ボーカロイドプロデューサー」とは、VOCALOID技術を使って創作活動を行う人の事を指しています。

その後2013年に投稿した「透明エレジー」が、ニコニコ動画のVOCALOIDカテゴリのデイリー総合ランキングで自身初の1位となりました。

2014年には初のアルバム「花と水飴、最終電車」を発売

2016年にはアルバム発売もあり、ワンマンライブも開催していました。

n-buna / 月を歩いている(通常盤) [CD]

そして2017年、ワンマンライブにゲストボーカルとして参加したsuisと共に「ヨルシカ」を結成しています。

suis(ヨルシカ)の素顔は美人で年齢は10代?n-bunaと歌を始めたきっかけも紹介!こんにちは! 最近色々と自分にはない音楽を求めて聴いていますが、その中でも「おっ!」と思えるアーティストに出会えました! そ...

その後はヨルシカとしての活動を中心に行っています。

アルバム「夏草が邪魔をする」を発売し、さらには2018年5月に発売のアルバム「負け犬にアンコールはいらない」はオリコン週間ランキング5位を獲得するほどの人気です。

2019年にはオフィシャルファンクラブ「ヨルシカ smartphone site 「後書き」」も出来、さらに 2020年2月「第34回日本ゴールドディスク大賞」ベスト5ニューアーティスト「邦楽」部門を受賞しています。

これから活躍する可能性をたくさん秘めているn-bunaさん。

今回の天才てれびくんのエンディング起用で、子供たちのファンがぐっと増えて言ったことでしょうね。




どんな思いを込めて曲を作ったの?

今回の「天才てれびくんhello,」の曲、「ハロー、ハロー」。

個人的にとっても好きな曲なんですよね。

私も「天才てれびくん」を昔から見て育ったのですが、「天才てれびくんYOU」以前の天てれな雰囲気を持った曲で、「これぞ天てれ!」と思えるほどの曲ですね。

ファンには非常に好評

この曲は天才てれびくんファンにとって、とても好評な曲なんですよね。

最先端のメロディに懐かしい歌詞が乗っていて、それをてれび戦士が歌うのが非常にマッチしていましたね。

どんな思いでn-bunaさんはこの曲を作ったんでしょうか。

秘密基地で遊んでいる子どもの姿をイメージ

n-bunaさんは、番組のコンセプトを見せてもらった時、電子空間という現代的な空間で、秘密基地として遊んでいる子供たちが目に浮かんだそう。

n-bunaさんは楽曲を制作する際、情景を思い浮かべてから制作に取り掛かるとのことなので、目に浮かんだ情景を書いたのでしょう。

n-bunaさん自身も幼い頃に友達と集まって秘密基地として山の中に隠れ家を作ったことがあるので、それを思い出したのかもしれませんね。

「時代は変わったけれど、子供の本質は変わらない」と感じているn-bunaさんは、子供達が楽しんで過ごしていればそれが一番、と思いながらこの曲を作ったそう。

だから歌詞がとても懐かしいんでしょうね。

音楽は近未来なテンポなのに、歌詞がとても子供心に寄り添っていたのには「いつの時代も子供が楽しんで過ごすことが一番」という思いが込められているんでしょうね。

てれび戦士の冒険に寄り添える曲を

てれび戦士とn-bunaさんは、レコーディングの様子を見ていたのでしょう。

てれび戦士の元気さに一人癒されていた、と話していたので、てれび戦士が自分の作った曲をイメージ通りに歌ってくれたことに対して非常に満足していたのではないでしょうか。

「彼らの冒険に寄り添えるような曲を書けていることを願っています。」

こうコメントされていますので、自分の作った曲がてれび戦士の良さを引き立て、番組を盛り立てていければと思っていたのでしょうね。

天てれファンにとってはかなり評価が高いので、この狙いはしっかり達成できているのではないでしょうか。

天才てれびくんhelloへの番組出演はあるかも予想!

また、天才てれびくんではゲストがたくさん出演することも目玉の一つですよね。

n-bunaさんが「天才てれびくんhello,」に出演する可能性はあるのでしょうか。

現時点では不明

n-bunaさんが番組に出演する可能性は今の段階では不明です。

様々な企画を打ち出している天才てれびくん。

天てれYOUでは、マーヴェラス西川さんが自分の「daijyobu!」の時も歌唱指導をしていました。

そのため、企画でエンディングを題材に歌唱指導や歌の作り方などの企画があった場合、出演する可能性はありそうですね。

顔を出していないので直接の出演はないのでは

ただ、n-bunaさんはヨルシカの活動でも一切顔を出していません。

そのため、天才てれびくんhello,でもそのスタンスは崩さず、直接的な出演はないのではないでしょうか。

現在はコロナウィルスの影響もありますし、この番組で顔を公開します!という事にはならないでしょう。

その場合は和牛さんなどのエンジが主導となって、何か他の形での出演がありそうですね。

声やメールなど、顔出しが必要ない出演はありそう

天才てれびくんでは、様々な手段から番組に参加できるようになっています。

それは「手紙」だったり「音声」だったり「メール」だったりと、顔を出さなくても出演ができますので、そういった方法で出演する可能性はありますね。

よもや被り物をして出演する、という事もないと思いますので、音声などのみでの出演かと私は予想していますがいかがでしょうか?

こちらに関しては番組を楽しみに見ていきましょう!

おわりに

今日は天才てれびくんhello,のエンディングテーマを担当したn-bunaさんについて書いてみました。

ぜひ個人的には番組に出演してほしいのですが、どうなのでしょうか。

今回の天才てれびくんhello,は、色々と面白くなりそうな伸びしろがたくさんありますので、期待していきましょう!

https://maroup.net/archives/17873 

「天才てれびくんhello,」は、毎週月曜日~木曜日までの午後6:20から放送です!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。