天才てれびくんに夢中で子どものご飯が進まない!解決法はある?

この記事は4分で読めます





こんにちは!みやもんです♪

もう夕方、子ども達に宿題、明日の準備をさせて、さあ夕ご飯・・・

とやることが満載な中、子ども達はTVに夢中。

そのTVは、NHK教育テレビで放送中の「天才てれびくんYOU」

この番組を見ると夕飯は進まない、宿題は全然やらない・・・

イライラするし、生活のリズムが崩れて困ってしまう・・・

そんな時、イライラしないですむ方法を、これからお伝えしますね!

 

1:天才てれびくんYOUとは?

天才てれびくん、誰でも一度は聞いたことはあるんじゃないでしょうか?

この番組は、1993年4月5日からスタートしている長寿番組であり、「天才てれびくんワイド」「天才てれびくんMAX」と、何度もタイトルを変えつつ、姉妹番組も生まれるほど、安定した人気を確立している番組です。

「アリス探偵局」「ジーンダイバー」などをはじめとしたアニメ、そして出演している天てれキッズによる歌や挑戦、ドラマに小学生版ねるとんもあり!

見ている子どもを飽きさせない、次の日の友達との話題提供に事欠かない番組として、実によく構成されている番組なのです。

ちなみに私も子どもの頃毎週見ていました。「ジーンダイバー」のティルに夢中でした(笑)

その天才てれびくんが、視聴者参加型をメインとした番組になったのが「天才テレビくんYOU」。

リモコンのデータ放送の機能を使って、番組で出るクイズに答えたり、パズルなどのゲームに挑戦することができます。

特に木曜日は、全国のどこかで生放送され、会場と一体となって参加することができます。

その面白い番組構成、リモコン一つで参加できる面白さ、子どもが夢中にならないはずはないですよね。

 

2:なぜイライラするの?

ただ、子どもは参加出来て楽しいけれど、親はイライラ・・・

これ、何故なのか、理由は3つあります。

 

①夕飯時の忙しい時間に放送している

②その時やらないと参加できない(録画ではできない)

③テレビのリモコンが使えなくなる

 

この番組、 18:20 から放送という、

子どもに一番動いてほしい時間に放送しているんです!!

困りますよね、親としては・・・

「夕飯を食べてほしいのに、テレビに釘付けで全然進まない」

「宿題をしてほしいのに、そっちのけでTVにリモコン向けてやっている」

ママのイライラや溜息がたくさんあるのも、この時間帯が故なのです。

また、生放送やデータ放送という事もあって、録画して後から楽しむという事が出来ません。

リアルタイムで参加することが、この番組の醍醐味なのです。

さらに、テレビのリモコンで操作するので、その時間は使えなくなってしまいます。

「天気予報見たいんだけど?」「後にして!」ないつもと逆な会話も発生します。

さらにはリモコン操作に慣れていない時は「ママ替わって!やって!」と呼ばれ

こちらの手も止まってしまいます。

子どもにとっては楽しいですが、親にとってはめんどくさいは進まないので、イライラする番組でもあるんですね。

 

3:怒っても逆効果

子どもが夢中になっている時は、親が怒ってもその真意が伝わるのは半分くらいです。

「今いい所なんだから邪魔しないでよ!!」とか

「ママのせいで失敗しちゃったじゃないかー」と逆切れされ

さらにママの怒りも沸騰・・・な事もあるんじゃないでしょうか。

そうなんです、子どもが夢中になっている時は

怒ってもこちらの気持ちが伝わらず、邪魔された、と伝わってしまい

怒りが怒りを呼ぶ悪循環に発展しかねません。

見ている時は怒っても逆効果です。収拾させる方が大変になります。

 

4:イライラしないで進めるためには?

でも、何とかしないと夜寝るのも遅くなってしまう・・・

毎日イライラするのも疲れるし、何とかしたい!

そんなママのために、いくつかの方法をお伝えします。




4-1:番組を見ていない時に話をして親の気持ちを伝える

テレビが放送されていない時に、ママの気持ちを伝えてあげて下さい。

「番組を見るとごはんが進まない、宿題が終わらないから、その後大変。ちゃんとやる事をやってから見るようにしてほしい。そうしたらママも気持ちよく見せてあげられる」という事を伝えてください。

「面白い番組だから、やるなら思い切り楽しんでほしい。ルールを決めて楽しくみられるようにしよう」と親が働きかけてあげてください。

それなら・・・と子どもも一緒に考えてくれます。

だって、楽しい事が思い切りできるんですからね。

 

4-2:毎日は見せず、見る日を決める

天才てれびくんYOUは、月曜から木曜まで毎日放送されています。

そのため、ママと子どもの中で、見る日を決めるのも一つの解決法です。

「月曜日は見る、火曜日は習い事で遅いから見ない」など

習い事で遅く帰ってくる時は見ないようにするか、宿題が終わってから見るか、などを子どもと話し合って決めてください。

この番組は再放送されている事も多いので、その日見逃しても別の日でまた見ることが可能です。

そして、冷蔵庫など見える場所に、見る日などを書いた紙を貼ってください。

「今日は見る日だった?もしそうなら始まるまでに宿題終わらせようね!」など

子どもに働きかけることができる、便利なツールにもなります。

 

4-3:テレビ番組を利用する

「宿題が終わってから、天才てれびくんYOU見ようね」

「ご飯食べてから見ようね」など

番組をみるために、やるべきことをちゃんとやる、というスタイルにするのです。

もし、終わらなかったら見せないルールでも構いません。

大事なのは、子どもと話し合った上で、ルールをしっかり決める事です。

ただ、基本は「やる事をやったら見ることができる」スタンスにするとよいでしょう。

もし、それが出来なくなったら、最初のように子どもと話し合って、どういう約束で見るのか、ママはどうしたいのか、子どもはどうしたらやる事がちゃんとできるのかを再確認するようにしましょう。

 

4-4:生活の一部に組み込もう

正直言って、この番組は本当に子どもの心をよく掴む番組構成をしています。

ルール決めをして、それでもできなかった時、ペナルティとして見せない選択をするのもありですが

親が腹をくくって、この番組を見ることを生活の一部として組み込む方が、精神的に楽な場合もあります。

その時は、子ども自身に、見た後どんなスケジュールで動くのかをしっかりと伝えるようにしてください。

そうでないと、終わった後「楽しかった~」からダラダラとだらけかねないので、

「終わったね!さあ、天てれ戦士に負けないように、宿題頑張ろっか!」と親が上手に切り替えするよう働きかけてあげてくださいね!

5:まとめ

いかがでしたか?

テレビって本当に面白いし、ましてや参加型だとさらに夢中になりますよね。

その夢中になる気持ちを、親が上手にコントロールしてあげてください。

いい方向に行くように、少しだけ道を整えてあげるだけで

親もイライラしないし、子どもも楽しんでみることができるので、お茶の間が楽しくにぎやかになります。

子どもは楽しい事にまっしぐらになる時期なのです。

その気持ちを大切にしつつも、生活のために守る事はしっかり守ってもらって、楽しい毎日を過ごしてくださいね!

 




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。