野球

夏の甲子園2020中止でドラフト会議も開催されない?スカウト方法は変わるのかも予想!

こんにちは!

新型コロナウィルスの影響で、一番楽しみにしていた大会が中止の方向で進んでいます。

なんと、夏の全国高校野球大会が中止の方向で進んでいるんです。

毎年高校球児の夢をかなえてきた甲子園。

熱い戦いと感動を私たちに届けてくれた夏の甲子園が、まさかこんな形で中止へと進んでしまうなんて・・・

残念でしかありません。

毎年応援しているファンも辛いところはありますが、本当に辛いのは今年高校生活最後で最後の甲子園を目指していた高校3年生の球児とその親御さん。

本当に悔しくて悲しい思いをしていると思います。

そして、甲子園がもし中止になった場合、春の甲子園も中止なので、ドラフトはどうなってしまうのかも気になりますよね。

また、地方大会の可能性も示唆されています。

一体どうなってしまうのか、今日はそれについて書いていこうと思います。







 夏の甲子園2020中止でドラフト会議も中止になる?

今回、夏の甲子園が中止の方向で進んでいます。

正式決定は5月20日

今年の夏の全国高校野球大会は、インターハイが中止になったことで高野連も審議に入りました。

「ギリギリまで決めて判断したい」とのことで、開催への意思があることを諦めていない雰囲気でしたが、

・緊急事態宣言が延長した事

・感染者が未だ出ている

といったともあり、県をまたぐことになる全国大会は開催すべきではないという判断に変わっていったと思われます。

ただ、まだ決定事項ではありません。

正式決定は2020年5月20日となります。

地方大会や準備なども考慮し、この日程がギリギリなのでしょう。

ただ、報道にあったように、コロナウィルスの影響で大会が中止になる可能性が非常に高いです。

残念ですが、今は感染をこれ以上広げないため、また高校球児の命を守るためにもやむを得ない判断をするしかないのかもしれませんね。

ドラフト会議は開催されても縮小するのでは

今回春の甲子園も新型コロナウィルスの影響で中止となっています。

また、もし今回夏の甲子園も中止になってしまった場合、そういった大きな大会で実力を持っている選手を見つけ、その力をチェックするという視察をすることができなくなってしまいます。

夏の甲子園では、有名高校以外にも逸材が見つかり話題となることが多くあります。

昨年は愛知県の誉高校から、楽天の育成ドラフト4位で指名された澤野聖悠選手も初出場でその才能を見いだされ、見事スカウトでプロ入りへの道を開きました。

今回そういった機会が減ってしまうため、万が一開催されたとしても指名人数がかなり減ってしまうのではないでしょうか。

昨年のドラフトで指名された選手も未だ公式戦には出場していませんし、プロ野球そのものが開催されていませんので、球団も収入が入らずに新しい選手を入れることが例年通りにはできないことが予想されます。

まだ開催されるかどうかは公式には発表されていませんが、今年の3年生も実力がある選手がたくさんいます。

横山陽樹(作新学院)の実力や経歴がスゴイ!進路やドラフト指名の可能性もこんにちは! U-18のメンバーが発表になりましたね! その中でも注目の選手が、作新学院の横山陽樹選手! こちらの選手...

ぜひ開催して未来ある選手をプロ入りへの道へ進めてほしいですね・

ドラフト会議の日が延期される可能性はないのでは

実は今年のドラフト会議の日程は、例年より1か月ほど遅く

2020年11月5日(木)

となっています。

これはプロ野球開催の延期や東京五輪の影響を鑑み、通常の日程からは1か月ほど遅くなっています。

ただ、これ以上先に延ばしてしまうと、大学進学の出願にも影響してしまうので、これ以上遅くなることはないのではないでしょうか。

あまりにも先延ばししてしまうのは野球界にも影響を生んでしまいかねませんしね。

こちらも引き続き調査していきますね!




スカウト方法は変わるのかも予想!

今回もし甲子園が中止になるのであればもちろん高校球児にとって大会の機会がないのは非常に残念ですが、プロ入りしたい3年生にとっては自分の力をアピールする場がなくなってしまうので心配になりますよね。

スカウトはどうなってしまうのでしょうか。

スカウトの方法は地方大会中心になるかも

通常は甲子園の全国大会などでスカウト陣が試合を見学し、才能がある選手を見出してドラフト会議に臨むことが多いです。

しかし、今回甲子園がなくなってしまったため、その方法が取れなくなってしまいます。

そのため、地方大会の決勝などにスカウト陣が出向き、その実力を見ていくという方法に変わっていくのではないでしょうか。

幸い全国大会がなくなっても、地方大会を開催するといった自治体も多くあります。

全国大会でその実力を見ることができないのは残念ですが、地区ごとに地方大会は実施するという方向で全国が動いているという状況を見ると、地方大会での活躍ぶりを見てスカウトするかどうかを決めるのが主流になるかもしれません。

個人が自らアピールする時代になるかも

今回の緊急自粛宣言を受け、急速にオンライン化が進んでいます。

そのため、もしできるのであれば、プロ入り志望の球児が自らアピールできる機会があるといいなあと思ってしまいます。

就職試験や面接ではないですが、球児も自分の実力やアピールするところを動画に撮影し、スカウト陣がそれを見る、といった方法になると、甲子園大会がなくても自分の実力をアピールすることができるのではないでしょうか。

今回は異例の中止なので、高野連もドラフト会議に向けて柔軟な姿勢を見せてくれるといいですね。

甲子園中止に対して街の意見は

今回、甲子園が中止になるというニュースを受けて、街の人達の意見は様々でした。

球児がかわいそうという意見

複雑だという意見も

おわりに

今日はドラフト会議について書いてみました。

本当に今回残念でなりませんが、どういった形であれ、球児の夢や目標を残すことができるように応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。