映画

沢田研二の演技力や代役に決まった理由は?志村けんとの鏡コントや仲良しエピソードも

こんにちは!

毎日見るのを楽しみにしている連続テレビ小説「エール」

新型コロナウィルスで亡くなられた志村けんさんの演技、感動した人も多いのではないでしょうか。

もっともっと志村けんさんの演技を見たかった人は多いのではないでしょうか。

映画「キネマの神様」の主演も演じることに決まっていた志村けんさん。

そして、その志村けんさんの遺志を継ぎ、代役に決定したのが沢田研二さん!

私はあまりリアル世代ではないのですが、若い頃からイケメンで女性に大人気だった沢田研二さん。

演技力もぴか一と聞いていますが実際どうなのでしょうか?

今日はそれについて書いていこうと思います。







 沢田研二(俳優)の演技力は?

沢田研二さんの演技力も気になりますよね。

沢田研二さんは映画やドラマ、バラエティに関わらず本当にたくさんの作品に出演されています。

出演作品が多数

沢田研二さんはたくさんの作品に出演されています。

炎の肖像(1974年)

太陽を盗んだ男(1979年)

魔界転生(1981年)

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982年)

水のないプール(1982年)

ときめきに死す(1984年)

カポネ大いに泣く(1984年)

ぼくと、ぼくらの夏(1990年)

妖怪ハンターヒルコ(1991年)

バカヤロー!4YOU!お前のことだよ(1991年)

夢二(1991年)

大阪物語(1999年)

ピストルオペラ(2001年)

カタクリ家の幸福(2002年)

幸福のスイッチ(2006年)

「太陽を盗んだ男」で沢田研二さんは第4回『報知映画賞』主演男優賞に輝いています。

ドラマにも積極的に出ているので知っている人は多いのではないでしょうか。

同棲時代(1973年)

悪魔のようなあいつ(1975年)

源氏物語(1980年)

いつか黄昏の街で(1981年)

陽の当たる場所 (1981年)

嵐立つなり(1982年)

恋人よ、われに帰れ Lovers Comeback to Me(1983年)

大河ドラマ・山河燃ゆ(1984年)

連続テレビ小説・はね駒(1986年)

にっぽん笑芸人(1988年)

ザ・ディーラー(1988年)

二人の医師(1988年)

幸福な市民(1989年)

マネージャー(1990年)

流れてやまず 長流不息~遥かなる黄河(1992年)

琉球の風(1993年)

愛と平和の特別企画 総務課長戦場を行く!(1994年)

ふたつの愛(1998年)

連続テレビ小説・オードリー(2000年)

最悪(2001年)

特にドラマは主演がほとんどで、代表作が絞り切れないほどでした。

演技力は安定の高評価

沢田研二さんはさすが名優と言われるだけあって、安定した演技で視聴者をその物語に引き込みます。

もともと歌手として名声の高い沢田研二さんですが、役者としての実力も相当なものです。

あまり演技を見たことがない!という人もいると思いますが、若い頃の沢田研二さんを知っている人はみな、その演技に太鼓判を押していました。

どんな映画になるかを今から楽しみにしていましょう!




 沢田研二(俳優)が代役に決まった理由は?

今回沢田研二さんは、亡くなられた志村けんさんが演じるはずだった「キネマの神様」の主演・ゴウを演じることになります。

その起用理由は何だったのでしょうか?

昔から似ていると言われてきた

沢田研二さんと志村けんさんは、若い頃似ている!といわれていたことがあります。

雰囲気もルックスもそっくりと言われてきた志村けんさん。

同じ時代を生きてきたということで、今もどこかしら雰囲気が似ているのではないでしょうか。

意外なところで共通点がありましたね。

元同じ事務所であり親交が深かった

沢田研二さんは志村けんさんとはかつて同じ事務所「イザワオフィス」に所属していました。

そして同じ事務所だったこともあり、先輩後輩として非常に仲が良かったそうです。

沢田研二さんは志村けんさんの出演するバラエティー番組「8時だョ!全員集合」「ドリフ大爆笑」で共演し、二人で一緒にラジオ番組「ジュリけん」も放送。

コントなどもするなど、志村けんさんと一緒に仕事をする機会がたくさんあったといいます。

そのため、志村けんさんの思いを受け継ぐ人は沢田研二さんしかいない!と制作陣がオファーをかけたのだそう。

沢田研二さんも

志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です。

と、代役を務める気持ちをコメントされていました。

山田監督とは「男はつらいよ」の映画以来になります。

その時の沢田英二さんの演技力に太鼓判を押していたのでしょうね。

山田監督は、志村さんの代役という事であっても、沢田研二さんにしかできないものがあると、その才能を信じているコメントを発表しています。

「志村さんとは違うゴウちゃん。沢田研二さんなら、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています」

お二人はきっと息の合った撮影をされるのではないでしょうか。

楽しみですね!

沢田研二と志村けんの鏡コントも紹介!

沢田研二さんと志村けんさんと言えば、何といってもあの「鏡コント」が有名かつ一押しです。

そっくりさんということもあり、このコントがウケにうけましたよね。

鏡コントの動画

やっぱりそっくりさんということもあり、お互いに息もピッタリですね~!

沢田研二さんがはにかみながらも身体を張るシーンは印象的ですね!

アドリブもけっこうあったのではないか~と思えてきますね。

バカ殿になった時もあった

鏡コントではありませんが、沢田研二さんがバカ殿に変装したこともあります。

お互いにそっくりだと言われていることを楽しみながら、お互いの役や鏡コントをされていたのでしょうね。

当時この鏡コント、非常に人気が高かったと言います。

リアルタイム世代ではありませんが、今見ても面白いのですから、やはり志村けんさんはすごいんだなあと思ってしまいます。




沢田研二と志村けんの仲良しエピソードも紹介

志村けんさんと沢田研二さんは非常に仲が良かったそうです。

同じ事務所で人気絶頂の時期が重なっていたこともあり、共演番組も増えて言ったことから、お互いに腹を割って話せる仲になっていったことでしょう。

共演ではコントを多数披露

沢田研二さんと志村けんさんは顔も似ていると当時は話題になり、「そっくりショー」などにも登場していたんだとか。

また、バラエティ番組ではコントを披露してファンを笑わせていることが多くありましたね。

二人とも自然体でコントしていて、プライベートでも仲が良いことをうかがわせますね。

プライベートでも飲みに行ったこともあるようですが、収録でも飲んでいるシーンがありました。

お互いに尊敬しあっていた

志村けんさんと沢田研二さんはお互いにその実力を尊敬していたといい

志村けんさんは「一番スゴイと思ったアイドル」に沢田研二さんの名前をあげ、沢田研二さんもコメディアンとしての志村けんさんを尊敬しているとコメントすることもあったとか。

お二人が共演したラジオ「ジュリけん」では、お二人の素の姿が見られているのがわかります。

お互いの実力を認め合い、尊敬しながら、その背中を見て自分の道を邁進していたのではないでしょうか。

そんな関係だからこそ、沢田研二さんも今回の代役も引き受けたのでしょうね。

沢田研二(俳優)のプロフィールや経歴を紹介!

それではここで沢田研二さんのプロフィールや経歴を紹介していきますね!

沢田研二(ジュリー)のプロフィール

名前:沢田研二(さわだ けんじ)

本名:澤田研二

生年月日:1948年6月25日

出身地:京都府京都市

血液型:A型

所属事務所:ココロ・コーポレーション

沢田研二さんにはお兄さんがいます。

お父さんが舞鶴市内の火薬研究所の取引先に勤務していて、二番目の子だったために、「研二」という名前が付けられたそうです。

中学校時代は野球部に入り、キャプテンと一塁手を務めていたそう。

京都市大会で4位になり、京都府大会に進出したものの、負けてしまったために野球選手の夢は諦めたと言います。

ここでもし優勝していたら今は全く違う人生を送っていたのかもしれませんね。

沢田研二の経歴

沢田研二さんは京都のダンス喫茶「田園」でどあーぼいのアルバイトをしている際に、サンダースに声を掛けられ、17歳でローディー兼ボーカリストになっています。

その後ステージで歌う沢田さんを見たサリーとプレイボーズのサリーから誘われ、リードボーカルとして加入、「ファニーズ」とグループ名を改めています。

その後渡辺プロと契約し、「ザ・タイガース」と改名。

1967年にデビューし、セカンドシングル「シーサイド・バウンド」で瞬く間にヒット、グループサウンズの頂点へと上り詰めました。

1971年1月に惜しまれながら解散。

その後1971年2月には新しいバンド「PYG」に参加。

11月にはソロデビューも果たしています。

1973年には「危険なふたり」で日本歌謡大賞を受賞。

その後もヒット曲を連発し、「時の過ぎゆくままに」は沢田研二さん最大のヒット曲となります。

勝手にしやがれ」では第19回日本レコード大賞も受賞。

1985年には独立も果たし「ココロコーポレーション」も設立。

俳優業として様々な映画やドラマにも出演し、カンヌ映画祭に出席したこともあります。

田中裕子さんとは不倫の末に再婚しています。

他にも「ザ・タイガーズ」をユニット「JAZZ MASTER」や「TEA FOR THREE」「ジュリー with ザ・ワイルドワンズ」などを結成し、精力的に活動をされていましたね。

名曲をたくさん世に送り出している沢田研二さん。

TOKIOや勝手にしやがれは今でもカラオケで歌う曲です!

アルバムでじっくり聞いてひたるのもアリですね!

ROYAL STRAIGHT FLUSH [ 沢田研二 ]

沢田研二さんの歌はたくさんの歌手がリスペクトしていて、今話題の歌手である藤井風さんもカバーしています。

Fujii Kaze(藤井風)がイケメンなのに性格も面白い?彼女や結婚はしているのかこんにちは! 最近話題になっているFujii Kazeさんという方をご存知でしょうか? https://youtu.be/N...

おわりに

今日は沢田研二さんと志村けんさんの仲などについて書いてみました。

本当に惜しい人を亡くしました。

志村けんさんの思いを胸に、素晴らしい映画を作ってほしいですね!

ファンからも熱いメッセージが届いています。

「キネマの神様」は現在新型コロナウィルスの影響で撮影が中断し、2021年の公開予定となります。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。