ドラマ

藤野涼子の演技力は実は下手だった?女優を目指すきっかけや現在までの出演作品も

最近コロナウィルスの影響なのか、これまでの名作を再放送するテレビ番組が増えてきましたよね。

その中で再放送が決まったのが「腐女子、うっかりゲイに告白する」というドラマ。

このドラマで主演だった藤野涼子さん、演技力は実は下手だったことはご存知でしょうか?

今日はそんな藤野涼子さんについて書いていこうと思います。







 藤野涼子(女優)の演技力は実は下手だった?

今回、BL大好きの腐女子を演じていた藤野涼子さん。

実は演技は下手だったというのはご存知でしょうか?

「ソロモンの偽証」では監督から最下位の演技力と評価された

実は藤野さん、2014年に公開の映画「ソロモンの偽証」で見事主演の座を勝ち取っています。

しかし実はオーディションの後に行われたワークショップの段階では

「演技力は最低」

と言われていたといいます。

さらに映画監督の成島監督からは「彼女よりも演技がはるかに上手い子が何人もいた」と言いますから、なぜ藤野さんを選んだのかは疑問に残りますよね。

監督曰く「目と声の強さが良かった」というのが選んだ理由なんだとか。

養成所に通っていたものの、通行人の役しかやったことがない藤野涼子さんは、なぜ自分が選ばれたかわからないくらいだったと言います。

しかしそのワークショップで「お前はまだ殻を破っていない」と監督から言われたことで一念発起。

「やってやろう」という思いで役に向かっていったそうです。

スタッフから反対されることも

それでも必死になって演技を学び、自分なりに必死に撮影についていった藤野涼子さん。

それでも演技の上達が追い付いていかず、多くのスタッフから「このままでは撮影には間に合わない」と反対されていたと言います。

しかし監督は藤野涼子さんを信じ、「まっすぐな眼差しと心にかけてみよう。もしそれで成立しないのなら映画は止めよう」とまで言っていたとか。

演技指導が非常に厳しく、藤原さんも何度もその厳しさに涙していたこともあったと言います。

その熱い思いを耳にした藤原さんは、さらに演技に情熱を注いだといいます。

撮影を続けるうちに急成長

そんな藤野さんは、監督から演技に対するアドバイスは受けておらず、ただこう言われていたといいます。

「君は演技の経験はないし、演技力もないのだから、涼子を演じるな。涼子を生きろ」

と言われたのみだったと言います。

そして藤野涼子さんは自分なりに考え、そして涼子を生きることになります。

そして、そこは1万人の中から選ばれた「映画女優の原石」。

めきめきと成長していったと言います。

その成長ぶりは、共演していた佐々木蔵之介さんも目を見張るものだったそうです。

そして見事映画は完成。

監督も「素晴らしい出来だった」とねぎらいの言葉をかけるほどだったと言います。

この時の経験が生き、他の作品でも迫真の演技ができる女優に成長してくれましたね。

その後のドラマや映画でも主演を務める

藤野涼子さんは、体当たりな演技と、役に入り込めるその感性が魅力。

今回のドラマでも、腐女子を演じながら、ゲイである純君を好きになり、そして彼の繊細な思いや悩みに揺れ動きながらも、しっかりと向きあっていく三浦紗枝の役を演じていましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤野涼子(@ryoko_fujino_official)がシェアした投稿

特にこのシーンは号泣でした。

不思議とストーリーにのめりこみ、視聴者の感情を揺さぶる演技ができる。

藤野涼子さんは、そういった演技ができる女優へと成長したということなんですね。

最初に「演技は最下位」と言われて諦めていたら、今の藤野涼子さんはなかったので、不屈の精神だったのでしょうね。




藤野涼子(女優)の演技力の評判

藤野涼子さんの演技力はどんな評価や評判なのでしょうか。

共演者からは演技に関して高評価をうけている

藤野涼子さんは初主演だった「ソロモンの偽証」で、監督から「映画女優の顔だ」と言われています。

また、共演者も藤野涼子さんの演技力を「成長するとこうもなれるのか」と感嘆させるほどだったと言います。

大きな作品に次々と出演されているという所を見ても、藤野涼子さんの演技が高く評価されていると言えますね。

着実に経験を積み、女優としてのキャリアを確実に積んでいる藤野さん。

いつか大女優になる日も近いでしょうね。

視聴者からの評判も高い

藤野涼子さんの演技に対し、視聴者もかなり高評価になっていました。

これは将来が期待できますね!

再放送も楽しみにしていましょう!

藤野涼子が女優を目指すきっかけは何?

藤野涼子さんは14歳で映画の主演を務めています。

なぜ女優になろうと決めたのでしょうか。

お父さんと見るテレビが大好きだった

藤野さんが芸能界に興味を持ったのは小学校5年生のころ。

当時お父さんが映画やドラマなどが好きで、一緒に見ていることが多かったのだと言います。

そんな時ふと「テレビに出てみたいな」と思ったんだそうです。

それから事務所に登録し、歌のレッスンやダンスの勉強などをしていったんだと言います。

その中で「自分じゃない誰かになるのって楽しいな」と女優の面白さにハマっていったんだと言います。

ただ、この時はまだ、女優一本で行こうとは思っていなかったんだそうです。

主演映画で楽しさを味わい女優への道へ

藤野さんを変えたのは、初めての主演映画「ソロモンの偽証」。

厳しい撮影の中、演技をすることに対する楽しさを感じていったと言います。

撮影の終了日にも「このまま終わらないでほしい」と思ったほどだったとか。

その撮影を通して意識がガラっと変わったといい、映画が終わった頃には女優になることしか考えていないというほどの意思が固まったそうです。

本気で向き合ったからこそ味わえた女優としてのやりがい。

そのやりがいをさらに味わうために女優を目指したのでしょうね。




藤野涼子(女優)のプロフィールや出演作品について

それではここで藤野涼子さんのプロフィールや出演作品についてご紹介しますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤野涼子(@ryoko_fujino_official)がシェアした投稿

名前:藤野涼子(ふじの りょうこ)

本名:非公開

生年月日:2000年2月2日

出身地:神奈川県

血液型:B型

身長:162cm

所属事務所:テアトルアカデミー→ケイファクトリー(2016年~)

藤野涼子さんは一人っ子。

両親の愛情を受けすくすく成長しています。

趣味は読書、映画鑑賞やお寺巡りも好きなんだとか。

芸名は初めての主演映画の役の名前をもらったんだとか。

そのため本名は非公開となっています。

藤野涼子の経歴や出演作品

藤野さんは小学5年生の頃に「テレビに出たかった」という理由で芸能事務所に所属。

養成所に通って通行人などのエキストラの仕事をもらい、演技の勉強をしていました。

この時はまだ女優を目指しているわけではなく、「どんな形でもいいから芸能界にいたい」と考える程度だったんだとか。

しかし2014年、「ソロモンの偽証」のオーディションに応募。

半年間の選考の末、主人公の藤野涼子役に大抜擢されました。

この時なんと演技経験がほぼ0、エキストラのみの出演経験、オーディションも初めてという新人同様の藤野涼子さんが主役となった「ソロモンの偽証」

見事涼子役を演じ、2015年には

  • 第40回報知映画映画賞新人賞
  • 第37回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
  • 第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞
  • 第70回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
  • 第11回おおさかシネマフェスティバル 新人女優賞
  • 第25回日本映画批評家大賞 実写部門 新人女優賞(小森和子賞)

と新人賞を総なめするほど評価を受けています。

今回のドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」でも、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞を受賞しているので、演技力についてはお墨付きですね!

藤野涼子の出演作品

藤野涼子さんの主な出演作品はたくさんあります。

ドラマでは

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」「ひよっこ2」に出演。

兼平豊子役を演じていましたね。

他にも時代劇には出演が多く、

2017年には「橋ものがたり 「小さな橋で」」でおりょう役を、

2019年のNHK正月時代劇「 家康、江戸を建てる」では、 前編の 「水を制す」に絹役で出演していましたね。

さらには「名古屋行き最終列車2019」でも主演の岸井波那を熱演。

さらには「ベビーシッター・ギン!」でも相沢サトミ役を演じていましたね。

他にも2019年には「深夜食堂 -Tokyo Stories Season 2- 」の第7話に登場。

映画では

2016年に「クリーピー 偽りの殺人

2018年には「輪違屋糸里 〜京女たちの幕末〜」で 主演の天神糸里役を演じました。

2019年からは舞台にも挑戦。

「私たちは何も知らない」や「佐渡島他吉の生涯」にも出演しています。

信用組合のイメージキャラクターとしても人気がある藤野涼子さん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤野涼子(@ryoko_fujino_official)がシェアした投稿

こえからも多くの作品に出演してほしいですね!

おわりに

今日は藤野涼子さんについて書いてみました。

本当に才能を開花させるのに自分で必死に努力された藤野涼子さん。

撮影期間中に学校の登校日に登校したら、役になり切れず戻すのが苦労したというほど役者魂にあふれる女優さんです。

そんな藤野さんの演技が見られる「腐女子、うっかりゲイに告る。」は2020年6月13日から毎週土曜日の午後11:30~です。

カッコいいと人気が集まる内藤秀一郎さんも出演していますよ!

内藤秀一郎の彼女はラストキスのえり?結婚の噂や好きなタイプについても今週の土曜日から再放送が始まる「腐女子、うっかりゲイに告白する。」 主役の女優さんの演技が素晴らしいですね! その中でもひと...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。