レアル背番号11のベイルのゴール動画まとめ!プロフィールやファインプレー集も

この記事は5分で読めます





こんにちは!みやもんです。

欧州チャンピオンリーグの決勝戦が終わりましたね!

優勝は史上初の3連覇を成し遂げた、レアル・マドリード!

相手チームのリバプール(イングランド)を破り、見事なまでの試合展開でしたね!

サラーの途中交代や、相手方のカルバハルも足を痛め交代になるなど、アクシデントがある中、見事に点を重ねて行ったのは、フォワードのガレス・ベイル選手!!

見事なまでのオーバーヘッドキックでしたねー!

ベイル選手のゴールは芸術的ともいえるべき、美しく完璧なシュートですね!

見惚れます・・・!

一流のGKであっても、きっと見惚れてしまうような(そして止められない)ゴールですね。

ベイル選手の芸術的なゴールの動画、そして彼のプロフィールについても書いていこうと思います。

1:背番号11のガレス・ベイルのゴール映像や動画は?

今回の決勝戦の試合では、ベンゼマが先制点をあげたものの、相手チームのマネに点を取られ、同点に追いつかれてしまいます。

エースFWサラーもまさかの途中交代。今季公式戦44得点を挙げているエース不在のまま、試合を展開しなければならなくなりました。

ベンチスタートで始まった試合を見つめていたベイルが交代したのは、後半16分。

存在感を示せなかったイスコの思いを胸に、一気に試合展開を変える事になったのです!

そして、直後の後半19分に強烈なオーバーヘットゴール!

さらには同38分、芸術的なロングシュート!!

リバプールのGK、ロリス・カリウスもミスしてしまうほどのゴール!

これにはファンからも感嘆の声があがりました!

そしてさらに、試合運びも神ですね!このパスが素晴らしい!

何をやっても素晴らしい!ベイルがこの試合の主役になるのも頷けますね!




2:ベイルのプロフィールは?

ガレス・フランク・ベイルは1989年7月16日生まれ。

 

イギリス・ウェールズ・カーディフ出身です。

2人兄弟の末っ子で、叔父クリス・パイクがサッカー選手だったこともあり、早い時期からスポーツの才能を開花させていくことになります。

9歳の時にはすでに、サウサンプトンのスカウトに声をかけられていたそうです。

ウィッチチャーチ高校では、ホッケーやラグビー、そして長距離走など、多くのスポーツに親しみ、その才能を伸ばしていきます。

ポジションはフォワード。

デビュー当時は左サイドバックでしたが、左右サイドハーフ左右ウィングもこなします。

カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドとの3トップの中に入り、頭文字をとってBBCとも呼ばれています。

ウェールズ代表の最多得点記録の保持者であり、2016年のUEFA EURO2016では決勝トーナメントにチームを導きました。

2005年7月にサウサンプトンFCと契約し、2006年4月17日に16歳でプロデビューを果たし、同年にはヤング・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーに、またフットボールリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれています。

2007年にはトッテナム・ホットスパーFCに移籍金700万ポンドで移籍。期待通りの活躍を見せてくれます。

しかし、2007年12月の対バーミンガム・シティ戦でファブリス・ムアンバにタックルを受け、右足の人体に大けがを負い、シーズン後半は戦線離脱を余儀なくされてしまいます。

加えてベイルが出場した試合ではトッテナムが勝利できない事態が続き、「彼が出場した試合は負ける」というジンクスが知れ渡りましたが、見事2009年9月のバーンリーFCでの試合でベイルを出場させ、このジンクスを終わらせました!

その後もケガと向き合いざるを得ない、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を得られず、ベイルの移籍も取り沙汰されたなど苦労もしましたが、2013年PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞を獲得するまでの復活を遂げます!

2013年にはレアル・マドリードへの移籍が発表され、移籍金は8600万ポンド。

その後もケガに苦しんだり、自己中心的なプレーと批判されることもありましたが、2015-2016のシーズンでは、欧州最優秀選手賞最終候補に選ばれました。

2017年11月28日、DFフエンラブラダ戦での出場で通算160試合目の出場となり、デビット・ベッカムを越えて英国出身選手としてクラブ最多試合出場記録を更新しました。

性格は穏やかな性格と言われ、トッテナムのハリー・レドナップ元監督からは「性格がすごくいい子なんだ。手がかからなくていい子はそういないよ」とまで言われています。

穏やかな性格から繰り広げられる技の数々にファンはうっとりするばかりですよね!

 

 




3:ベイル選手のプレースタイルは?

ベイル選手の得意なプレーは、向井点シュートでのゴール!

今回の試合でもそれが見事に得点につながりましたね!

あのシュートを防ぎきれなかった相手チームGKのカリウスも、あのシュートについてこんなコメントを残しています。

そして、ドリブル時の速度は何と36.9km/h!

世界最速とも言われています

レアル・マドリードに移籍するまでは左ウィングやトップ下でのプレが得意でしたが]、同チームに籍を置くクリスティアーノ・ロナウド選手が左ウィングにポジションを取っていたため、移籍後は主に右ウィングでプレーすることにしています。

そのプレースタイルは同じくウェールズ出身のサッカー選手である、ライアン・ギグスに似ているため、「ギグスの後継者」ともいわれているとも!

もう神の領域ですね!どんな練習をしたらこんなゴールができるんでしょうね・・・

後継者として素晴らしい活躍に期待ですね!

3:これまでのスーパーゴールは?

これまでにもたくさんのスーパーゴールを決めているベイル選手。

スーパープレイを集めた動画がありました!


開始位置

さすがとしか言えない、そんな映像ですね!

本当にこの選手と同じ試合で戦ったら鳥肌が立ちます!

4:まとめ

いかがでしたか?

本当に興奮した決勝戦でしたね!

2002年のジダン監督が現役時代に欧州CL決勝レーバークーゼン戦で決めたボレーシュートをほうふつとさせるようなゴールでしたね!


本当に美しいとしか言えないようなゴールは、リアルで見たら鳥肌が立ちますよね!

ロナウド選手を抜いてこの試合で主役になったベイル選手。

相手チームのカリウスのファンへの「ごめんなさい」の涙と、暖かく迎えてくれていたファンの拍手も涙を誘いましたね。

これからもスーパープレイを通して、サッカーファンに感動を与えてほしいですね!

ただ、退団を示唆するコメントを試合後に本人が言っていたのが気になります。

夏までには決断をするということなので、これからも彼の行動をチェックしておきましょう!

本当に、素晴らしい試合をありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。