野球

小牟田龍宝(青森山田)のプレースタイルやケガは完治した?進路やプロの評価も

今年は全国高校野球甲子園がありません。

この夏は感動の試合が多く見られないのが本当に残念ですね。

ただ、各高校にはぜひプロ入りを!

という選手がたくさんいますね。

その中でも小牟田龍宝選手に注目が集まっています。

今日はそんな小牟田龍宝選手について書いていきますね。







 小牟田龍宝投手のプレースタイル

小牟田投手のプレースタイル。

一体どんな感じなのでしょうか。

ストレートとスライダーが持ち味

小牟田投手の持ち味は、ストレートとスライダー。

ストレートは打者に迫るような勢いがあります。

ストレートは最速150キロまでの速さを投げることができるのですが、打者に迫る投球なので、実際より速く見える球になります。

変化球はバットをかいくぐることがあり、コントロールが抜群なことがうかがえます。

テイクバックでの右手の使い方が抜群で、腕も背中に入らずスムーズに右ひじが高く上がることで、力むことなく腕を振り下ろすことができます。

指がしっかりボールにかかった時、低めの角度で投げることができるので、三振を取ることができます。

他にもカットボール、チェンジアップも持っているので、打者を翻弄して打ち取ることができる投手です。

常時140キロ前後の速球を安定して投げることができますが、球速というよりは回転数や変化球で勝負を挑むタイプでもあります。

回によって投球を変える頭脳派

小牟田投手の投球は、初回はチェンジアップ、中盤ではスライダー、終盤は直球に力を入れていくなど、回数によって目的をもって投げることができます。

そのため、その回の状況やコンディション、試合展開によって様々に作戦を立ててゲームコントロールをすることができます。

ボールを押し込んで三振を取ったり、振らせる球を投げることも出来るので、打者は予想がしにくく、大事なところで三振をきっちり取ることができます。

パワーで押しこむのではなく、テクニックで試合を運ぶセンスの持ち主でもあると言えます。

課題もあるが完成されている投手

小牟田投手は良い野球センスの持ち主である一方、成長すべき課題もあります。

それは下半身の使い方。

反動をつけるために右ひざを曲げることで、右肩が下がってしまって体重が後ろに残ってしまう事があります。

そのため、上下のリリースのばらつきが生まれ、特に立ち上がりにコントロールが定まらないこともあります。

しかし、フォームに関してはそれをフォローしてもしっかりと打者を打ち取ることができているので、高校生の中では完成されているのではないでしょうか。

福岡ソフトバンクの泉圭輔選手に似ているのではないでしょうか。

下半身を鍛えることでもっと成長することができる選手でもあるため、これからの活躍や成長が期待されますね。




小牟田龍宝投手の故障は完治した?

小牟田投手は実は昨年秋に第一線から離脱しています。

右肩痛でノースロー調整

小牟田投手は昨年秋に右肩に痛みを覚え、ノースロー調整で肩の痛みから脱却しました。

ただ、冬には雪上で長距離や短距離ダッシュも課して下半身強化を中心に行っています。

故障をしても甲子園は見越してしっかりとできることをしていたんですね。

体重も昨秋の74キロから一時は82キロまで増加することで、3月末にはブルペンで150キロをマークすることができます。

故障は完治だが油断はできない

小牟田投手の故障は、今年の成績などを見て、現在は完治しているとみて良いでしょう。

ただ、元々小柄なこともあり、投げる時には踏み出し脚の勢いを使って真上から振り下ろすために、重要である下半身が故障した時は投げられなくなる可能性があります。

そのため、小牟田投手は全身くまなく調整しケアをすることが求められますし、その調整能力もプロを目指すのであれば必要になってきますね。

自分でも自覚していると思われますので、しっかりと調整していってほしいですね!

 

巨人にドラフト1位で指名された、1学年上の堀田賢慎ほどのスケールの大きさはないものの、フォームに致命的な欠点がなく、リリースの感覚も良いため体ができればまだまだ伸びそうな雰囲気が漂っている。秋は故障で出遅れて思うような成績を残すことはできなかったが、万全の状態に戻ればプロも放ってはおかないだろう。

小牟田龍宝投手の進路やプロからの評価も紹介!

小牟田投手の進路も気になるところですよね。

一体高校卒業をしたらどうするのでしょうか。

プロ一本に絞る

小牟田選手は、大学進学や就職ではなく、プロ一本に進路を絞っています。

他の進路を断ち、プロ入りをまっすぐ目指して進むところに野球にどれだけ本気かが見えてきますよね!

そのため、きっと部員の誰よりも練習をこなし、そしてスカウト陣へのアピールもしっかりとしているのではないでしょうか。

ただ、プロからの評価も気になるところですよね。

一体彼に対してどんな風に評価しているのでしょうか?

すでに8球団から視察を受けている

小牟田投手が通う青森山田には、昨年秋のドラフトで巨人から1位指名を受けた堀田賢慎選手がいたこともあり、早くからその手腕に注目がされていました。

すでに8球団13人のスカウト陣が小牟田投手の元に集まり、その技術を厳しい目でチェックしています。

しかし各球団が小牟田投手の実力を高く評価しています。

巨人のスカウト陣は

投打ともにセンスの塊だ。非常にばねを感じさせる選手。躍動感や馬力がある

広島のスカウト陣は

腕の振りがいい。直球の質が良いから球速以上に速く感じます

DeNaからは

東北・北海道では間違いなくナンバーワンの選手。打撃もいいし、腕力もある。身体能力がとにかく高い
スライダーは堀田以上。まっすぐで押していける良い選手。

といった高評価を受けています。

これは今年の秋は小牟田投手が複数指名を受けるシーンがあるかもしれませんね!




小牟田龍宝(青森山田)のプロフィールや経歴を紹介!

それではここで、小牟田龍宝選手のプロフィールや経歴を紹介していきますね!

小牟田龍宝投手のプロフィール

名前:小牟田龍宝(こむた りゅうほう)

生年月日:2002年9月24日

出身地:東京都足立区

身長:178cm

体重:82kg

投打:右投右打

 小牟田龍宝投手の経歴

小牟田投手は小学1年生の時に足立レッドファイヤーズで野球を始めます。

中学に入るとは東京神宮シニアに所属し野球の腕を磨きます。

青森山田孝行では1年生の春から控え選手としてベンチ入りを果たします。

1年生で夏の予選デビューを果たし、3回を投げて0点に封じます。

さらには秋の県大会の3位決定戦で八工高相手に完封勝ちを飾ります。

しかし東北大会で鶴岡東に敗れ8強で終わります。

夏の予選でも3回戦で敗退。

2年秋は肩の故障によりレフトで出場。

準々決勝の7回途中から救援でマウンド復帰を果たしました。

3年の今はエースとしてチームを引っ張ります。

どんな試合を見せるのかがこれからも楽しみですね!

おわりに

今日は青森山田の小牟田投手について書いてみました。

これからどんな試合展開を見せるのかが楽しみですね!

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。