注目の人

鈴木翔太(深海魚アート博士ちゃん)の小学校やwiki風プロフィール!母親や作品の絵も紹介

毎週素晴らしい才能を持った博士ちゃんを紹介し面白い内容を作っている「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」という番組。

今回の放送では、深海魚アート博士ちゃんが登場します!

鈴木翔太さんという方は深海魚を描いている小学生なんですね。

一体どこの小学校に通っているのか、プロフィールや絵についても今回紹介していきます。







鈴木翔太(深海魚アート博士ちゃん)の小学校はどこ?

今回番組に出演する鈴木翔太さん。

現在小学5年生ですが、一体どこの小学校に通っているのでしょうか?

小学校について

鈴木翔太さんは、静岡県にある沼津市立香貫小学校に通っています。

徳倉山のふもとにある、緑豊かな場所にあるのどかな小学校です。

生徒はおよそ500人ほどなので、結構大きな小学校のようですね。

ここで毎日元気いっぱいに勉強や遊びをしているんでしょうね。

鈴木翔太のwiki風プロフィールや経歴

深海魚が大好きで、個展まで開くほどの鈴木翔太くん。

それではここで、鈴木翔太くんのプロフィールや経歴を紹介します。

鈴木翔太(深海魚博士ちゃん)のwiki風プロフィール

【山下ふみこ沼津市議会議員様・ありがとう!!!】

知人のご紹介で、ふみこ沼津市議会議員様に
しょうたと二人、ご挨拶に伺いました。

「しょうたくん、知ってるよ!
絵も見たことあるわよ!」と満点笑顔。
とても明るくて、しょうたにも気さくに、…

小学生いきもの水彩画家 / すずきしょうたさんの投稿 2020年3月24日火曜日

 

名前:鈴木翔太(すずき しょうた)

生年月日:2010年1月31日

学年:小学5年生(2021年1月現在)

出身地:静岡県

身長:非公開

血液型:非公開

肩書き:沼津市公認おさかなアートクリエーター

絵を描くことが大好きな鈴木翔太くん。

「描いて楽しい魚を選んでいる」

ということが、どの魚を描くのかの基準になっているそうです。

なお、深海魚を選んだ理由は

「まだ知られていない種類が多く、奇妙な動きがとても気になる」

からなんだそう。

お魚は、描くのも食べるのも大好きなようで、食べるのに好きなお魚は

  • キンメダイ
  • クロムツ
  • シロムツ
  • 釜揚げシラス
  • タチウオ
  • ウナギの蒲焼

と、何ともお魚が美味しい沼津市在住ならではのチョイスです。

母親である千春さんはそんな照太くんの好みについて

「高級魚の焼き魚と煮魚にほんと目がないんです」

と話しているところを見ると、どうやら絵の才能の他に、本物を見分ける舌も育っているようですね。

ちなみに将来の夢は「水族館の飼育員」なんだとか。

さかなクンと共演したらきっと誰も話に入れないほど、魚の話で盛り上がりそうですね!

鈴木翔太の経歴

鈴木翔太君が絵を描き始めたのはなんと1歳ごろ。

おそらく最初はぐるぐると言った絵に見えないものだったと思いますが、次第に恐竜や爬虫類などを描くようになっていったといいます。

最初の頃は特に車や電車が好きでよく描いていたそうです。

保育園の先生に褒められたこともあり、ますます絵にのめり込んでいったんだといいます。

そしてたくさん絵を描いているうちに、沼津市の観光資源として身近な「深海魚」の魅力にハマり、次第に夢中になっていったといいます。

2017年の小学1年生の時、沼津市にあるコンビニの店内に、深海魚のイラストを描き上げたことで話題になりました。

ちなみにこの時描いた絵画はオークション形式で販売し、売上の60%(120,000円)を深海魚のPR に取り組む一般社団法人に寄付をしています。

さらには沼津市戸田にある「道の駅くるら戸田」にて、冬休みから3か月間、「ぼくのだいすきなしんかいぎょ展」も開催。

2018年には爬虫類を題材とした水彩画展「爬虫類ぐるり」を静岡県内8か所で巡回開催。

その売上の60%は「体感型動物園izoo(イズー)」に寄付しています。

鈴木翔太さんは売上を寄付することが多く、その時の理由も「亀のために役立ててほしい」という思いからだったと言います。

駿河湾の深海魚を中心とした生物を水彩画で表現した絵は見る人を感動と驚きへと導いています。

鈴木翔太さんは「絵だけは他の子達に負けないように頑張る」と決め、好きな対象物を色とりどりに描いています。

それは恐竜から始まり、古代魚を経て深海魚へと変わりましたが、描く時の大好きという気持ちは今も変わっていません。

2019年3月には沼津市庄司美術館で 「9歳すずきしょうた展・駿河湾の海洋生物たち」を開催。

2020年6月には東京しながわ水族館で「しな水の深海生物展~深海魚のまち沼津から絵描き少年がやってきた~」を開催しています。

現在も様々な作品を手掛け、精力的に活動を展開しています。

また、沼津公認おさかなアートクリエイターにも任命されています。

鈴木翔太の受賞歴

鈴木翔太さんは数多くの賞を受賞しています。

2018年

  • 燦々ぬまづ大賞「大好きな深海魚を燦々描いたで賞」受賞
  • MOA美術館沼津児童作品展「沼津市長賞」受賞
  • 河湾の深海魚アートデザインコンテスト「タカアシガニ賞」受賞

2019年

  • MOA美術館沼津児童作品展「沼津市自治会連合会長賞」受賞

2020年

  • 沼津市公認おさかなアートクリエーター任命




鈴木翔太の母親は?

鈴木翔太さんはお母さんが活動のサポートをしています。

一体どんなお母さんなんでしょうか。

鈴木千春さん

鈴木翔太さんのお母さんは、鈴木千春さんという方。

【夏休みは淡島ホテルで展示します】
現在、下田海中水族館で展示中の
「すずきしょうた展 駿河湾の海洋生物たち」。
7月20日(土)~8月31日(土)まで淡島ホテル内にて
展示することが正式に決定しました。

昨日は淡島ホテルでお打合せ。

小学生いきもの水彩画家 / すずきしょうたさんの投稿 2019年5月20日月曜日

 

売場デザインのコンサル業をしているそうです。

コンビニに絵を描くきっかけになったのも、お母さんなんだそうです。

千春さんはコンビニの商品販促アドバイスを行っていたのがきっかけになり、翔太さんが絵を描くことになったんだとか。

この時、千春さんは県の助成事業として担当したことで、売り上げが120%に上がったんだそうです。

そして、お店と戸田を盛り上げる策として「深海魚を描いてみてはどうか」と提案し、翔太さんの絵を描くことにつながったんだそうです。

深海魚を描いたお店はYショップ戸田山崎店

鈴木翔太さんが深海魚を描いたお店。

「Yショップ戸田山崎店」というそうです。

残念ながらすでに閉店しているそうです。

鈴木翔太君は売上の一部を地元に寄付したりと、地元を活性化させるために頑張っているんですね。

翔太さんが活躍できる場所をしっかりと提供し、サポートも忘れない敏腕なお母さんがいるからこそ、翔太さんがどんどんとその才能を開花することができるんでしょうね!

鈴木翔太の作品を紹介!

それではここで、鈴木翔太くんが描いた作品を紹介していきますね。

鈴木翔太の作品

毎回お母さんの解説と感想があるのが微笑ましいですね。

【新作完成☆】
アロワナの捕食と、それを見つめるグッピー。
なんとも複雑な気持ちになるのは
私だけでしょうか(笑

現在個展開催中の淡島ホテルでも、
たくさんの方が見てくれているそうです。
特に「絵は販売しないんですか?」の声が多く
本当に…

小学生いきもの水彩画家 / すずきしょうたさんの投稿 2019年8月8日木曜日

こんな丁寧に描いていると知ると、絵に愛着もわいてきますね。

地域貢献も

鈴木翔太さんは地域貢献の活動も積極的に行っています。

おわりに

今日は深海魚博士ちゃんの鈴木翔太くんについて紹介しました!

「お友達が少なかったけど、絵を通して仲良くなることができた」と話す鈴木翔太さん。

これからも感動する絵を描き続けてほしいですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









 

 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。