ためになる知識

年賀状の子どもの写真は中学生まで載せていい?おススメの作り方についても紹介!

年賀状に子供の写真を載せて送るご家庭は多いです。

子供の成長を写真で伝えられる手軽な方法ですが、子供が大きくなるにつれ、いつまでも続けるわけにはいかなくなります。

ここでは、毎年子どもの写真を年賀状に載せていたが、子どもが中学生になり写真がないので、どうしたもんかと悩んでいる保護者に向けて、今後の年賀状の書き方やおすすめ方法をご紹介していきます。

=======================

年賀状の子どもの写真は中学生まで?

 

中学生で写真を載せなくなる家庭が多い

年賀状の写真は小学生までにしている家庭は多いです。

子供が複数の場合、下の子が小学校を卒業するタイミングで、写真も卒業としている人が増えています。

子どもが写真を嫌がることがある

子供が中学生でなくても、成長していくにつれて写真を嫌がる子供も多いです。

いい写真があればいいのですが、見つからない場合もあります。気軽に載せていた写真でも、子供にとっては大切な1枚になるので、慎重に選ぶことが大切です。

無理に載せることはない

年賀状に写真を載せることが当たり前に感じている人が多いのですが、そんなことはありません。

子供が嫌がれば無理に載せることはなく、代わりに干支の写真やお正月に合う
写真を選ぶとよいでしょう。

顔を載せるのが嫌な場合、後ろ姿でもいいでしょう。

写真を楽しみにしている人には近況をコメントする

中には、写真を楽しみにしている人もいると思います。

そんな方にはメッセージを載せてあげるとよいです。

子供が大きくなったので、写真は卒業しますという内容を添えると、それだけでも子供の成長を伝えることができます。




年賀状のおススメの作り方についても紹介!

芋ハンコを手作りする

自分で芋ハンコを作っても喜ばれます。

オリジナリティがあり、インパクトがあるので悩んでいる方は試してみるとよいでしょう。

芋を自分で削り、カラフルなスタンプを用意すれば素敵な芋ハンコができます。

いろいろな種類を作れるので、自分も送られた側も楽しめます。

干支の写真にする

写真の代わりに干支の写真を入れてもよいです。

また、家族で○○に行きました!というような昨年の出来事を写真にする方も多いです。

簡単に自分で書いてみるのもよい方法です。

おみくじシールを活用する

100均などでおみくじシールが販売されています。

そういった手軽なものも活用すると楽しめます。

おみくじだけではなく今年の運勢などの占いバージョンもあるので活用してみましょう。

年賀状作りが大変な時はどうする?

メールで送る

忙しくて送るのが難しい場合は、メールでの新年のあいさつにしても大丈夫です。

その際は、文章だけではなく、新年スタンプも用意しておくとよいでしょう。

自分で文字を入力してスタンプにできるものもあるので、メールにしようと思っている方は自分の好みのスタンプを見つけておきましょう。

業者に依頼する

しっかり作りたいが忙しくて手が回らないという場合、業者に依頼してもよいです。

載せたい文章や写真があればきちんと伝えましょう。

お金はかかりますが、プロに依頼すれば仕上がりはキレイで確実です。

おわりに

今まで子供の写真で年賀状を作っていた方は、子供の成長(小学校卒業を目安または中学生まで)に連れて、子供の写真の年賀状を卒業し、別な方法での年賀状に挑戦してみるのもよい方法です。

工夫一つで、自分も相手側も楽しめる年賀状になることでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。