本田選手のきよきよしい発言の他にも読み間違える言葉はあるの?失敗しない方法も

この記事は3分で読めます





こんにちは!

本田圭佑選手のW杯でのインタビューで、話題となったあの「きよきよしい」

「清々しい」を「きよきよしい」と読み間違えてしまったと、本田圭佑選手本人のtweetでありましたね。

本田圭佑選手のきよきよしい発言は本当に読み間違い?意味や流行語の可能性も

そうなんです、意外と、日本語って読み間違えしている言葉が多いんですよね。

きよきよしい以外にも読み間違えやすい言葉ってあるの?間違えないようにするにはどうしたらいいの?

今日はそれらについて書いていこうと思います。

1:「きよきよしい」 以外にも読み間違えやすい言葉って何があるの?

「清々しい」をそのまま読み、「きよきよしい」という発言になってしまった今回の本田圭佑選手。

意外にも「私も!」という人もいました。


日本語は、読み方が難しいというもの、誤解したまま覚えているものが多く、社会人になって人前で発言したりするときに、上司や仲間から「この読み方、違うよ」と指摘されるんですよね。恥ずかしい!

ここで、意外と間違えている、間違えやすい言葉をご紹介します。

皆さんはいくつ合っているでしょうか?

チェックしてみてください!

①貼付

こちら、「はりつけ」と読みがちですが、実は「ちょうふ」です。

②続柄

「ぞくがら」と読んでいた方、残念!

「つづきがら」でした!

③早急

こちらも「そうきゅう」と読みがちですが、実は「さっきゅう」が正解です!

私も間違えてました!

④雰囲気

こちら「ふいんき」か「ふんいき」か迷う事もありますよね。

正しくは「ふんいき」です。

⑤乳離れ

「ちちばなれ」なんて読んでいませんか?

実は「ちばなれ」なんです!




⑥依存心

「いそんしん」と読みがちですが、正しくは「いぞんしん」なんですね。

⑦間髪

「かんぱつ」と私も読んでいましたが、正しくは「かんはつ」です。

なんかしっくりきませんね・・・

⑧一段落

「いちだんらく」と読んでいませんか?

正しくは「ひとだんらく」です!

⑨重複

「じゅうふく」とそのまま読むと間違いになります!

「ちょうふく」が正解です!

⑩強ち

「つよち」とそのまま読んではいけません!

「あながち」です。

 

いかがでしたか?

案外間違えて読んでいる言葉って多いですよね。

間違えて使っている事に気づいていない場合もありますので、くれぐれも前で話す時は注意しましょうね!




2:間違えないようにするにはどうしたらいいの?

なかなか漢字の読み間違いに気づくことってできないですよね。

事前に読み方を辞書で調べられたらいいのですが、それもなかなか難しいですよね。

そんな時、いくつか方法があるのでご紹介しますね。

①人に聞く

この方法ですと、すぐに結果が分かるというメリットがあります。

ただ、相手も間違えた読み方で覚えていると、結局聞いたのに・・・という話になりますので、聴く相手は選びましょう。

②辞書で調べる

この方法ですと確実に読み方が分かるのでお勧めです。

電子辞書で調べる方法と、携帯のアプリで調べる方法があります。

携帯のアプリですと、漢字を手書きで入力し、そこから読み方を判定しますので、間違いもなく手軽で便利です。

こうやって確実に確認できるようになると、間違えて恥ずかしい思いをしなくても覚えられるようになります。

わからない読み方があったらすぐに調べる、という癖をつけていくといいですね!




3:まとめ

いかがでしたか?

「本多語録」として流行語にも入りそうな勢いの「きよきよしい」

カリスマ性がある本田選手であれば受け入れられやすいですが、私たちは少しでも恥ずかしい思いをしないように、正しい読み方で覚えていきましょうね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。