ドローン傘(ドローンブレラ)の販売値段はいくら?取扱店舗と評判についても

この記事は3分で読めます





こんにちは!

日々進化していく技術の中で、画期的な商品の開発が進んでいます!


その想いを実現したドローン傘が開発されたのです!

ドローン傘はどんなもの?値段や発売店舗は?評判はどう?

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:ドローン傘(ドローンブレラ)はどんなもの?

今回開発されたドローン傘「「DroneBrella(ドローンブレラ)」は、デジタルと手品を組み合わせたマジックショーを行うMoullaとAugmented Magicが、傘を使ったマジックショーからアイデアを生み出し開発されたもの。

確かに手品は両手を使いますので、雨の日は傘をさしてしまうと片手がふさがりますので、これは画期的な発明ですね!

このドローンブレラはスマホを使い、手動操縦と自動操縦モードの2つに切り替えが可能だといいます。

映像がで見るとその近未来的な発想に驚きますね!

雨の日に荷物や嵩で両手がふさがってしまう事も、自動操縦の追尾モードで解決してくれます。

カフェテラスでも濡れてしまう時にこのドローン傘を使えば、不自由することなくお茶ができますね!

 




2:値段や発売店舗は?

こちらの「ドローンブレラ」実は製品として販売はされていないのだそう。

ですが、これから商品化の希望が高まれば、いくつかの課題(大きさ、耐久性、値段、ドローンの使用区域など)をクリアした後に発売されることでしょうね。

その場合、性能によって10,000円~100,000円と値段に幅がありますが、軽量化、傘仕様という事なので、3万円~5万円ほどで発売されるのではないでしょうか。

また、受注生産でネットでの販売限定になるかと思われます。

ただ、風がふいた時、また周りとぶつからないか、本当に濡れないのか、など、気になる点はいくつかありますよね。

この「ドローンブレラ」ではありませんが、実は日本の企業が「ドローン日傘」なるものを開発し、2020年には商品化する方向で動いている事がわかりました!

ドローン日傘(フリーパラソル)の値段と発売日は?評判や雨で使えるかどうかも

こちらの商品であれば、近々私たちもハンズフリーで傘をさすことができそうですね!




3:評判は?

ドローン傘の開発に、Twitterでも様々な意見が飛び交っています。


確かに、子ども連れのママにとっては、買い物に行った後など荷物が増え、傘をさせなくて困った・・・という事は多いと思います。

値段が手ごろだった場合、子連れママにも1台ドローン傘がある時代が来そうな予感がしますね!




4:まとめ

いかがでしたか?

雨の日に傘をさすと、どうしても片手がふさがってしまい、荷物も増えてしまうので、ドローン傘が普及すると、自由に両手が使えるようになっていいですね!


将来的にはハンズフリーになる商品が開発され、私たちの生活がますます便利になってほしいものですね!

これからの情報に期待しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。