ドラマ下町ロケットゴーストのキャストは誰? 立川談春は殿村役を続投するの?

この記事は4分で読めます

こんにちは!

私が大好きなドラマ「下町ロケット」の続編が、2018年秋にドラマ化されることが決定しました!

嬉しいーーー!

今回のドラマでは、どんな難問にぶつかり、どんな夢を追いかけるのでしょうか?

下町ロケットゴーストのキャストは?立川談春さんら前作のキャストは続投するの?

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:下町ロケット続編「下町ロケットゴースト」に立川談春さんら前作のキャストは出る?

2015年に制作されたドラマ「下町ロケット」が好評を博し、その続編である「下町ロケット ガウディ計画」が2018年7月6日に文庫本として発売されましたね!

下町ロケット ガウディ計画 (小学館文庫) [ 池井戸 潤 ]

今回のドラマは「下町ロケット」の続編「下町ロケット ゴースト

主演は阿部寛さん!

そしてそして!シリーズの中でも重要、かつ存在感が大きく共感を得た殿村直弘役の立川談春さんは、続投が決定しました!

嬉しいですねー!!

今回は佃社長とどんな難題に立ち向かっていくのでしょうか?

そして、佃社長と共に、佃佃製作所の社員を引っ張っていってくれるのでしょう?

「数字はウソをつきません」「この取引はうちの方からお断りします」といった、胸がすーーっとするセリフが、今回も出るのでしょうか?

佃社長とのタッグも見ものですね!

今回殿村直弘さんがぶつかる壁の一つに、介護問題があります。

殿村の父親が倒れ、300年続く農家の実家に帰る殿村さん。

父親の看病と畑仕事の手伝いにと、週末ごとに帰省する殿村さん。

現代日本が抱える問題の一つを、どう殿村さんは佃社長と向き合い、乗り越えていくのでしょうか?

また共感しまくる事間違いないですね!

2:他のキャストは?

「下町ロケット」の佃航平社長を演じた阿部寛さんはもちろん続投ですよね!

他のキャストで前作から続投が決定しているのは、

山崎光彦役の安田顕さん!

佃製作所の技術開発部長の彼は、今回のピンチにどう立ち向かうのでしょうか?

津野役の中本賢さんも!

江原 春樹役の和田聰宏さんも出演が決定しています!

迫田 滋役の今野浩喜さんも!彼、大好きなんですよね!本当に、こんな社員いるよねーってすごく共感するのです。

唐木田 篤さん演じる谷田歩さんも続投が決定しています!

それ以外のキャストはまだ情報が公開されていません。

情報が公開され次第更新していきますが、個性的なキャラクターや、日本ならではの企業人などが出てくるのでしょうね!

(2018.8.10追記)

新しくキャストが発表されました!

私にとっては嬉しいキャスティングでした!

ガウディ計画のチームリーダーにもなった立花洋介さんを演じるのは 竹内涼真さん!

ひたむきさに心が洗われました。今作もそんな感じなのでしょうね。

そして、存在感抜群だった航平の娘、佃利菜さんは前作同様土屋太鳳さんが演じます!

父の背中を見て、何を感じ取るのでしょうか・・

技術開発部の加納 アキさんは朝倉あきさんが続投します!

カッコいいですね~今作はどんな活躍をしてくれるのでしょうか!

そして、航平の元奥さんである和泉 沙耶さんも、真矢ミキさんが演じます!

航平のお母さん役の佃和枝さんは倍賞美津子さんが演じています!

また家族みんなでご飯食べるシーンとかが見られるのでしょうか・・。

神谷・坂井法律事務所代表で、勝率8割の弁護士である神谷修一さんは 恵俊彰さんが再演します!

そして、「にっこり笑って人を切る」と言われた水原重治さんは、木下ほうかさんが演じます。
もうはまり役です!ほうかさん!

そして、「あの嫌な弁護士さん」との印象が強い中川京一さんを、池端慎之介さんが続投します!

前作で終わりと思われていましたが、今作も出演されるので、どんな風に佃製作所と関わるのか、気になって気になって仕方ありません!
でも、前作のキャストがそのまま続投されるのは、嬉しくてたまりませんね!
(2018.10.14追記)
下町ロケットに、あの落合福嗣君が俳優としてデビューすることが分かりました!

落合福嗣の現在の仕事や家族は?出演作品や実力も紹介!

イモトアヤコさんや古舘伊知郎さんも出演し、名だたる話題の俳優さんが出演するドラマなんて、なかなかないですよね!




3:原作はあるの?

実は原作は、2018年7月20日発売の「下町ロケットゴースト」になります。

ドラマ化が発表されてからの発売、何だかとても素敵な流れですし、「どんな話なんだろう・・・」と気になりますよね。

これまで、特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画などを社員一丸となって乗り越え、夢を追い求めてきた町工場「佃製作所」に、今回さらなるピンチが押し寄せます。

バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、社長の交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと告げられます。

さらには主要取引先からも小型エンジンの取引削減を告げられ、コスト重視という世の中の流れに、技術力が売りの佃製作所はどう対応するのか?

そんな中、実家の父親が倒れ、必死に畑仕事や介護を手伝う殿村さんを見舞う佃社長と山崎さん。

そこでトラクターを運転する殿村さんを見て、佃社長の中に生まれた新たな夢とは?

佃製作所のピンチを脱するために、佃社長が出した決断とは何か?

気になる方はぜひ原作を買って読んでみてください!

楽天なら送料無料で購入できます!↓↓

下町ロケット ゴースト [ 池井戸 潤 ]

4:まとめ

いかがでしたか?

どんな困難があっても、意外なアイデアや切り口からその問題を解決し、夢に近づくために一生懸命になる姿に感動する「下町ロケット」

今回「宇宙(そら)から大地へ」というサブタイトルから予想される通り、ロケットの夢から地上への夢をどう叶えていくのか?

原作者の池井戸潤さんは「まさに現代日本が抱えている難題の一つが出てきます」とコメントしています。

その難題にどう立ち向かっていくのか?

一人一人のキャストに焦点を当てたストーリー展開にも、期待が高まりますね!

ドラマの放送は、TBS系で2018年10月14日(日)から、毎週日曜午後9時~で放送される予定です!

続報が出次第更新していきますので、気になる方はブックマークをお願いします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。