シンカリオンで見たリニア鉄道博物館に行きたい!混雑と子連れでの回り方も

この記事は2分で読めます

こんにちは!

土曜日朝に放送している「シンカリオン」に、名古屋にあるリニア鉄道館が放送されますね!


シンカリオンで見たリニア鉄道館の混雑具合は?子ども連れでのおススメの行き方は?

今日はそれについて書いていこうと思います。

 1:リニア鉄道館の混雑具合は?空いている時間帯はいつ?

私も実は行ったことがある「リニア鉄道館」。

土日はやはり午前中から混雑しています。

また、イベントがある日やイベント初日などは特に混み合うので、もしもイベントをしっかり堪能したいのであれば、朝一で行く事をお勧めします。

夏休み以外の平日はそこまで混み合うことはありません。

小さなお子様連れでものんびり回ることができます。




2:子ども連れでのおススメの行き方は?

小さな子ども連れで行く場合、一日でもゆっくり見て回ることができるのが、このリニア鉄道館の素敵な所。

じっくり見ても、はしゃいでみても、大体1日あれば全部を見て回ることができます。

おススメの行き方は、ごはんの時間をあらかじめ決めておく事です。

リニア鉄道館は、食べる場所はありますが、そこまで広くないため、お昼時になると、座る場所を探している家族連れが多くいます。

そのため、11時過ぎになったらご飯を食べるようにすると、混雑を避けることができます。

また、イベントの時間

そして、2階にプラレールで遊ぶスぺースがあるのですが、ここも他の場所に負けず劣らず人気です。

プラレールが自由に遊べるので、「帰りたくないー!!」「帰るんだってば!!」と親とバトルしている光景がチラホラ見られます。

そのため、お昼を食べたらここに来ると、休憩にもなり、空いているのでたくさんのプラレールを使って遊ぶこともできます。

お昼寝がある子は、ここで遊んでからベビーカーに乗せておみやげを買ったり、他の場所を回ってみてください。

きっとあっという間に一日が終わりますよ!




3:まとめ

いかがでしたか?

鉄道が好きでも、ちょっと好きな子でも、一日中楽しめる場所が「リニア鉄道館」です。

この夏休みにも、たくさんのイベントが開催される予定です!

ぜひ、シンカリオンでみた光景を実際にも見てみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 武州人
    • 2018年 11月6日

    はじめまして、
    私は『新幹線変形ロボ シンカリオン』のメイン舞台地である武州・大宮に住んでる者です。

    実は昨年、私は機会あって古都・京都の京都鉄道博物館と、尾張・名古屋のリニア・鉄道館へそれぞれ周遊してきましたけど、平日であった事と閑散期も重なりスムーズに観ることが出来ました。

    そのお陰で、京都では新幹線0系量産車第1号の前でツーショットを撮ってもらったり、梅小路の蒸気機関車館では実際にSL(8620形)牽引のトロッコ列車に乗ったりし、2年前の2015年に(そのころ鉄道博物館が工事中だった)訪ねて以来、ひさびさに満喫する事ができました。

    さらに名古屋では、新幹線100系の運転席に坐って制帽を被り、出発進行のポーズで写真に撮ってもらうなど、それぞれ来た甲斐があって本当に良かったです。

    そして今年の夏、改装なった家の近くにある鉄道博物館へ自転車にのって行ったものの、改装前と比較すると名古屋や京都に勝るとも劣らない位に内容も良くなり、加えて増築した部分の建物の展望デッキより、新幹線やニューシャトルと大宮の街並みを観るや、地元民とはいえモノ凄く感動した次第だったです。

    いまや『シンカリオン』効果のお陰で鉄道博物館や大宮駅構内では、『シンカリオン』関連のイベントが時折おこなわれてるし、これまで埼玉県下が舞台のTVアニメといえば、春日部市が舞台の『クレヨンしんちゃん』をはじめ、幾つかの作品があったものの、大宮がメイン舞台で且つ実在してる施設(『シンカリオン』主人公の速杉ハヤトの通ってる大宮小学校がイイ例)が出てきたりと、最近になり『シンカリオン』は続投というニュースを聞いて、もっともっと充実できる様なエピソード(初音ミクならぬ「発音ミク」や、『エヴァンゲリオン』のコラボなど)を増やしてほしいと思います。

    長文になりましたが、失礼します。

      • みやもん
      • 2018年 11月7日

      コメントいただきありがとうございます。
      「新幹線変形ロボ シンカリオン」の舞台地に住んでみえるなんてすばらしいですね!
      そうですね、もっともっと充実できるエピソードが増えて充実することを私も願っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。