亀梨和也のドラマ手紙の主題歌は誰が歌うの? 挿入歌についても予想!

この記事は3分で読めます





こんにちは!

東野圭吾さん原作のスペシャルドラマ「手紙」

亀梨和也さん主演で、この冬に放送が決定したと報道がありましたね!

手紙(ドラマ)のあらすじと放送日はいつ?メインキャストは亀梨和也以外に誰がいる?

Twitterでもファンから喜びのtweetがありました!

亀梨和也さんのファンはもちろん、原作である小説の「手紙」を読んだ原作ファンも注目しているドラマ。

この「手紙」は、山田孝之さんが主演で、2006年に映画にもなっていますね!

この中で流れる曲と、主人公や周りの人の心情がぐわーっとこみあげてきて、涙が止まらなくなることがありました。

今回の亀梨和也さん主演のドラマ「手紙」の主題歌は誰が歌うの?挿入歌についても予想していこうと思います。

1:亀梨和也さん主演のドラマ「手紙」の主題歌は誰が歌うの?

今回のドラマは、東野圭吾さんの作品の中でも、犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動向を丹念に綴った作品が原作です。

そのため、その心情の変化を、主役である武島直貴の視点を中心に、丁寧に描かれたドラマになると思われます。

スタッフ全員で悩み、考え、作り上げたドラマ。

主題歌はその思いを乗せ、ドラマ全体を振り返って感動や観ている人の心を揺さぶる歌であってほしいと思います。

山田孝之さんが主演を務めた映画版では、高橋ひとみさんが「コ・モ・レ・ビ」という曲で主題歌を歌っていました。


高橋瞳 タカハシヒトミ / コ・モ・レ・ビ 【CD Maxi】

Amazonですと視聴できます!

コ・モ・レ・ビ

歌詞が最高にこの作品に寄り添っていると話題になりましたが、今回はどうなるのでしょうか?

個人的には、主人公を演じる亀梨和也さんの曲だといいなと思います。

KAT-TUNのメンバーとしても、ソロとしても活躍しているので、歌唱力は抜群です!

動画からもわかるように、少し寂しそうな声は、ドラマの最後に流れると、また感動を呼びそうですね!

でもでも!あえて女性がしっとりと歌い上げた方がいいかもしれませんので、そうなった場合は手島葵さんが歌うかもしれません!

少しかすれた声が、気持ちを伝えてくれそうですね!




 

2:挿入歌は誰が歌う?

映画版で私が号泣したきっかけになった曲が、実は挿入歌「言葉にできない」だったんです。

小田和正さんの曲で、1982年にオフコースに所属していた時に出した曲です。

小田和正さんの透明な声とせつないメロディに、ドラマの色々なシーンが重なって、涙が溢れた人も多いのではないでしょうか。

この曲は、オフコースの時と小田和正さんソロの時と、歌い方は違いますが、どちらも素晴らしい曲であることに変わりありませんね!

クリス・ハートさんや、ATSUSHIさんがカバーするくらいの名曲が映画版の挿入歌だったので、今回もきっと、ドラマの雰囲気や心情に寄り添い、見ている人にグッと伝わってくるような曲であることは間違いないでしょうね!

シリアスで、心情に寄り添って、しっとりと歌い上げることができるアーティストは、コブクロさんではないでしょうか!

声を聴くだけで、イントロを聞くだけで泣けてしまう、平井堅さんかもしれません!

もう一度小田和正さんでももちろんいいですが、亀梨和也さん演じる武島直貴の思いをしっかりと歌に乗せられるアーティストであることを願うばかりです!




3:まとめ

いかがでしたか?

亀梨和也さんが主演の「手紙」、2018年8月4日 25:15から放送される『ABChanZOO』内で、特報映像が初公開されます!

もしかしたら、そこで主題歌や挿入歌についてもわかるかもしれませんね!

公式サイトでも特報映像が流れますので、楽しみに待ちましょうね!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。