津川雅彦の代表作品や出演ドラマまとめ!エピソードやTwitterの反応も

この記事は5分で読めます




こんにちは!

私にとっては驚きのニュースが入ってきました。

津川雅彦さんが2018年8月4日、お亡くなりになったというニュースです。

数多くのドラマや映画に出演し、その度に私たちに様々なものを伝えてくださった津川雅彦さん。

これまで、どんな作品に出演されていたのでしょう?

津川雅彦さんの主な出演作品は何?エピソードやTwitterの反応はどんなもの?

今日はそれについて書いていこうと思います。

 

1:津川雅彦さんの代表作品は?

津川雅彦さんは、父は「戦前の大スター」と呼ばれた澤村国太郎さん、母も女優のマキノ智子さんという、芸能一家に生まれていました。

子役として数本の映画にも出演していましたが、銀幕デビューは16歳、1956年映画「狂った果実」でした。

高等学院に所属している中の出演でしたが、これで大ブレイクしスターへの階段を上ります。

夏の嵐」や「孤獨の人」などの作品にも、看板俳優として出演をしてきました。

 

その後松竹へ移籍しましたがヒットに恵まれず、フリーに転身して活動の場を広げます。

必殺仕事人」では悪役で出演し、それまでの男優のプライドを捨てて悪役に転じ話題を集めました。


すさまじくピッタリですよね・・

その後も数々のドラマや映画に出演しましたが、私たちが知っている有名な作品は、「マルサの女

見事な存在感を出し、この映画を不動のものにしていましたね!


スーパーの女」でも存在感バリバリでしたね!

1985年の「ひとひらの雪」でも出演し、代表作の一つになりましたね。

1982年には「マノン」でブルーリボン賞助演男優賞を受賞しています。

そして、津川雅彦さんを語る上で忘れてはいけないのが、時代劇の役者としての顔です!

葵 徳川三代」では見事主役の徳川家康を演じていましたね!

NHK大河ドラマでは徳川家康を5回も演じ、また徳川5大将軍を演じた事でも話題になりましたね。

あの雰囲気は津川雅彦さんにしか出せないものだと思います。


そして、あの「古畑任三郎」でも出演し、視聴者からは「本当に良かった」と今でも語られています。

ドラマ「相棒」シリーズでも瀬戸内米蔵として出演し、存在感を強めていましたね!


私が覚えているのは、「任侠ヘルパー」「メイちゃんの執事」で楽しそうに演じていた津川雅彦さんです。

米倉涼子さん主演の「黒革の手帳」でも、存在感抜群でした。

映画「プライド」では、東条英機を熱演。

最近では「バケモノの子」でも声優をつとめ、 宗師役を見事に演じていましたね。

本当に数多くの作品に出演されていた津川雅彦さん。

ご自身で映画も作られており、「マキノ雅彦」と言う名で活躍されていました。




 

2:エピソードはあるの?

津川雅彦さんにまつわるエピソードは色々とあります。

「狂った果実」でデビューしたのですが、これは石原裕次郎の弟役を探していた石原慎太郎が津川雅彦さんを一目見て気に入り、沢村家に頼み込んで強引にキャスティングしたものだとか。

津川雅彦さん本人は新聞記者に憧れて早稲田大学高等学院に在学していて、「夏休みだし一本くらい出てもいいか」くらいの軽い気持ちで出演した所、大ブレイクしたといいます。

それが日活の看板役者となるきっかけだとは本人も思いもしなかったでしょうね。

また、若いころには叔母である沢村貞子さんから「お前は顔がいいんだから、芝居は4倍うまくならないと認めてもらえない」と忠告されていたとか。

彼自身の癖のある独特な個性が光るのはその後。彼女の忠告通り演技に磨きをかけていきました。

時代劇では三英傑である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をすべて演じている他、徳川家関係の人物を多く演じています。

必殺仕事人の悪役は、それまでのイケメン俳優のプライドを捨てた悪役の演技で話題になりました。

デヴィ・スカルノさんとの不倫騒動でイメージが悪化し、仕事が激減していた時に、演出を担当した松本明さんから「世の中のみんなはお前が嫌いなんだから殺される悪役をやれ!」と言われ、それまでの演技を一新し、新たに学び直すことにしたのだとか。

 

娘さんである真由子さんを溺愛している事で知られていますが、その理由には、1974年に生後5か月で誘拐された津川雅彦長女誘拐事件のせいだと言われています。

娘さんに恋人ができても好きになれない!と公言していた事から、娘さんは非常に苦労されたとか・・・

また、たかじんのそこまで言って委員会にもパネリストとして出演し、やしきたかじんさんが亡くなられた後も彼との約束を守り続け、番組のタイトルからやしきたかじんさんの名前がなくなるまで大阪まで通いつめ出演し、義理を果たしたと言われています。

プラスチックのおもちゃしかない事に危機感を覚え、子どもに安全な本物志向のおもちゃを作るという思いから、おもちゃ・絵本の販売店「グランパパ」を設立、一時は評判となり全国展開するほどにまで成長しました。

その後経営が悪化し自己破産の危機にまで陥りましたが、支援企業が共同経営者になる条件付きで債務を肩代わりしてもらい、破産を免れた事もあります。

グランパパは現在も経営を続けており、木のおもちゃなど子どもにとって安全なおもちゃを買うことができます。

津川雅彦さんは名誉顧問としてHPに名前が載っていました。

グランパパURL:http://www.granpapashop.com/

様々な活動をされている津川雅彦さん、各分野で影響を与えてくれていたんですね!




3:Twitterの反応は?

Twitterでも、亡くなられた事を惜しむ声が多くありました。

 

奥様の朝丘雪路さんが旅立たれ、そのあとを追うように亡くなられました。

本当に仲睦まじいご夫婦だったのですね。

Twitterでも、そういったtweetが本当に多くありました。




4:まとめ

いかがでしたか?

津川雅彦さんは、心不全で84歳の生涯を終えました。

でも、これからも津川雅彦さんが出演している映画やドラマを通して、私たちに様々なものを伝え続けてくれると思います。

私はあのゆっくりとした語り方や声を聞くとホッとして、いつもドラマや映画に引き込まれていました。

本当に残念ですが、ゆっくりとお休みください。

ご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。