山田龍聖(高岡商)のプロフィールや出身中学は?ドラフト指名の可能性も

この記事は4分で読めます




こんにちは!

暑い中、熱戦を繰り広げてくれる「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」

私の中で気になるサウスポーの選手がいます!

その名も「山田龍聖」投手!

佐賀商業との試合では両足がつるアクシデントがありましたが、見事甲子園での初戦を突破しましたね!

相手チームも、さらにはプロの球団も注目する力を持っているのです!


山田龍聖君のプロフィールや出身中学は?ドラフト指名の可能性は?

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:山田龍聖(高岡商)投手のプロフィールは?

山田龍聖投手は高岡商のエースとして、チームの優勝にこれまで貢献してきました!

名前:山田龍聖(やまだ りゅうせい)
生年月日:2000年9月7日
出身:富山県氷見市

家族:両親と弟

身長:182cm
体重:80kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー

球種 : ストレート・スライダー

初戦では奪7三振を奪う力投を見せました!


山田龍聖投手は、思わず振ってしまうような球筋と、フォームからは想像できないほどの速さを投げることができる、凄腕の投手です!

初戦では暑さのために両足つってしまうアクシデントがありましたが、治療の末復帰して投げぬくことができました!

インタビューでも語っています。

また、自分でも打って打線を援護することのできる、攻守ともに優れた選手なんですね!


どちらもしっかりチャンスをものにするのは、本当にすごいですね!




2:出身中学は?

高岡龍聖投手は、氷見市立窪小学校を卒業した後、氷見市立西條中学校に入学します。

中学時代からエースをつとめ、当時かなり有名な投手でした。

その後、富山県立高岡商業に入学。

最高で148キロの速さでの投球の持ち味です。

甲子園初出場となった昨年の夏は、二松学舎大付の強力打線に打ち込まれてしまい、苦い経験となりましたが、その後経験を積み、揺るがない自信と実力を身につけました。

これからの試合運びが楽しみですね!




3:ドラフト指名の可能性は?

プロ球団が注目するほどのレベルを持つ山田龍聖投手。

中学時代からも軟式野球部で4番のエースをつとめていました。

中学時代から最速で133/kmのストレートを投げていた事から、名前を知られている投手でした。

こんな球を投げられたら、思わずバットを振ってしまいますね・・・

2018年の4月の春の県大会では、ヤクルト、巨人、楽天、ロッテの4球団が視察に訪れ、5月の決勝戦では、 日本ハム、中日、DeNA、阪神、広島、オリックス、ソフトバンク、ロッテ、西武の9球団スカウトが視察に来ています。

つまり、彼の可能性にかけている球団が多くいるということです。

手元で伸びるストレートは威力十分で、これからも伸びる可能性を大きく秘めている事から、球団は今年のドラフト会議で1位指名する可能性は高いと思われます。

富山大会でも決勝で2失点9奪三振完投と結果を残しているので、これらの結果が評価されるといいですね!





3:まとめ

いかがでしたか?

ますます目が離せない高岡商の山田龍聖投手。

ピンチの時や普段の投球の時の詰めの甘さを克服したいと昨年のインタビューで話していましたので、今年はその課題点が克服できたのか、そして、昨年の雪辱を果たせたのか、試合を見てしっかり応援していきましょうね!

今回の高校野球では、他にもたくさんの素敵な選手がいます!

吉田輝星(金足農)の出身中学やプロフィールは?名前の由来や評価も


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。