dele(ディーリー)第4話の内容やあらすじのネタバレ!子役についても

この記事は8分で読めます




こんにちは!

毎週金曜日が来るとワクワクが止まらない「dele(ディーリー)」

3話も呼吸が止まるほど集中してみてしまいました!

dele(ディーリー)第3話の内容やあらすじのネタバレ!5本のバラの意味とは?

4話目はさらに謎が謎を呼ぶ展開でしたね!


ストーリーの内容としては1話完結なので、見ている方も入りやすいコチラのドラマの第4話のあらすじです!

ネタバレになりますので、見たい方のみどうぞ!

<悲しき最期の言葉>

男性が工事音が鳴り響く中、アパートにある一室に向かって叫ぶ。

「ひぐらしさーん」

返事はない。

「もうあんただけですよー。あと一週間ですよー。もうお願いしますよ!」

部屋の中からは反応がなく、男性はイライラして立ち去っていく。

その扉には退去勧告の紙が貼ってあった。

部屋の中では、PCに向かう白い服の青年。

「人は2度死ぬという。

一度目は肉体の死を迎えた時。

2度目は誰からも忘れられた時。

だとしたら、僕はもうすぐ訪れる肉体の死を前に、一度死んでいることになる。

僕のことなどもう誰も覚えていない。

呪われた力を持った僕は、誰からも顧みられることなく、この世から消えた方がいい。」

咳き込み、大量の吐血をする青年。

息を荒げながらキーボードを打ち続ける。

そう思う一方で、あれまで消えてしまう事が正しい事なのかわからない。

あの時はそうすべきだと思った。

その後の彼女の幸せな暮らしを見ても、あの判断は間違っていなかったはずだ。

でも本当にそうなのか?僕にはもう、何もわからない。」

PCを打ち続ける青年の手がふと止まった。




<事件の発覚と、特別だった理由>

足取りも軽やかに、ビルに入る真柴祐太郎(菅田将暉)。

扉から部屋の中を見つめる舞を見つけ、二人で部屋を覗く。

そこには、「リラックス、リラックスして」と言いながら、スプーン曲げをしようとする坂上圭司(山田孝之)の姿があった

あまりの必死さに我慢できず吹き出してしまう舞と祐太郎。

舞は圭司が子どもの頃スプーンを曲げられたこと、一時期超能力にはまったと笑いながら祐太郎に言い、祐太郎は驚く。

そんなインチキにはまるなんて~」と言う祐太郎に、そんなことはない!と思い切り反論するが、諦めて依頼の話に切り替える。

一時間ほど前に信号が来たと言う圭司と、PCを見る3人。




依頼人は日暮裕司(野田洋次郎)35歳

文章を読んで、遺書みたいな文面ね、とつぶやき、「呪われた力」を見て、アブナイ人っぽいね、と警戒する祐太郎。

「彼女って誰の事?」「「あれまで消えてしまう」のあれは?」

文面を見てもわからないことだらけ。

PCを開き、データを開けようとする圭司。

驚く祐太郎に、「今回は特別だ」と言う圭司。

そこには子どもが書いた絵がうつっていた。

圭司はそれを見て固まっていた。

祐太郎が電話番号を聞くと圭司はすでにかけていて、住所も把握し圭司も行くという。

驚く祐太郎に、再び「今回は特別だ」。

 

アパートのボロさに孤独死パターンかとぼやく祐太郎。

部屋についても誰も出ないので、力づくで扉をあける。

日暮はそこで絶命していた。

圭司が車椅子を降りて近づき、絵を取りだす。

これを描いてる途中で、死んだんだね。

 

日暮は誰かの写真に手を乗せていた。

それを見ようとすると、管理人が突然入ってきてしまい、通報されてしまう。

 

警察署の取り調べから解放される二人。

不法侵入の責任を擦り付け合う二人に「うるさい!」と怒る舞。

 

日暮裕司は末期の肺がんで、病院に行った形跡はなかったという。

祐太郎はこっそり持ってきた絵を出した。

そのデータの絵に見覚えがあり、依頼人を知っているという圭司。

それは、25年前、かつて天才超能力少年として世間の注目を集めた男だと圭司はつぶやく。

なんか聞き覚えのある名前だと思ってたのよ。どうりで積極的なわけだ。」舞が笑いながら言う。

依頼人日暮裕司は少年時代、とびぬけた霊視能力を持っていた、圭司の憧れのヒーローだった。

当時日暮少年は、脳内に映っていた風景を描いて失踪した人を発見し、テレビや雑誌がこぞって少年を取り上げてブームとなっていたのだ。

だが、少女が失踪した母親を探してほしいとの依頼で失敗し、世間からやらせだと猛バッシングを受けて社会的に抹殺されたのだった。

インチキだったという祐太郎に、「魔女狩りの時代から人は変わっていない」と、圭司は日暮裕司の能力は本物だったと声を荒げた。




 

<日暮少年の過去と少女との出会い>

日暮裕司の葬式に行くと、遺族の意向で時間より早くお骨上げが終わっていた。

そこで2年間面倒を見たという日暮裕司の叔母から話を聞いた。

呪われた子だから、と、実の母親から怖がられて縁を切られ、両親は離婚してしまったのだという。

母親は自分は悪魔を産んでしまったと息子を捨ててしまったのよ、と遺骨をなでながら叔母は悲し気に話す。

 

事務所に戻り、「このまま消去ってわけにはいかないでしょ。ケイの憧れのヒーローなんだからさ」と圭司に祐太郎は言う。

PCの絵を見つめる圭司。

 

祐太郎は当時ディレクターをしていた蒲田に会いに行く。

受付で断られるも、ちょうど出てきた蒲田に詰め寄り、絵の事を聞こうとしても断られ、取り押さえられてしまう。

憤る祐太郎に圭司から電話が。

当時の番組で母親の行方を捜していた少女の行方が分かったという。

 

そして、その少女だった松井美香(松本若菜)に会いにいく圭司と祐太郎。

美香はずっと日暮裕司を覚えていた。

母の捜索がうまくいかなかったせいで、その後の人生を変えてしまったとしたら・・とずっと気になっていたという。

 

美香は当時の収録の事を思い出していた。

収録現場で、日暮少年は彼女に話しかけた。

自分も母親と離れ離れだから、気持ちはよくわかる。

僕も会いたいんだ、とっても。

写真に手を乗せ霊視をし、何かを見たような驚く日暮少年の表情がそこにはあった。

それを思い出し、きっとあの時、母は死んでいたと推理する美香。

 

日暮が遺したデータの絵を見せる二人。

他はわからないが、一枚の絵を見つめ、それは水族館では?と言う美香。

圭司が調べると、違う建物が出てきた。

その時、娘と父親である重治(矢島健一)が帰ってきた。

祐太郎に手を振る娘のさらちゃん。

それを見て、ひと月前に、さらが立ち去るおじさんにずっと手を振っていたと美香がと言う。

あの丸まった背中は、日暮さんかなと直感で思ったとも。




<推理と超能力祐太郎の誕生?>

事務所に帰ってきて推理する祐太郎の横で、圭司が何かに気づく。

「そういうことか・・」

それはさっきの水族館が20年前に全面改装していて、絵に描かれた建物と同じだったのだ。

水族館に向かう二人。

インチキだと訝しげにつぶやく祐太郎は、周りの景色がそのまま絵になっていたことに気づいた。

 

道を走らせ、二人は一つ一つの絵の場所を突き止めていく。

そこには、絵に描かれたものと同じ風景があった。

日が暮れ、踏切前にさしかかると、二人は何も言わず、ただ前を見つめていた。

その踏切ですら、絵に描かれたそのままだった。

 

残す絵はあと2枚。

喫茶店で絵について推理する圭司と祐太郎。

疑っていたけれど、超能力は本当はあるのかもしれない、と突然スプーンを曲げようとする祐太郎。

圭司は無視して食べようとするが、コップの水が揺れている。

不審に思い、圭司が見上げると、祐太郎のスプーンが曲がっていた。

スプーンがポキっと折れた事で水をこぼすほどの大騒ぎになる二人。

「お前どうやったんだ!」「何もしてないよ!」「何もしてないわけないだろ!」

何故かパニックになる二人のもとに、テーブルを拭きに来た店員さんが絵を見て話しかけた。

その絵は明け方山のふもとにあるキャンプ場だった。




<超能力の結果>

キャンプ場に来た二人。

広い森を見て途方に暮れる二人だが、美香さんのためにも、と圭司にスコップを渡し、おぶろうと前に座る祐太郎。

俺を負ぶって森の行くのは大変だから一人で行けと言う圭司。

「何言ってるの?圭司の憧れのヒーローが託したデータでしょ?自分の目で見届けなくてどうするの?

足手まといになりたくない」と言う圭司に「こういう時だけ障害を利用するなっつーの」と圭司をおぶり、森の中を歩く祐太郎。

 

超能力信じてる人間が何でビビりなんだよ。とあきれる祐太郎だが、木々がざわめくと立ち止まり、周りを見渡す。

何かにとりつかれたように方向を変えて歩き出す祐太郎にビビる圭司。

陽射しが入ってくる森にたどり着く。

そこには、絵に描かれた瓶が落ちていた。

背負われた圭司が見ていた先には、死んだはずの日暮裕司が立っていた。

 

 

スコップを使い、二人は穴を掘りつづけた。

雨が降っても掘りつづけていくと、祐太郎は白いものを掘り当てた。

さらに何かを見つけた祐太郎は、圭司にそれを渡した。

 

警察署で訝しげに話す刑事と疑われて憤る舞。

美香と連絡が取れたということで釈放されたが、帰り際に、情報管理、徹底してくださいね!と念を押す事も忘れない。

 

だが、後日、テレビでは美香がインタビューを受けていた。

舞は「あの刑事、あんだけくぎをさしたのに・・・」と悔しがって電話の対応をしていた。

インタビューでは、超能力が証明された事を言われると、美香は「能力を疑ったことはありません。私は信じていました」と答えていた。

 

美香の家に行き、嘘をついたことを謝る二人。

テレビの日暮裕司に対する態度に腹を立てている美香に、名誉回復ということで良しにしましょうと祐太郎。

今だからこそ母の死を受け入れられるが、10歳の私だったらきっと・・・

私を気遣って、あんなうそをついたのですね。と感謝する美香。

祐太郎がさらちゃんの場所を聞くと、今は・・・と答えた。




<衝撃の真実とうその理由>

美香の娘の保育園を見つめる二人。

そこに重治が呼ばれて来た。

あなたのものです

祐太郎が遺骨を見つけた場所で祐太郎が見つけた名刺入れを渡した。

あの時落としたのか・・・と重治はつぶやく。

 

あの日、つまらないケンカがきっかけだと当時を思い出していた。

美香が林間学校で不在だったため、日ごろの不満が爆発した妻を突き飛ばし、不幸にも殺してしまったのだ。

何度も警察に電話しようと思ったが、母親が殺されて、父親がその犯人とわかったら、美香はどうなってしまうのかと思うとできなかったのだ。

 

その後車を走らせ、何度も遊びに行った場所に行き、涙を流しながら彼女の死体を埋めたのだ。

日に日に罪悪感を感じ、自分の罪を暴かれてもいいと、超能力の番組に娘と一緒に出演したのだという。

日暮少年には、あの時、父親が母親を殺した姿が見えていた。

警察に話したのかと問いかける重治。

僕たちは、それを届けに来ただけです。」と祐太郎は答える。

どうするかはご自分で決めてください。

ただ、我々の依頼人は、あなたが美香さんの幸せを守り抜くことを願っていると思います。

静かに伝え、立ち去る圭司。

祐太郎も静かに「さらちゃん、おじいちゃんのお迎え待ってますよ」と伝え、涙する重治を後にした。

 

事務所に戻り、データを削除する圭司。

dele end

パソコンを閉じる圭司。

一枚の絵を見つめ続けていた。




<その後>

お墓参りに来る二人。

人は2度死ぬか・・と呟く祐太郎。

日暮さんがどう思っているかなと言う祐太郎に、死んだ人間は何も思わない。と言い切る圭司。

超能力は信じるのに、そっちは信じないんだよね、ケイって本当にひねくれてるよね、とちゃかす祐太郎。

 

何も言わず車を走らせる圭司。

目的地を知らさらず文句を言う祐太郎達がたどり着いた場所は、最後の1枚の絵の風景があった。

そこは、日暮裕司の母親の家だった。

日暮裕司は死ぬ間際に、自分を捨てた母親を思い出していたのだ。

「なんだか切ないね。」と言う祐太郎。

すると家から、一人の女性が出てきた。

「どうする?」と言う祐太郎に、「帰るぞ。」と言う圭司。

俺たちが覚えておけばいい。マザコンの元天才超能力少年の事を。

そうすれば日暮裕司に二度目の死は訪れない

まっすぐ前を見て言う圭司に、

ケイ、そういうキザな事は言っちゃうんだ。」と笑い、祐太郎は車を出す。

走り去る車を見つめて、日暮裕司が礼をして、そして振り向くとうっすらと消えて行った。

振り向いて穏やかに見つめる先には、あの母親の姿があった。




 

ヤバい!面白かったですねーーー!

今回も圭司のちょっと意外な一面が見られてもう、最高でしたよね!

そして舞は二人のお母さんともいえるべき存在ですね!

もう、展開が最高にワクワクしました!

そして、今回の子役の2人、なかなか素敵な演技をしていましたね!

あの子役って誰だろう?

子役の二人、誰なのか調べてみました!

日暮少年を演じていたのは、蒲田優惟人(かまた ゆいと)君です!

2015年7月~放送されていた「ミサワホーム」に出演していた彼です。

名前:蒲田優惟人(かまた ゆいと)

生年月日:2006年10月4日

所属:ヒラタビーンズ

2017年1月に配信していた「イタズラなKiss THE MOVIE~番外編②~ History of NAOKI~直樹の受難~ 」では、幼少期の直樹役としても出演していましたね!

2016年の「AKBラブナイト♥恋工場」では、35話の「私のボディガード」で、幼少期のケイ役を演じています。

BSジャパン 火曜スペシャル『人形佐七捕物帳』第八夜 人形佐七(幼少)役としても出演し、演技力も上がっている注目の子役です!

 

もう一人の少女役は、菊地麻衣(きくちまい)ちゃんという子役の子でした!

(出典:http://clean-trend.com/20161027-2/)

名前:菊池麻衣(きくち まい)

生年月日:2005年11月1日

所属:ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー。

石原さとみさんやあびる優さんが卒業生の事務所です!

彼女の代表作と言えば、2016年公開の映画「貞子vs伽椰子で盲目の少女・珠緒を演じていました。

 

演技力も力を入れている事務所なので、これからますます伸びていく子役の一人ですね!




<まとめ>

今回のdeleもとても面白かったですね!

すごく切ない内容のドラマになりましたよね。

皆の優しさが重なり、そしてその理由が誰かの幸せのためという涙が出るほどの内容でした。

次回はなんと、圭司の元カノが登場です!

山田孝之が出演している最近のドラマを無料で見る方法は?登録手順を画像で解説

第5話のネタバレはコチラです↓

dele(ディーリー)5話のあらすじと内容のネタバレ!橋本愛のワンピースも

彼女はどんな秘密を持っているのか・・・?

そして、祐太郎の過去も少しずつわかってくるかも?

次回は2018年8月24日23:15~放送です!

dele(ディーリー)に出てくる車いすはどこで買えるの?発売日や値段やメーカーも

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。