☆知っておくと楽しい PR

ファンタジースプリングスのフォトスポットはココ!トイレがおすすめな理由も紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ついに始まる「ファンタジースプリングス」

きれいなスポットがありますが、きれいな写真を撮って思い出に残したいんですよね。

新エリアには、たくさんの見所とフォトスポットが存在しますよ!

今日はファンタジースプリングスについて紹介していきます。

ファンタジースプリングスのフォトスポットはここ!

ファンタジースプリングスは新しいエリアが誕生します。

新テーマポートは、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマに、ディズニー映画を題材とした3エリア

  1. フローズンキングダム
  2. ラプンツェルの森
  3. ピーターパンのネバーランド

そして1つのディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」で構成されています。

それぞれのエリアでのフォトスポットを紹介していきます。

フローズンキングダム

ディズニー映画「アナと雪の女王」の世界が広がるエリア。

世界中で大ヒットとなった、アナ雪の物語の幕が閉じたあとの幸せな世界が広がります。

クリストフのソリがフォトスポットとしておすすめです。

アレンデール城はフローズンキングダムでも目を引くフォトスポット。

写真を撮ろうと列が出来ていることがあるので、早めに撮っておく事をおすすめします!

ロイヤルバンケットの前で撮影するのもおすすめです!

どこもかしこもカラフルなので、城下町を撮影するのも素敵ですね!

どこを見ても世界観が広がっているので、見ていてどこを撮影しようか楽しくなっちゃいますよね!

ラプンツェルの森

ラプンチェルの塔が目印の「ラプンツェルの森」

こちらのフォトスポットは昼はもちろんですが、夜に撮影するのもおすすめです!

また、フリン・ライダーの手配書も探してみるのもおすすめです!

なんとトイレのドアには全部異なるフリンなので、見比べてみるのもおすすめです!

さらに、スナグリーダックリングはぜひ入ることをおすすめします!

フリンの手配書はもちろんですが、映画で「誰にでも夢がある」を弾いたピアノや、他にも様々なフォトスポットがあるのでおすすめです!

ピーター・パンのネバーランド

こちらはネバーランドをモチーフにした世界で、ピーター・パンといっしょに子どもに戻れます。

フォトスポットイチオシはフック船長の船!

これはドクロ岩の右目から見ると海賊船がきれいに見れます!

フックや海図など、海賊船ならではのアイテムもあって興奮します!

また、ネバーランドマウンテンを撮るのもおすすめですよ!

煙が出ることもあるので、その瞬間を撮影するのもありですね!

「ルックアウト・クックアウト」でも可愛いイラストが描かれていますので、こちらもおすすめです!

他にも色々なフォトスポットがありますので、自分だけのフォトスポットを見つけるのもおすすめですよ!

小物を取るのもおすすめ

今回エリアの中には様々なアイテムがあります。

こういったアイテムにもしっかりと趣向が凝らしてあるので、見比べながら写真を取るのもおすすめですよ!

他にも探してみると嬉しいサプライズもあるので、写真を撮りながら探してみてくださいね!

自分だけのフォトスポットを見つけよう

ディズニーは本当に、たくさんのフォトスポットがあります。

自分だけのフォトスポットを見つけてぜひその瞬間を収めてください。

またオープンしたら追加していきます!

お得なプランでディズニーを楽しもう

光の使い方を意識する

ディズニーシーで写真をきれいに撮影するには、光の使い方がポイントです。

朝や夕方の「マジックアワー」と呼ばれる時間帯は、自然光が柔らかくなり、被写体がとてもきれいに見えます。

逆に、正午の強い日差しは影が強くなるので、撮影位置や角度を工夫すると良い写真が撮れますよ。

背景を工夫する

写真を撮るときは、背景も大事です。

ディズニーシーには美しい背景がたくさんあります。

例えば、アナ雪エリアのカラフルな建物や、ピーター・パンの壮大な景色を背景にすると、写真が一層素敵になります。

背景選びが写真の仕上がりを左右します。

構図を意識する

写真をきれいに撮るためには、構図を工夫することも重要です。

「三分割法」という基本的なルールがあります。

画面を縦横に三分割して、交点に被写体を置くとバランスの良い写真が撮れます。

また、前景・中景・背景を意識すると、立体感のある写真になりますよ。

キャラクターとの撮影

ディズニーシーではキャラクターとの撮影も楽しみの一つです。

キャラクターと一緒に撮るときは、自然な表情や動きを引き出すことがポイントです。

キャラクターが動いたり、特別なポーズを取ったりする瞬間を捉えると、より生き生きとした写真が撮れます。

リラックスして楽しむことが、良い写真を撮る秘訣です。

撮影モードを活用する

スマホやカメラには、さまざまな撮影モードがあります。

ポートレートモードを使うと背景がぼけて被写体が際立ちます。

ナイトモードは夜の撮影にぴったりで、暗い場所でもきれいに撮影できます。

シーンに応じてモードを選ぶことで、より美しい写真が撮れますよ。

おわりに

今日はディズニーシーの「ファンタジースプリングス」のフォトスポットについてご紹介しました!

プライバシーを尊重することで、みんなが気持ちよく過ごせる環境を作れます。

みんなが楽しい時間を過ごせるように、自分も周りの人に気を配りながら行動したいですね。

ファンタジースプリングス赤ちゃんと乗れるアトラクション!膝の上・抱っこはOKかもついに始まる「ファンタジースプリングス」 赤ちゃん連れで行きたい、という人も多いのではないでしょうか。 せっかくお金をかけて入った新...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。