磯野フネ役の声優麻生美代子のプロフィールや代表作は何?本名も

この記事は5分で読めます

こんにちは!

毎週日曜日には「サザエさん」を見るのが習慣になっていた私ですが、サザエさんのあの雰囲気に「家族っていいな~」と憧れを持っていました。

その中でも、癒し系だな~と思っていたのは、カツオとワカメのお母さんである、磯野フネさん。

磯野フネさんの声を以前担当していた麻生久美子さんが、9月3日、老衰のためお亡くなりになられたことがわかりました。

Twitterでは悲しみの声がtweetされています。


そんな磯野フネさんの声をつとめられた麻生美代子さん、他にも数々の作品に出演されていた事はご存知でしょうか?

サザエさんの磯野フネの声優麻生美代子さんの経歴や代表作品は何?

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:サザエさんの磯野フネの声優「麻生美代子」さんの経歴は?

私たちに「磯野フネ」として、お茶の間にあったかさを運んでくださった麻生久美子さん。

麻生久美子さんのプロフィールはコチラです↓

(出典:http://newstisiki.com/archives/23767)

名前:麻生久美子(あそう くみこ)

本名:左近允 美代(さこんじょう みよ)

生年月日:1926年4月7日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:150cm

所属:東京俳優共同生活組合

職業:声優、女優

趣味:シャンソン、油絵、スキューバダイビング

麻生久美子さんは現在の東京都北区田端で生まれ、台東区御徒町で育ちます。

その後旧海軍にて艦船・航空機の位置確認を生業とする天体観測に従事され、お国のために尽くされます。

1945年の東京大空襲で被災され、大変ご苦労されたそうです。

そんな麻生久美子さんは、学生時代から演劇を志し、舞台女優や声優として活動し、徐々にその名を知られるようになりました。

声優としてだけでなく女優としての活動も幅広く、ナレーションなどでも活躍されていました。

2012年、第六回声優アワードでは「功労賞」を受賞しています

プライベートでは音響ディレクターである左近允 洋さんとも結婚されていますが、子どもがいるという情報はありませんでした。

また、ヘビースモーカーという事もあり、タバコをよく吸われていたそうです。

そして、お酒も大好き、夜更かしも大好きだったとか。

趣味も多く、スキューバダイビングは47歳から80歳まで続けられたそうです。

凄いですね!

麻生美代子さんは、自分が思うように生きられたのでしょうね。




2:麻生美代子さんの代表作品は何?

麻生美代子さんの代表作品は、やはり何と言っても「サザエさん」の初代「磯野フネ」ですよね!

何でもないこの普通の会話、「ああ、懐かしい・・・!」と思われるのは、私だけではないでしょうね。

波平さんも初代の永井一郎さんの声ですものね。

JAのCMで2012年に放送されていたのですが、このお二人は本当に「オシドリ夫婦」と言えますよね。

1969年10月5日の放送開始から2015年9月27日まで演じられていて、2009年6月に急病のためサザエさんを1週間休むことがありましたが、代表作となる磯野フネを演じたのは、何と46年間

収録現場では最年長だったため、現場を仕切ることがおおかったそうです。

アニメでの他の代表作は、1974年の「アルプスの少女ハイジ」のロッテンマイヤー先生!

1989年に放送された「らんま1/2 熱闘編」では、コロンを熱演していました!

このおばあちゃんに色々と笑わされたり泣かされたりしていましたね、主人公のらんま君は。

2003年の「鋼の錬金術師」では、ピナコ・ロックベルを演じられていましたね。

2006年「CLANNAD」では、岡崎史乃を演じ、ファンの心を熱くしていましたね。

そして、もう一つ有名なのは、「和風総本家」でのナレーションですね!

実は和風総本家のオープニングのおばあさんは、麻生美代子さんだということを知っている人も多くいますよね。


2018年3月22日の放送でナレーションを後任の島本須美さんに交代しましたが、それまであったかい声でお茶の間に癒しを与えてくれていましたね。

ナレーションではほかにも「きよしとこの夜」「ビートたけしのTVタックル」「オーラの泉」でご活躍されていました。

映画では2005年の実写映画「あおげば尊し」で、加藤武の妻役でテリー伊藤の母親役を演じていました。

舞台にも出演経験があり、鈴置洋孝氏のプロデュースの舞台には常連として出演していました。

2007年の最終公演「素晴らしきこの世界』では、ソープランドの風俗嬢役として出演され、名演技を披露されていました。

多方面でご活躍していた、多才でアクティブな方だったのですね!




3: Twitterの反応は?

Twitterでは訃報を悲しむtweetが多くされていました。

女性としても人としてもカッコイイ生き方に、あこがれた方も多くいらしたのではないでしょうか。

共演者の方からの信頼も厚く、その人柄ゆえに尊敬されていた事がうかがえます。

声優として大活躍されている神谷明さんもtweetされていました。


本当に惜しい方を亡くしましたね・・・・

悲しい気持ちでいっぱいです。




4:まとめ

いかがでしたか?

数多くの作品に関わり、その声で多くの人をほっと安心させてくださった麻生美代子さん。

昭和の名優がまた一人この世を去ったという事は、本当に残念でなりませんね。

今頃、波平さんと一緒に、こんな風に笑顔で晩酌をされていることでしょうか。


でも、私たちに安らぎをくれた麻生美代子さんの声は、時代を超えてきっといつまでも受け継がれると思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。