新種むかわ竜ってどんな恐竜?大きさや発見者や一般公開日と場所も

この記事は3分で読めます





こんにちは!

恐竜が大好きな我が一家にとって、とっても嬉しいニュースが入ってきました!

なんと、日本で恐竜の骨格化石が発見されたのです!

その名も「むかわ竜

聞いたことありませんね!

むかわ竜ってどんな恐竜?大きさや発見者や一般公開の情報も書いていこうと思います。

1:むかわ竜ってどんな恐竜?新種なの?

今回公開された「むかわ竜」。

白亜紀後期の植物食のハドロサウルス科の恐竜の一種ではないかと言われています。

新種とも言われていますが、現在はまだ新種とは決定していません。

ただ、北海道大学准教授であり、恐竜の化石発掘はこの人!と言われている、研究チームの小林快次(よしつぐ)さんは、「他のハドロサウルス科恐竜にみられない骨の特徴もあり、新種の可能性は非常に高い」と話しています。

白亜紀後期の、さらに草食恐竜の全身骨格は国内で初めてなんだとか。

国内で発見された恐竜と言えば、福井県で発見されたフクイラプトルフクイサウルスフクイティタン、フクイベナトールがありますよね。

 

(フクイラプトル)

(フクイサウルス)

(フクイティタン)

(出典:http://www.playoff-diary.com/dokidoki/)

(フクイベナトール)

(出典:https://www.sankei.com/west/news/160226/wst1602260077-n1.html)

 

そして、福島県で発見されたフタバスズキリュウもいます。

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2147106127526130901/2147106605228866603)

今回の発見がもし新種であれば、日本では6体目の恐竜になるということですね!

「頑丈なトカゲ」の意味を持つハドロサウルスは北米に生息していた事が確認されていますが、今回もし新種となると、日本でもその生息実態の調査に乗り出すことも予想されます。

恐竜ロマンがつきませんね!




2:大きさは?いつ、どこで見つかったの?

今回のむかわ竜は、国内最大の大きさと言われ、全身は8メートル強と言われています。

体長は約4メートルと推定。

体重は約7トンと大型恐竜に当たります。

2003年、北海道苫小牧から東にある穂別町(現むかわ町)にある、約7200万年前の海の地層から発見されました。

この地層は当時水深80~200メートルの海底だった場所で、死んだ後に沈んだため、今回ほぼ全身が残ったとみられています。

2003年は尾椎骨(ついこつ)の一部が見つかり、2013年から北海道大総合博物館とむかわ町穂別博物館の研究チームが共同で、発掘、そして掘り出した岩から化石を取り出すクリーニング作業を進めていました。

その岩の量は何と6トン!!

凄い気の遠くなる作業ですね・・・

好きでないとできませんね・・・

そして今回、全身の骨の半分以上が発掘されました!

これは、フクイベナトールに次いで2例目になるんです。

いかに全身に近い化石が残ると言う状態は難しいことがわかりますね!

すごい発見なんですね!


3:発見者は誰?

発見者は、北海道大学総合博物館の小林快次(よしつぐ)准教授と、むかわ町穂別博物館の櫻井和彦学芸員らの発掘グループです。

(出典:http://nicomachus.jp/kobayashi/)

貴重な化石をいくつも見つけ、「ファルコンズ・アイ」という別名までついている小林氏が、今回大発見をしたのです!

これまでの調査では、上あごの一部などを含む1600点近くの骨が見つかっています。

海の地層から全身骨格が見つかることは世界的にも珍しく、さらにハドロサウルス科では1936年に樺太で見つかったニッポノサウルスと今回の発見例を含め、世界で3例のみと希少なのです!

ハドロサウルス科の恐竜の骨格は一般的には255個で構成されていますが、、今回特定されたのは157個。

骨の数全体の約6割、体積では約8割に相当するといいます。




 

 

4:一般公開はいつ、どこでされるの?

今回発券された「むかわ竜」は、化石を岩などから取り出す作業を終え、9月4日に報道陣に公開されたばかりです。

一般公開はもう少し後になるかと思いますが、意外や意外、10月に見ることができるんです!

①10月6、7日:穂別町民センター(現むかわ町)

②10月27、28日:道の駅「むかわ四季の館」

この2か所、2日程で公開される事が決定しています!

これは恐竜好き、化石好きとして行くっきゃありませんね!




5:まとめ

いかがでしたか?

今回新種という事が判明すれば、恐竜の生態にまた一歩大きく近づくことができる発見になります!

ぜひ、新種であってほしいですね!

ちなみに、こんなtweetもありました!


どうもその時は回答されなかったそうですが、それはこれが理由だったのですね!

一般公開の日を楽しみに待ちましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。