映画一度死んでみたのキャストは広瀬すずの他に誰がいる?あらすじも

この記事は3分で読めます





こんにちは!

毎日バタバタ忙しくてストレスがたまりがちな自分にとって、コメディー映画を見て気持ちをスッキリさせることが大事ですよね!

新しいコメディー映画が2020年公開になることがわかりました!

その名も「一度死んでみた(仮)

最後の「仮」は一体何なのか気になりますが、仮タイトルなのか、これが正式タイトルなのか、どちらかでしょうね。

主演は広瀬すずさん!


広瀬すずさんは今回コメディー作品は初挑戦との事で、気合が入っている感じですね!

広瀬すず主演の映画「一度死んでみた(仮)」キャストは他に誰がいるの?あらすじは?

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:広瀬すず主演の映画「一度死んでみた(仮)」キャストは他に誰がいるの?

今回、広瀬すずさんの他に、堤真一さんと吉澤亮さんがキャストに抜擢されています!


堤真一さんは、主人公七瀬の父親であり、製薬会社の社長である野畑圭役を演じます。

そして、吉澤亮さんは、圭の会社でゴースト社員と呼ばれている松岡の役を演じます。

ゴースト社員ってどんな社員なんでしょうね・・・

性格がゴーストなのか、立場がゴーストなのか・・・

それはそれで気になります!

こちらの3方以外のキャストはまだ公開されていません。

情報が公開され次第追記していきますね!

 




2:あらすじはどんなもの?

今回の「一度死んでみた(仮)」の映画、あらすじはタイトル通り、主人公である大学生の野畑七瀬(広瀬すず)の父親計(堤真一)が、一度死ぬ薬を飲んでしまった事から始まるドタバタコメディーです。

七瀬は父親が大嫌い。製薬会社の社長である計は仕事人間で、母親の死に際にも立ち会わず、何かと干渉してくるからだった。

七瀬は父親を嫌うあまり「臭い!」と父親である計の顔面に消臭スプレーを吹きかけたり、「クソオヤジ!」「一度死んでくれ」と毒づく日々。

ただ、計が本当に「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んでしまう事から事態は急変します。

それは計の会社を乗っ取ろうとする真犯人をあぶり出すための秘策だったのですが、それを知らない七瀬は動揺します(当たり前ですが)

おばけとなって現れた計、そして存在感が薄いためにゴーストと呼ばれる社員の松岡(吉沢亮)と共に、会社を乗っ取ろうとする犯人を見つけ出し、さらには計を生き返らせようと七瀬は奔走しますが、いったいどうなることやら?

面白そうなストーリーですね!

ゴーストと呼ばれる社員の松岡も、今回の騒動に巻き込まれることで何か変化があるのでしょうか?

主人公の七瀬は人さし指を立てるしぐさが決めポーズということで、スッキリとした面白さも加わりそうですね!

展開が楽しみな映画になりそうですね!




 

3:原作はあるの?

今回のコチラの映画、原作はなく、完全オリジナル脚本ということです。

脚本を書かれたのは、ソフトバンク「ホワイト家族」など人気CMを手掛け澤本嘉光氏。

皆さん一度はCMを見た事があると思いますよ!


映画「ジャッジ!」の脚本もつとめられたことがあるので、面白いこと間違いないでしょうね!




4:まとめ

いかがでしたか?

コメディー作品という事で、どんなテンポの映画になるのかが楽しみな「一度死んでみた(仮)」

au「三太郎」シリーズなどを手掛ける浜崎慎治氏が映画初監督で、CM界のトップクリエーターがタッグを組んで作るコチラの映画、どんな風になるのか楽しみですね!


Twitterでも広瀬すずの人気ぶりに驚くtweetがあるくらい、勢いのある女優広瀬すずさんの新しい一面がみられるかもしれませんね!

情報が公開され次第追記していきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いいたします!

映画「一度死んでみた(仮)」は2020年公開予定です!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。