紀平梨花の経歴や実力は?性格や今後の可能性についても

この記事は4分で読めます





こんにちは!

フィギュアグランプリシリーズが始まりましたね!

今季の注目選手は、紀平梨花選手だと私は思っています!

オンドレイ・ネペラ杯では、ショートもフリーもトップの得点をたたきだし、シニア初戦で見事優勝を飾りました!

紀平梨花の経歴や実力は?性格や今後の可能性についても

今日はそれについて書いていこうと思います。

1: 紀平梨花の経歴は?


名前:紀平 梨花(きひら りか)
生年月日:2002年7月21日
出身地:兵庫県西宮市

血液型:O型
身長:154cm
体重:非公開

出身校:関西大学中等部→N高等学校(通信)
所属:関西大学KFSC

お姉さんと母親

コーチは濱田美栄、田村岳斗、岡本治子、キャシー・リードと実力も経験もあるコーチがついています。

振付師はジェフリー・バトル、トム・ディクソンといった実力者ぞろいですね。

趣味は音楽鑑賞、小さなころからバレエ、体操、ピアノに通っていたほど。

3歳の頃からスケートを始め、宮原知子さんに憧れて技術や表現力を磨いていたそうです。

お父さんである勝巳さんは、娘のために一軒家を売り、練習場所に近い場所に引っ越すほど、娘のスケート人生を支えています。

そして、お姉さん紀平萌絵(もえ)さんは、現在エイベックス(avex)・アーティストアカデミーに通いながらダンサーやアーティストを目指しているようです。


仲の良い姉妹として、度々SNSにも写真がアップされています!

本人もエイベックス(avex)・アーティストアカデミーの特待生として現在活動をしているので、綺麗になったのはこの活動のたまものかなと思います。

2:紀平梨花の実力は?

成績ですが、今回の優勝はシニアデビューして初戦での成績なので、相当の実力を身に着けている事がうかがえます。

シニアデビューする前にも記録に残る成績を残しています。

①女子シングル史上初のフリースケーティング8トリプルジャンプ成功

女子シングル史上初の1プログラム全6種類トリプルジャンプ成功

③女子シングル史上最年少3回転アクセル成功

女子シングル史上初の3回転アクセル-3回転トゥループ成功

第86回全日本選手権大会新人賞も受賞しています。

2017年シーズンではジュニアグランプリシリーズのスロベニア大会で女子7人目の3回転半に成功。同時に女子史上初となる6種類8個の3回転ジャンプを成功させ優勝しています。

世界ジュニア選手権は8位、全日本選手権ではジュニアで3位の成績を残しています。

ジュニアグランプリシリーズ2017ではイタリア大会で3位、ラトビア大会でも2位の成績を残しています。
そして、アジアンオープントロフィー(Jr)では見事優勝、全日本ノービス選手権Aクラスでは優勝を果たしています。

2015年からの大会でも優勝経験があり、2016年シーズンではジュニアグランプリシリーズスロベニア大会では優勝、チェコ大会では2位、ファイナルでは4位になっています。

今回の大会でも見事にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループの連続ジャンプを成功させ、さらに2本目のトリプルアクセルも成功させましたね!

公認大会でのフリーでのトリプルアクセル2本の成功は、10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん以来、2人目の快挙だといいます。

2年連続のGF進出も果たし、順調に進んでいましたが、2018年1月に骨折しているので、ケガには気を付けてほしいですね!




3:紀平梨花の性格は?

紀平梨花さんは何事にも物おじせず、ジャンプも失敗をものともせずチャレンジしてしまう性格だといいます。

また、素直に相手の意見を聞き、それを取り入れられる謙虚さも持ち合わせています。

新しい事に挑戦することも大好きで、小さな頃はお母さんの化粧道具に興味津々だったという話もあります。

思い切りがいい性格ではある反面、少し繊細な部分も持ち合わせており、カメラのシャッター音が気になりなかなか集中できないともこぼしていた事があります。

ただ、今季はその精神的な弱さを克服して挑み、見事優勝している事から、相当な努力家であると思われます。

目標に向けて進んでいく彼女の性格だからこそ、今回の優勝につながったのですね!




4:今後の可能性は?

彼女のトリプルアクセルはほぼ完成しているので、伸びしろであるスピンや表現力をもっと伸ばせばさらに得点を稼ぐことができ、優勝への道が近づくことでしょう。

グランプリシリーズの出場も夢ではありませんね!

フィギュアスケート強化選手としても選ばれているので、今後も積極的に技術や表現力を磨くことでしょうね!

浅田真央さん以来の逸材として、今後の活躍が期待されますが、その期待に見事答えてくれる選手となる事でしょう。

2018年開催の平昌五輪は年齢制限で出場資格がなく、残念ながら出場とはなりませんでした。

次回の五輪では必ずや出場を果たすことだと思います!

これからの彼女の活躍に期待ですね!




5:まとめ

いかがでしたか?

完成度が高いジャンプの技を持ちつつも、伸びしろもまだあり、磨けば磨くほど輝く予感をさせる彼女の今後に、目が離せませんね!

浅田真央さん以来の逸材が出たとメディアでは騒がれていますが、彼女らしいスタイルを確立させて、これからの活躍も期待していましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。