滝野莉子(たきのりこ)の経歴や性格は?実力やコーチについても調査

この記事は4分で読めます





こんにちは!

高橋大輔選手が現役に復帰するなど、フィギュアスケート界がにぎわっていますね!

その中でも注目を浴びているのが、ジュニア女子で活躍する滝野莉子さん!

10月7日に行われたジュニア・近畿選手権では見事優勝を果たしましたね!

滝野莉子(たきのりこ)の経歴や性格は?実力やコーチについても調査

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:滝野莉子(たきのりこ)の経歴やプロフィールは?

滝野莉子ちゃんの経歴やプロフィールはコチラです↓

(引用先:https://tak16.com/takinoriko-coach-dare/)

名前:滝野 莉子(たきの りこ)

生年月日:2002年3月14日

出身:大阪府三島郡

趣味:料理、ダンス

特技:空手

出身校:島本町立第二中学校

所属:関西大学KSFC

空手は小学校1年生から習っているそう。メリハリのある動きは空手から得たものかもしれませんね!

さらに!スケートは小学校4年生から始めたそう。

浅田真央さんや宇野昌磨選手など、現在トップの成績を収めている選手は、3歳から4歳など、幼少期からスケートを始めている事が多い中、彼女は遅い時期からスケートに挑戦したので、ここまでの成績を残すという事は、並々ならぬ努力と溢れる才能があるからなんですね!

目標とする選手は宮原知子選手。

あの優雅で完璧な演技を目指しているんですね!

ちなみに家族や通っている高校についての情報はありませんでした。

噂では関西大学高等部の可能性も出ています。

情報が分かり次第追記させていただきますね!




2:滝野莉子(たきのりこ)の性格は?

滝野 莉子選手の性格は、とても謙虚で素直だと思われます。

そうでなかったら、小学校4年生からといったスケート界では「遅いスタート」の中で、ここまで実力を伸ばすことはできなかったのではないでしょうか。

そして、目の前の演技を楽しめるといった素直さも持っています。

また、自信はなくてもまずは挑戦していくというガッツや根性も持ち合わせていますね!

トリプルアクセルを跳ぶことに対しては「怖い」という思いは持ちながらも、「これをしないとやっぱり伸びていかない」と、時代の流れに柔軟に対応することもできるようです。

一緒にいたら切磋琢磨し合えるような選手ですね!

インタビュー映像からも、彼女の素直さが垣間見えます!




3:実力は?

滝野 莉子選手の実力は、経験を重ねることで着実に実績に現れています。

初出場した2015年の全日本ジュニアフィギュアスケート選手権では17位。

2016-2017年のシーズンでは、全日本ジュニアフィギュアスケート選手権で総合6位となり、全日本フィギュアスケート選手権への推薦出場を獲得しています。

また、 ジュニア近畿選手権では優勝もしています。

初出場となった全日本フィギュアスケート選手権では、14位の成績を残しています。

初めての国際大会(ババリアンオープン)では、初めてにも関わらず総合2位となっています。

2017-2018シーズンでは、初めてISUジュニアグランプリシリーズに出場し、総合3位の成績を残しています。

トリプルアクセルは練習中であるものの、実践でも挑戦しており、もし成功すれば8人目の成功選手となります。

ベテランの選手でも成功例がまだ少ないので、ぜひ成功してほしいものですね!




4:コーチは誰?

コーチはあの織田親子である織田憲子、織田信成さんがつとめています。

織田信成さんは引退してからも数々の試合の解説や、そして演技でも観客を魅了しているすごい人。

その織田信成さんとお母様の織田憲子さんからコーチしてもらえるのは、本当に素晴らしい事ですね!

今回優勝を果たした選手権の前日に行われたジャパンオープンでは、織田信成さんは「世界3位」に相当する完璧な演技を披露していましたよね。


そのコーチの実力を毎日見ながら演技の練習をする事は、才能を開花させるためには最高にいい環境ですね!

滝野 莉子選手が演じたフリー「カルメン」は織田信成コーチが振付を担当しています。


これからもどんな才能を織田憲子・信成コーチの元で開花させていくんでしょうね!




5:まとめ

いかがでしたか?

彼女は実は、羽生結弦選手のエキシビジョン「花は咲く」の演技で、リンクに花を置く女の子の一人でしたね!

あの時に花を持っていた少女の才能が花開いたのは、羽生選手にとっても嬉しいですね!

これからの活躍に期待しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。