武田菜々子(女子サッカー)の家族や高校は?U-18代表になれる可能性も

この記事は3分で読めます





こんにちは!

秋田県出身の武田菜々子さんが、U-18日本代表候補に選出されました!

 

武田菜々子(女子サッカー)の家族や高校は?U-18代表になれる可能性も調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:武田菜々子(女子サッカー)さんの家族や兄弟は?

武田菜々子さんの家族は5人家族。

両親、そして兄弟はお兄さん、お姉さんがいます。

武田菜々子さんは3人兄弟だったんですね!

そして末っ子。

とてもかわいがられたようですね!




2:武田菜々子(女子サッカー)さんの高校は?

武田菜々子さんは宮城県仙台市にある明成高校を卒業しています。

武田菜々子さんは健康スポーツコースに所属していたようですね。

ここで、武田菜々子さんのプロフィールを紹介します!

名前:武田 菜々子 (たけだ ななこ)

生年月日:2000年2月17日

出身:秋田県能代市

所属:マイナビベガルタ仙台レディース

ポジション:FW→MF

身長:164cm

血液型:A型

体重:57kg

武田菜々子さんは、小学1年生の時にお兄さんの影響でサッカーを始めます。

その時の所属は能代MAXサッカースポーツ少年団。

チームメートと共にサッカーの練習に明け暮れました。

その後は秋田LFCで技術を鍛え、明成高校に入学。17年の全国高校総体では、同校初の8強入りに貢献。18年にマイナビ仙台へ入団。リーグ戦6試合出場。利き足は右。164センチ、59キロ。

同県内のライバル校である常盤木学園高校・聖和学園高校を倒すことを目標に掲げ、練習に励んでいました。

その努力が今回の選出につながったんですね!




3:U-18代表になれる可能性も調査!

今回U-18の代表候補として選ばれた武田菜々子さん。

積極的な攻撃と50メートル6秒台の俊足で、チームを援護し相手チームにプレッシャーをかけることができます。

2007年に出場した宮城県で開催された全国高校総体は、初出場で初勝利に貢献する2得点を挙げ、ベスト8まで進出し、優秀選手の一人に選ばれています。

千葉泰伸監督からは「スピードや体の強さ、シュート力がある」と才能を見出されています。

その俊足と強さがあるので、チームを引っ張っていくことができそうですね!

原石とも言われているので、これからも伸びる可能性が高い選手の一人。


このキャンプで自分の実力を発揮できると、おそらく代表入りするのではないでしょうか。

今後の活躍に期待が集まりますね!




4:まとめ

いかがでしたか?

U-18日本女性代表候補トーニングキャンプは10月15日~18日にJグリーン堺で行われます。

同郷の吉田輝星投手がプロ志望届を出したことで刺激を受け、自分も負けないように秋田県を盛り上げていきたい」と話していたそう。

U-15の時は候補で終わったので、今回はぜひ代表選出を果たしてほしいですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。