落合福嗣の現在の仕事や家族は?出演作品や演技力も紹介!

この記事は4分で読めます





こんにちは!

話題になっている「下町ロケット」に、あの落合福嗣くんが出演することが分かりました!


落合福嗣くんと言えば、あの中日の 元監督として有名な落合博満さんの息子として有名でしたよね!

落合福嗣の現在の仕事や家族は?出演作品や演技力も紹介!

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:落合福嗣くんの現在の仕事は?

落合福嗣くんは現在声優として主に活動しています。

また、タレントやナレーターとしての経歴もあります。

テレビ番組で「落合博満さんの息子」として話題になる事が多かったので、タレントとしての活動歴もあったのですね。

落合博満さんの息子さんとして、野球選手を目指していた事もありましたが、高校時代に野球の道を断念し、その後は歌手や本を出版したり、様々な仕事をしていたそうですが、今回の「下町ロケット」でめでたく俳優としてもデビューできることになりますね。

ちなみに、今回はロケット発射のカウントダウンをアナウンスする、大企業「帝国重工」社員の田辺海斗役を演じるそう。

色々な才能を持っている落合福嗣さん。

様々な事に挑戦して自身の才能を広げてほしいですね!




2:落合福嗣くんのプロフィールや家族は?子どもや妻はいるの?

落合福嗣くんのプロフィールはコチラです!


名前:落合 福嗣 (おちあい ふくし)

ニックネーム:フクシくん

生年月日:1987年8月20日
血液型:O型
出身地:愛知県名古屋市
身長:186㎝

出身校:国士舘中学→国士舘高校→国士舘大学21世紀アジア学部

所属事務所:青ニプロダクション

お父さんは落合博満さん、そして信子さんと、中日の本拠地名古屋では知らない人はいないほどの有名人ですね!

そして、元プロレスラーのジャイアント落合さんは従兄にあたります。

子どもの頃は様々な悪行を繰り返し「悪童伝説」としても名前を知られていましたが、当時お父さんである落合博満さんは、外出の度に記者やファンに追いかけられ、忙しい父親との時間を邪魔されたくなかったフクシ君がした様々ないたずらが、嘘を交えて大々的に報道されていたそうです。

現在はとても謙虚で誠実で、共に仕事をした人は「あのフクシ君?」と驚くことも多いそう。

ちなみに学生時代の得意教科は英語で、「私立中学校英語レシテーション(暗唱)大会」では優秀賞も受賞していたそうです。

中学時代には軟式野球チーム「世田谷ウイングス」の大型内野手として活躍するも、高校に入り野球の道を断念しています。

その後メディアで活動を続け、2010年には奥さんの花織さんと結婚しています。

なんとSkypeで知り合い、「声に惚れた」と4か月でスピード結婚したそう。

ちなみに、花織さんは落合福嗣さんの両親があの監督だとは知らなかったそう。

それが落合福嗣さんにとっては「とっても良かった」といいます。

やっぱり有名人の息子になると色々あるのでしょうね・・・

そして結婚してから声優を目指し、アミューズメントメディア総合学院の東京校声優タレント学科を卒業し、その後事声優の仕事に就きました。

これにはお母さんの信子さんもほっとして涙を流したそう。

その後2014年、2016年には長女、次女が生まれ、現在4人家族で過ごしています。

奥さんもとってもお綺麗な方ですね!




3:出演作品は?

落合福嗣君は数々の作品に2015年から声優として出演しています。

私が驚いたのは、現在放送中の「HUGっと!プリキュア」のチャラリート演じていた事!


野球アニメ「グラゼニ」では凡田夏之介さんを演じています!


他にも「ちびまる子ちゃん」「3月のライオン」「名探偵コナン」「忍たま乱太郎」「おじゃる丸」「ゴールデンカムイ」にも出演。

「灰と幻想のグリムガル」では、モグゾー役を演じていました。

また、「火ノ丸相撲」では小関信也を演じています。

意外と出演している作品が多くてびっくりしています。

気づかず聞いていたあの作品のあのキャラクターが、落合福嗣くんだったとは・・・

これからの活躍も期待できそうですね!




4:実力や演技力はどうなの?

声優としての実力は高く、周囲からもかなり好評価を得ています。




5:まとめ

いかがでしたか?

「フクシくん伝説」を残し、メディアを騒がせたあのフクシくんが、自分の道を見つけ、それに向かって頑張っています。

「下町ロケット」では、そんな彼がどれだけ自分の力で努力したのかを見ることができるんですね!

放送を楽しみにしていましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。