三浦大知の経歴や子ども時代のグループは?Folder時代の動画も紹介

この記事は3分で読めます




こんにちは!

三浦大知さんが実は小人の頃から芸能界に所属していたのはご存知でしょうか?

私はびっくりするほどの経歴を持っていました!

三浦大知の経歴や子ども時代がすごい!Folderでの動画も紹介

今日はそれについて書いていこうと思います。




1:三浦大知の経歴は?子ども時代がすごい!

三浦大知さんの経歴やプロフィールを紹介します!

 

View this post on Instagram

 

・ FNS歌謡祭 公式アカウントより ・ #三浦大知 #daichimiura #2018大知

dmららばいさん(@dmdmdm824)がシェアした投稿 –

名前:三浦 大知(みうら だいち)

生年月日:1987年8月24日

職業:歌手、ダンサー、エンターテイナー

出身地:沖縄県

血液型:AB型

身長:175cm

趣味:散歩、神社・仏閣巡り

TV番組を見ていて、アニメや戦隊モノの主題歌や動きに合わせて踊っている姿を見た母からダンススクールを習うよう勧められ、6歳のことからダンススクールに通い、歌もその時から練習を始めています。

その時初めて買ってもらったのが、マイケル・ジャクソンのアルバム「ヒストリー」

今でも大切に持っているそうです。

自分もマイケルのように、何をやってもオリジナルでありたいと思ったそうです。

お父さんが自衛官なことで、沖縄県内、広島県や神奈川県に移住するなど、転校を繰り返していたといいます、

1997年には「Folder」のボーカルとして芸能活動を開始。若干9歳にして「DAICHI」として様々な歌を歌い、小人に大人気の番組「ポンキッキーズ」にレギュラー出演していたんですね!

2000年からは変声期を理由に活動を1年間休業したため、グループはFolder5になりました。

ただ、休業中もボイストレーニングを抑えつつダンスのレベルを上げるために練習を重ね、ニューヨークでも練習し、帰国後にはピアノやギターも独学で習ったのですごいですね!

2005年には芸名を本名である「三浦大知」に戻し、ソロシングル「Keep It Goin’ On」を発売。

「日本では珍しいソロでR&Bを歌って踊るスタイルを確立させたい」と語っていたそうです。

その後もアルバムやシングルを発売し、自身の曲のダンスの振り付けなどを手がけるなど、オリジナルの作品を作り続けています。

武道館、横浜アリーナ、代々木第一体育館公演もチケットが即完売するほどの人気ですね!

2015年年1月1日には、一般女性との結婚を発表して、現在は男の子一人のパパともなっています。

Folderは私が大好きな曲「パラシューター」を歌っているグループですね!

あんな高い声をなんでこんな男の子が・・・!と驚いたものですが、三浦大知さんだったんですね!




2:Folderでの動画も紹介

ではここで、三浦大知さんが子供時代所属していたグループ「Folder」の動画をご紹介します!

 

思えばこの頃からすでに才能が見え隠れしていたんでしょうね!

このときからの経験が今に生きているんですね!

本当にすごい歌唱力ですね!




3:まとめ

いかがでしたか?

これからもますます活躍の幅を広げていく三浦大知さん。

これからが楽しみですね!

目標はグラミー賞を取ることだそうです。

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。