東妻純平(智弁和歌山)の経歴や家族構成は?出身中学やドラフト2019の可能性も

この記事は4分で読めます





こんにちは!

「秋季高校野球近畿大会」、2018年も盛り上がっていますね!

ドラフト候補の選手もたくさんいるのが面白い所ですね!

その中でも注目を浴びているのが、智弁和歌山の東妻純平君!

カッコいいですね!

東妻純平(智弁和歌山)の経歴や家族構成は?出身中学やドラフト2019の可能性も

今日はそれについて書いていこうと思います。

1:東妻純平(智弁和歌山)の経歴は?出身中学は?

東妻純平君の経歴はコチラです↓


名前:東妻 純平(あづま じゅんぺい)

生年月日:2001年7月3日

出身地:和歌山県

身長:172cm

体重:74kg

ポジション:遊撃手・外野手(中学)→正捕手(高校)

投打:右投げ右打ち

出身中学は和歌山市立紀伊中学校です。

(引用先:http://genki-wakayamashi.seesaa.net/article/441062845.html)

小学校も若山市立紀伊小学校なので、地元の小中学校で野球に親しんできたんでしょうね。

東妻純平君は小学校1年生の頃から軟式野球を始め、中学時代は「紀州ボーイズ」で遊撃手、外野手をつとめていました。

中学3年生の時には、全国大会にも出場を果たしています。

高校は智弁和歌山へ進みますが、その強肩を買われ、当時の智弁和歌山の高嶋仁監督から遠投125メートルの強肩を買われて、キャッチャーに転向しています。

そして、高校夏の和歌山県大会からベンチ入り。

和歌山県大会では見事優勝し、甲子園は2回戦まで進みました。
さらに、秋の和歌山県大会からはすでにレギュラーを獲得。
チームの秋の和歌山県大会優勝、近畿大会準優勝にも貢献しました!

中谷監督からキャッチャーへとポジション替えを提案され、素直にその教えに従い、現在も監督から言われた事をノートにしたためているそう。

中谷監督も「経験を積めばもっと伸びる」と絶賛しています。

偉大な監督の元、大きな可能性と才能が花開く日が近いですね!




2:東妻純平(智弁和歌山)家族構成は?

東妻純平君の家族構成、気になりますよね・・・!

実は東妻純平君には、5歳違いのお兄さんがいます!

同じくプロを目指している日本体育大学在学東妻勇輔投手です!


高校時代、ノーヒットノーランを達成し、今回のドラフトででロッテから2位指名を受けていますね!

2017の明治神宮大会の大学の部でチームを日本一へと導いた投手です!

東妻純平君の将来の夢は、「プロでの兄弟バッテリーを組むこと」だそう。

ピッチャーの兄とキャッチャーの弟。

その夢がかなう日を願っています!

 




3:ドラフト2019の可能性は?

東妻純平君の持ち味は、何と言ってもその強肩にあります!

何と遠投125メートルも投げることができるのだそうです!

すごい早いですね!

ちなみに、2塁への送球記録は1.9秒台だそう!(最速は1秒84というから驚きですね!)

これは2017年の捕手投球速度で1,2位を争う速さだそう!!

これは走者も塁に戻るのが間に合いません・・!

50m走では6秒5、こちらも速いですね!

さらに、打者としても強力で、11試合中17安打、打率.500、8打点と好成績を残しています。

この成績はチームトップクラスだそう。

そのため、試合運びやチームがどこまで進むことができるかによって注目され、ドラフト指名にあがる可能性はあるのではないでしょうか。

これだけの強肩を持つキャッチャーは、なかなか現れないので、貴重な選手だと思います!

現在は副主将としてチームを引っ張っているので、これからもぜひチームを優勝へと導いてほしいですね!

これからに期待ですね!




4:まとめ

いかがでしたか?

元阪神の中谷監督率いる智弁和歌山は、8強に進出しました。

次戦は強豪大阪桐蔭との対戦です!

春の選抜では胃腸炎になっていたにも関わらず、全試合に出場したという根性の持ち主!

頑張りが報われるよう、全力が尽くせますように!

ファンも応援しています!

大坂桐蔭にも注目の選手がいますよ!

ゴンちゃんこと西野力矢(大阪桐蔭)の経歴や中学時代の成績は?性格についても

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。