村西良太(近畿大)の実力や経歴は?家族構成やドラフト指名の可能性についても

この記事は3分で読めます




こんにちは!

野球に対する情熱が冷めやらぬ私ですが、またまた注目の選手を見つけました!

近畿大学の村西良太君です!

キンスポに大きく載っていましたね!


来年秋のドラフト候補として注目されていますが、実際はどうなのでしょうか?

村西良太(近畿大)の実力や経歴は?家族構成やドラフト指名の可能性についても

今日はそれについて書いていこうと思います。

1: 村西良太(近畿大)の実力は?

近畿大学の村西良太投手は、最速最速150キロを投げる右腕を持っています。

中日ドラゴンズの又吉克樹をモデルとし、踏み出す足の膝をくいっと踏み出す独特のフォームで鋭い球を投げることができます。

常時142キロから148キロの球を投げることができ、打者の手元に鋭くねじ込むような投球で、打者が手を出せない事が多くあります。

常時140キロ以上の打球を投げることができるので、塁に走者を進めないようにすることができます。

最近10試合の登板では、24.1回を投げ、30奪三振、2勝0敗、防御率2.22のリーグ8位を記録しています。


その村西良太投手の強さの秘訣は、何と昼寝だそう。

予定がない日は午後2時から4時間昼寝をし、また23時には就寝。翌日7時に起床するなどの生活リズムが徹底しているので、疲れを翌日まで残すことなく、全力で試合に臨むことができているんですね!

そういった自己管理ができる選手は今後も伸びる可能性があるので、今後の試合も活躍するところが見られるでしょうね!




2:村西良太(近畿大)の経歴やプロフィールは?

村西良太投手のプロフィールはコチラです↓


名前:村西 良太(むらにし りょうた)

生年月日:1997年6月6日

出身地:兵庫県淡路市

身長:173cm

体重:73kg

投打:右投左打

出身校:津名中学校→津名高校→近畿大学(在学中)

小学校3年生の時に「佐野ドルフィンズ」に入団し、野球を始めます。

津名中学校では硬式野球の「アイランドホークス」でプレーしていましたが、津名高校では1年秋からベンチ入りを果たすほど有望視されていました。

高校2年秋の近畿大会初戦敗退が最高成績ですが、近畿大学では1年秋からリーグ戦に出場し、実力を発揮しています。

自身の徹底管理が今回の勝利につながりました!




3:村西良太(近畿大)の家族構成は?

村西良太投手の家族について調べてみましたが、情報がありませんでした。

また情報が入り次第追記していきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!




4:ドラフト指名の可能性は?

今回の試合で注目を浴び始めた村西良太投手。

来年のドラフトに指名される可能性は高いです。

今後の試合の結果によっては、1位指名もあるかもしれませんね。

今後に期待しましょう!




5:まとめ

いかがでしたか?

しっかりとした調整方法を持ち、自身に宿る実力を最大限に発揮することに長けている村西良太投手。

11月9日から開催される明治神宮大会でも大活躍してくれることでしょう!

ちなみに、高校野球大好き芸人のかみじょうたけしさんとは高校が同じ大先輩だそう。

高校3年生の夏に初対面して以来、交流が続いているといいます。

「直球で押して三振を取りたい」と、今後の試合への決意を誓う村西良太投手。

「平成最初は近大が日本一、平成最後も近大が日本一」が現実となるよう、私もこれから応援していきます!

北山亘基(京産大)の経歴や実力は?高校やドラフト指名の可能性についても

東妻純平(智弁和歌山)の経歴や家族構成は?出身中学やドラフト2019の可能性も

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。