ガンダムが動くGLOBAL CHALLENGEの日程やアクセスは?イベント内容についても

この記事は3分で読めます




こんにちは!

2019年は、機動戦士ガンダム40周年。

そのプロジェクトとして、壮大な計画が動いていることはご存知でしょうか?

その名も「実物のガンダムが動く」。

18メートルものガンダムを動かすことに挑戦するんです!


これまで映像の中でしか動かないガンダムが目の前で動く・・・

これ、めちゃくちゃワクワクしませんか?

ガンダムが動くGLOBAL CHALLENGEの日程やアクセス方法は?内容についても

今日はそれについて書いていこうと思います。




1: ガンダムが動く!「GLOBAL CHALLENGE」の日程は?

今回の40周年プロジェクトでは、実物大の18mのガンダムを、「日本のものづくりの力」を活用し、実際に動かそうというプロジェクトです。

2009年に公開されたお台場の実物大ガンダムは、首のみが動く仕様でしたが、実物大というガンダムを見に行こうと、多くのファンが詰めかけましたね!

今回はそれをさらに「動かす」ということにチャレンジするので、相当の期間やアイデアが必要になりそうですね!


本来は2019年が40周年ということで、2019年に動かすことを予定していましたが、今回の発表では1年延期した2020年にチャレンジするということです。

この「GLOBAL CHALLENGE」は、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のイベントの中で開催されます。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAは、2020年夏から1年間にかけて開催される予定です。

その中でも大きな目玉として、こちらのチャレンジは複数回行われるのではないでしょうか。

これまでにも一般からのアイデアを募集し、オープンイノベーションという形で実現に向けて開発が進んでいるようですね。

こちらのプロジェクトのリーダーには、「機動戦士ガンダム」の監督である富野由悠季氏や、早稲田大学ヒューマノイド研究所所長の経歴もある早稲田大学名誉教授の橋本周司氏、アスラテックの吉崎氏もディレクターとして参加しています。


広くアイデアを募り、最先端の技術を持つメンバーと協力で、ガンダムが一歩踏み出すという、究極の夢を実現してほしいですね!

2:「GLOBAL CHALLENGE」の開催場所やアクセス方法は?

今回のプロジェクトの開催場所は、横浜にある 山下ふ頭です!

 アクセス方法は、

①電車:みなとみらい線の「元町・中華街駅」を下車(山下ふ頭入り口まで徒歩5分)

②バス:山手線から市営バス20系統「山下ふ頭」行きに乗車し、終点で下車します(山下ふ頭の中央あたりにバス停があります)

③車:首都高速狩場線「新山下」出口から湾岸道路を桜木町方面へ直進、山下橋交差点手前を右折

山下公園の近くにあるので、アクセスの方法としては悪くはありませんが、現在は再開発が始まっており、2020年に様々な商業施設ができて生まれ変わるそうです。

そのため、アクセス方法が変わるかもしれませんね。

コチラも情報が変わり次第追記しますね!




3:他のイベントの内容は?

今回のプロジェクトは、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の中の大きな一つのプロジェクト。

他にも様々なイベントが予定されています。

ただ、現在はこの「ガンダムが動く」というプロジェクトのみの公開となっています

これからイベント情報も随時公開されていきますが、「学術研究・文化教育・観光促進」などができるイベントとなるようなので、とても楽しみですね!

体験型イベントや宇宙での戦闘体験などもできると面白いなーと思います。

これまでのガンダムの名場面を再現し、そこにいるような臨場感が味わえるような映像イベントなども面白そうですね!

情報が公開され次第追記していきますね!

4:まとめ

いかがでしたか?

ワクワクする挑戦が夢を現実に変えてくれる「GLOBAL CHALLENGE」。

他にも様々な記念として、OVAと劇場での上映で展開した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を、13話のTVシリーズとして再編集して、2019年4月からNHK総合テレビで放送する予定です。

さらに、ガンプラをテーマとしたアニメとして人気を集める「ガンダムビルドシリーズ」の新作企画も進行中です。

また、富野由悠季監督で2019年に「ガンダム Gのレコンギスタ」が劇場版で公開されますし、富野監督の小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」も、劇場版三部作で作られることも決定しました!

Twitterでも楽しみなTweetがされていましたね!


楽しみに待ちましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。